プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/25 (Sun) 01:13
最近のニュースより

●坂出市の事件
 毎日のようにワイドショーで、祖母、孫、行方不明事件が報道されている。が、父親がよくテレビに出ているのは何故だろうか。昨年の秋田の鈴香被告とよく似ていますね。マスコミの方もうすうす犯人は父親だと思っているのでしょう。そもそも物取りでなく、隣にいた両親が気づかないはずがない。ま、犯人は父親だろう。問題は動機だが、家庭の中のいざこざは、本人たちにしかわからない。こいつらがいなくなったらいい、と思っている人は多いだろう。最近、親が子を、子が親を殺す事件が多い。今までは我慢することが美徳とされていたが、昨今はそうでもさなそうだ。自分にとって邪魔な存在はこの世から消えてもらおうと思う気持ちは誰にでもあるが、行動に移してしまうようになったと言えよう。身近で消えてほしい存在は、まず家族だろう。特に子どもの個性、やりたいことしかやらなくてよいといった風潮の中では、親はもっともうざい存在に見えてくる。しかし最近は、熟年でも家族を殺す事件が多い。きっと世の中がそのような気持ちにさせてしまうのだろう。
 昔、ロス疑惑事件があった。三浦和義氏の泣きまねが物まねになるほどだったが、悪事を働き、嘘を突き通す人間は、ある意味、意思が強いのかもしれませんね。最近では、額賀大臣が嘘の上塗りで必死だ。しかし嘘でも認めなければ何とかなってしまうのが今の日本だ。「疑わしきは罰せず」が日本の暗黙の了解だが、これでは悪党がのさばるだけだ。それは教育界でも同様で、生徒はよく知っているよ。「先生は生徒を信用しないのか」と言えば、教師は何も言い返せないことを。だから学校は犯罪養成の場と言えよう。犯罪者は学校での悪事を教師が放任したからだろう。そもそも不良生徒を信用なんかしてはいけないと思うのだが。何故学校だけ、悪党を甘やかすのだろうか。教育に値しない人間は来てほしくないね。
●金八先生
 今回のえぐいシーンは、父親に女方の役をやらされている生徒を元気つけようと金八も女方をやってしまった。昔、マッチと一緒に学ランを着て街中を闊歩したこともあるが、そもそもこの姿勢が今の教育界を混乱に導いたのだ。何故なら、「教師と生徒は同じ目線」「教師と生徒は友達感覚」などと、教師の権威を失墜させてきた。生徒と同じことをするのは時として生徒の心にとんでもないほどの、大人をばかにする心を芽生えさせてしまう。
 以前の勤務校で、全校集会で生徒指導部長の話があったのですが、生徒が座って聞いているので自分も座って話す、と言って壇上で座って話をし始めた。生徒と同じ目線のつもりだろうが、何か勘違いしているようだ。生徒は話を聞くどころか、私語が増え、集会にならなかった。生徒とはそんなもんだ。迎合すればいいというものではない。同じ目線感覚だと、いざと言う時に言うことを聞かせられなくなる。それがわかっていない。迎合教師は絶対にいじめを止めさせられない。
スポンサーサイト

2007/11/18 (Sun) 18:00
最近のニュースより

●やはり金八は危険番組?
 また金八がやってくれた。何と、自殺する子どもを説得して思いとどまらせるシミュレーションを授業で取り入れたのだ。同じような手法は、かつていじめる側、いじめられる側でも同様なやり方が放映された。その結果、いじめは減りましたか?逆に、番組がいじめの仕方を教えてしまったような結果でしたよ。今回は自殺の方法でも教えるつもりですか?番組を見る限り、自殺願望の子どもの理由がやけにクローズアップされていました。「生きていてもしょうがない」「死後の世界に行ってみたい」等々。これでは自殺志望の子どもを誘発してしまうことになってしまうではないか。一体、番組のプロヂューサーは何を考えてこの番組を作っているのだろうか。
 自殺問題以外にも、セクハラ問題にもマイナス的な内容があった。最初は私服で登校し、教師を小ばかにした態度をとっている女生徒が、授業中、アイポッドで音楽を聞いていて、取り上げようとした教師に対して「取り上げるのならどうぞ。(胸を指して)ここに入ってますよ。触ったらセクハラですよ。クラス全員が証人ですから」だってさ。昔は、三原順子が、突っ張り役をし、クラスメートに集団暴力をしたが、時代は変わったものだ。これでは、クソ生意気な女子生徒にますますつけあがらせるような内容を全国放送してしまったことになるだろうが。真似をする奴が必ず出てくる。こんな環境で育った女子生徒は、ますます男性や大人を馬鹿にし、日本女性の謙虚さ、美しさ、愛しさを失っていくだけだろう。金八は、ジェンダーフリー教育、いや、女性を傲慢にする教育にも貢献するつもりなのだろうか。このままでは大和撫子は今後いなくなってしまうぞ。
●日本女性は元気!
 本日の東京国際マラソン。野口みずきがダントツで1位。バドミントンのオグシオも優勝。浅田真央も優勝。まあ、ジェンダー教育の成果かどうかわからないが、スポーツ女性が国際大会で1位になることが多くなった。高橋尚子、谷亮子、ゴルフの横峰さくらなども忘れてはならない。
 本日は英検の二次試験。最近の内容は、男女雇用機会均等法等で問題になっている、共稼ぎ、保育園の確保、産休などが話題になることが多い。それほど欧米化されてきたということだろうが、どうも日本の女性は欧米の女性とは何かが異なる。自信をつけるのもいい。社会で活躍するのもいい。しかし何かを忘れており、何かを勘違いしているのだ。車の運転をしていても、やはり女性ドライバーは、自分のために相手がどいてくれると思っている節がある。自己中心なのだ。男性が女性に優しくするのは当然だが、それが当たり前だと思うと目に余る行為が目立ってくる。特に、学校では女性教師は様々な面で男性教師と対等かそれ以上になることが多いため、傍若無人に振舞うことが多い。権利を主張するのなら、男性と同じ権利を持ちたいのなら、同じような理性を持ってもらいたいものだ。特に小学校では女性教師が多いため、男性教師に無理難題、理不尽なことを押し付けることが多い。そんな環境で、いじめをなくそうとする体制など、とれるわけがない。
●ガラガラの相撲
 テレビ中継で相撲を見て気になるのは、空席が目立つことだ。かつての若貴ブームの頃は、満員御礼が何日も続き、升席をとるのは一苦労だった。しかしこんな空席が目立つのは私の記憶にない。プロ野球と相撲が国民の2大関心事だったのに、今は昔、になってしまったか。
 仕方のないことかもしれない。八百長騒動、朝青龍問題、時津風リンチ殺人事件、それらに伴う相撲協会の元北の湖、元朝潮理事長の政治家のような曖昧な答弁。規制緩和のような外人力士の多さ、日本人力士のふがいなさ。あまりにもマイナス材料が多すぎる。柏鵬時代の大鵬の力強さ、北の富士、玉の海の北玉時代。輪島、貴ノ花、北の湖時代。千代の富士時代。若貴時代。その時代ごとにスターはいたものだ。しかし今はいない。白鳳を見ても何か物足りない。朝青龍はまだガキだ。
 そう言えば、今年のプロ野球もひどかった。民間放送の中継が極端に減ってしまった。弱い巨人など見たくもないが、もう少し中継を増やしてほしいものだ。去年、今年と、優勝が決まる試合でさえ、民放で放送されなかった。これでは人気もなくなるわけだ。これもすべてFA、逆指名、大リーグ流出等の影響だ。そもそも規制緩和して良いことなど何もない。マネーゲームが横行し、資金のない球団はたまったものではない。一種のイジメだよ。特に広島、オリックス。
●アメリカを野放しにしていてはダメだ!
 地球温暖化が問題になっている。様々な取り組みをし始めている国もあるが、最大のガンはアメリカだ。そもそも10年前に京都議定書に批准しなかったのはアメリカだ。自分さえよければいい、強ければ何をしてもいいと言っているようなものだ。日米関係も、ペリーが浦賀に来て以来、ほぼ植民地に近い。日米首脳会議と言っても、ほとんど日本の首相がアメリカの首相のご機嫌をとっているだけだ。インド洋の給油問題、テロ特措法が問題になっているようだが、あんなものはアメリカの言いなりにしているだけのことだ。アメリカにおしつけられた憲法なのに、今度はその憲法に違反するかどうかでもめるなんて、本当にアメリカの言いなりとしかいいようがない。日本でいじめがなくならないのは、このような「強いものには撒かれろ」のような国際関係があるからなのかもしれない。

2007/11/11 (Sun) 13:58
最近のニュースより

●何をしているのか?日本の政治は。
 民主党の小沢氏が、辞める、いや辞めない、と二転三転して国民の顰蹙をかった。結局、民主党は、小沢氏でないとまとまらない、小沢氏が新党を立ち上げ、何人かを離党させてはまずいからだと思ったのだろう。しかし今回のこのザマは何だ?子どもでもしないような派閥争いだ。こんなことばかりが話題になっている今の日本の政治にあまり期待は出来ない。次回の選挙でも、自民党、民主党、どちらも投票したくないのが本音だろう。
 何より問題なのは、昨年まで課題になっていたことがほとんど棚上げ状態だ。いじめ問題、年金問題、政治と金問題、政治家の天下り問題などが頓挫してしまっている状態だ。安倍元首相は、力量がないにも関わらず果敢に挑んだ点は評価できよう。少なくとも教育に関しては歴代の首相の中では最も力を入れたと言えよう。ただし、内容はひどいものだったが。教育基本法、教育関連3法案にしても、学校現場がわかっていない素人同様の発想だ。教師を締め付けることばかりに力を入れ、いじめ問題にしても根本解決には至っていない。教育再生会議もその後どうなったかわからない。元々、教育現場にいないような有識者を集めたところでまともな案など出来ないと思ったが、案の定だ。結局、形だけ整えただけだったのだ。ならば何もしないほうが良かったのかも知れない。教育はいじればいじるほどおかしくなるものだ。これは現場にいる者以外の人は誰も気づいていないでしょうね。

2007/11/10 (Sat) 22:40
最近のニュースより

●フィンランドの銃乱射
 フィンランドと言えば、北欧で平和な国というイメージがある。税金が高いが、病院、学校は無料。年金の心配もない。(北欧の他の2国かもしれない。間違っていたらすみません。)そんな国でも、今回の銃乱射は、やはり「いじめ」が原因だったようだ。フィンランドも銃は所持できるのか?つくづく日本は、銃所持禁止で良かったと思う。私でさえ、時々銃を乱射したい気持ちになることがある。今の学校で鬱屈している生徒が銃を持ったらどうなるか。考えただけでも恐ろしい。
 思い出すのは、アメリカで留学中の服部君が、隣人に射殺されたことがあった。感謝祭で、近所に仮装して行き、お菓子をもらうのが風習だ。が、いきなりのこのこ人の家や庭に入って行ってしまっては、相手も驚くだろう。それよりもアメリカで怖いのは、「自分が恐怖感を感じた」なら、相手を撃っても正当防衛になるということだ。あくまで自分中心になっているということだ。それが個人主義のなせる業か。日本も、銃が無い代わりに、ナイフで人を刺す事件が増えている。
 最近は、いじめられっこが銃乱射するのもわかるような気がしてきた。何故なら、他に方法がないからだ。親に言ってもダメ、教師に言ってもダメ、友人はいじめっ子。ならば自分で何とかするしかない。言葉で言ってもわかってもらえない。ならば相手を抹殺してしまおうと思うのも無理はない。人を殺すな、というのも最近では無理がある。毎日、イラク、アフガン、イスラエルで何十人、何百人と殺戮が繰り返されている。スーダンでは稀に見る虐殺が行われている。ミャンマーでは、ジャーナリストが撃たれた映像が何回も流された。自分も殺してやろうと思うのも無理はない。そもそも何故人を殺していけないのだろうか?その質問に答えられる人はいるだろうか。
●関東学院大学ラグビー部
 やってしまった。ラグビー部が大麻を栽培し、逮捕された。関東学院大学ラグビー部は、今の監督が部員8人から始めた、たたき上げのチームだ。名実共に、日本で一、二位を争う競合チームだ。そんな名門チームで大麻栽培か。一体何を考えて…と思われる方は多いと思うが、私はそれほど不思議ではない。何故なら、人間は表の顔と裏の顔があるからだ。特に表の顔で聖人君子をしなければならない立場の人間に限って、はめをはずしたくなるものだ。要は、ばれるかばれないかの問題だ。誰だって、人には知られたくない、自分だけの秘密があるはずだ。そうして人は精神のバランスを保っているのだ。
 大麻は簡単に栽培できる。最近では、元ひかるゲンジの赤坂が捕まった。それほど悪いものだという認識がないのだろう。せいぜい高校の時、学校で喫煙が見つかり、数日の謹慎で終わってしまい、大麻くらい大丈夫だと思ったのだろう。しかし、大麻や覚せい剤はそんなわけにはいかない。所持していただけでも逮捕され、自分の人生を棒にふることになる。無知の涙では済まされない。
 問題はそんなことではない。今現在大学生ということは、ゆとり教育、人権教育で育ったわがまま世代だ。いや、わがままだけでなく、先を読めない、論理的思考力のない、自分の気持ち第一優先のどうしようもない世代だ。新人類どころではない。ゆとり教育世代は、後先のことを考えられない、非常に危険な世代といわざるを得ない。
●内藤大助選手は…
 亀田大毅に勝って、すっかり有名になった内藤選手は、中学時代、いじめられっこだったことは有名だ。問題なのは、いじめが原因で内臓を悪くし、胃カメラを何度も飲み、胃潰瘍になってしまっていたことだ。このように、いじめられっ子は、体の外部も内部も蝕ばれていってしまうということだ。
 かつての同僚の英語の教師が胃がんで亡くなった。それもいじめが原因なのは明らかだった。組合の組織票で主任に選ばれたまでは言いのだが、何かにつけ嫌がらせを受け続けた。ちょっとした連絡ミスでも「そんなことだったら主任をやめてもらう」などと年下の、偉くもないのに偉そうにしている教師に怒鳴られ、日々病んでいったのは明らかだった。その後、授業中何度も倒れ、入院した頃には末期だった。いじめる側は、仕事上のことにかこつけ、暴言まがいのことを平気で言う。仕事のことなら何を言ってもいいのだろうか。大人の社会がこうだから、子どもも真似るのだろう。安倍元首相が辞任前後の表情は生気がなくなっていた。あれもいじめと考えればそうだろう。

2007/11/07 (Wed) 21:06
最近のニュースより

>●民主党の小沢党首のドタバタ劇
 よほどこの方は、自分で作り上げたものを壊すことが好きなのだろう。それとも注目を浴びたいのか?本人はそんな意識もないだろう。私もそうだからよわかる。要するに、平穏無事が嫌いなのだ。常に変化を求め、仲間を裏切り、新しい組織を作り、またぶち壊す。それは彼のようなカリスマ性があるからできるのだ。安倍元首相が同じことをしても、相手にされないだろう。彼にはカリスマ性がないのだ。
 そんなことより、小泉元首相の「政治には、上り坂、下り坂、そして、マ坂がある」と言った言葉が現実味を帯びてきた。一体何をしているんだ?と言った政局だ。年金問題、教育問題、不正資金問題、テロ対策等の重要課題が、どこかに飛んでしまっている。国民不在の政治なんか、何の屋国もたたない。こんなことがニュースの一面を飾っているのは日本くらいだろう。そもそも二大政党制に早くしたほうがいい。どの先進国もそうだ。そのほうが論点がはっきりする。今回のような与野党連立なんてアホな発想は起きないだろうし、国民の関心事も国政の内容に絞られる。
 今年になってから、安倍首相が初心表明演説後に辞任、小沢党首も同じようなものだ。よりによって、最悪のタイミングのように思える。国民を何だと思っているのだろうか。
 安倍首相が退陣してから、教育問題がさっぱり話題に上らなくなった。教育再生会議、教育関連3法案、教育基本法改正等、昨年の今頃は、いじめ自殺問題が毎日話題になっていた。不詳、この私も何度かテレビで、いじめが止められない教育システムを訴え、本まで出版したが、今ははるか昔のことのように思える。しかしいじめは続いている。以前にも増して、学校や教師は何も出来ないままだ。いじめられっこは、ただ我慢するだけ。自殺者が出ないのが不思議なくらいだ。
●自殺するなら場所を選べ!
 池袋駅前のビルの屋上から女性が飛び降り自殺を図り、下を歩いていた男性が巻き添えをくらい、頭蓋骨骨折の重傷だ。自殺を私は悪いとは思わない。人は命の大切さ、悲しむ人がいるとか慰めを言うが、本人でないとわからない、生きる苦しみがあるのだ。いくら周りが悲しんでも、本人に生きる権利と同様、死ぬ権利があってもいいと思うが。親に愛情をかけられずに育てられ(または両親離婚)、無職、友人も恋人もいない、何のために生きているのかわからない。そんな環境で育った人が何人も自殺した例をしっている。つい最近も、10年来の友人が首を吊った。原因不明、遺書もなし。河川敷でひっそりと発見された。ショックだった。しかし私は本人の意思を尊重したい。自殺するのなら、人を巻き添えにするな!少なくとも、飛び降りは、下に通行人がいないことを確認してからだ。私だってそのくらい考える。昔、歌手の岡田有紀子がビルから飛び降りた。かなり人通りの多い通りだ。突発的に、衝動的だったのだろう。今回の池袋の女性もそうだろう。後先のことなど考えられないのだろう。
 今年になってから、飛び降りによる巻き添え事故が多発している。やはり自殺大国日本健在だ。この件も、国会ではあまりとりあげられない。私が首相なら、国歌宗教を何か造るだろうね。無宗教国家ゆえの悲劇だ。

2007/11/07 (Wed) 20:46
最近のニュースより

●民主党の小沢党首のドタバタ劇
 よほどこの方は、自分で作り上げたものを壊すことが好きなのだろう。それとも注目を浴びたいのか?本人はそんな意識もないだろう。私もそうだからよわかる。要するに、平穏無事が嫌いなのだ。常に変化を求め、仲間を裏切り、新しい組織を作り、またぶち壊す。それは彼のようなカリスマ性があるからできるのだ。安倍元首相が同じことをしても、相手にされないだろう。彼にはカリスマ性がないのだ。
 そんなことより、小泉元首相の「政治には、上り坂、下り坂、そして、マ坂がある」と言った言葉が現実味を帯びてきた。一体何をしているんだ?と言った政局だ。年金問題、教育問題、不正資金問題、テロ対策等の重要課題が、どこかに飛んでしまっている。国民不在の政治なんか、何の屋国もたたない。こんなことがニュースの一面を飾っているのは日本くらいだろう。そもそも二大政党制に早くしたほうがいい。どの先進国

2007/11/02 (Fri) 21:17
最近のニュースより

●細木数子に座布団10枚
 うさんくさい奴だと思う方もいるでしょうが、私は細木の主張は100%支持する。軽薄なジェンダーフリーを主張する女性と異なり、細木は、女性は男性を立てるものだと思っており、チャラチャラした女性を徹底的に糾弾する。見ていて溜飲が下がる思いだ。物事の心理がよーくわかっている。
 教育についても同様だ。モンスターペアレント問題、ゆとり教育問題など、徹底的に糾弾している。教師と生徒が平等だというおかしな風潮も徹底的に糾弾していた。大学を卒業し、専門知識を身に着けた教師と、これから人生のイロハを学ぼうとする子どもが、平等なのはおかしい、と言うのだ。当たり前のことを当たり前のように言えない教育現場において、実に新鮮に聞こえるのは私だけだろうか。いっそ、細木に文部科学大臣でもやらせたらおもしろいと思う。
 要するに、親と子どもに余すぎる、おかしな世の中だちゅうことだ。で、厳しくすると、その教師が逆にとばっちりを受ける、おかしなことになってしまっている。もっと教師を保護しなさいよ、と言いたいですね。
 いじめがなくならないのも、教師の権限を守らないからだ。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。