プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/01/22 (Thu) 22:47
60過ぎの年配者も人を刺すのか!

60過ぎの年配者も人を刺すのか!
 切れる若者が増えていると言われて久しいが、最近は60過ぎの年配の方もすぐに切れて人を刺すようだ。戦後64年。激動の戦後を生きてきて、些細なことで加害者、被害者になるのも切ない。愛知県では、車の駐車の仕方を巡って隣人が隣人を刺し殺した。両者とも60過ぎだ。何とかならなかったものか。確かに、人間関係は一度こじれると修復は難しい。近所だから言いたいことも素直に言えず、憎悪が増幅し、憎しみが殺意になる。誰でも人を殺してやろうと言う気持ちは多少なりともあると思うが、ぎりぎりのところで踏みとどまっている。
 思い起こされるのが「引越しおばさん」だ。不思議なのは、あんな被害にあったのに何故10年近くも問題にならなかったのだろうか。近所だからと言って遠慮すると、悪党はますますつけあがる。ゴミ屋敷もそうだ。日本人は言いたいことを言わず、気持ちを溜め込んでしまい、歪な形で相手を責める。潮を撒いたり糞尿を撒いたりする年配の大人もいた。貧民国の人のほうがよっぽど上手だよ。そもそも陰湿ないじめは日本の特徴だ。
スポンサーサイト

2009/01/18 (Sun) 15:18
ハドソン川の奇跡と、イスラエルによる攻撃

●ハドソン川の奇跡と、イスラエルによる攻撃
 ハドソン川で旅客機が緊急着陸し、奇跡的に死亡者0という奇跡が起こり、一躍機転を利かせたサレンバーガー機長が英雄になった。155人を的確な判断で助けたということで。しかし待てよ。アメリカが「NO]と言えない国、イスラエルが、ここ3週間で1300人以上殺した。表向きは「ハマスがロケット弾を発射したから」ということだろうが、しかし民間人や子ども、国連施設を空爆した事実、白リン弾を使用した事実は許されることなのか?ハドソン川で助かった155人とイスラエル人によって殺された1300人以上が、どうしても同じ人間としての尊厳が同じ扱いとは思えない。アメリカはキリスト教、イスラエルはユダヤ教。どちらも人の命をどう扱っているのあろうか。やられたら何倍にしてもいいからやり返せ!というイデオロギーが両国にはあるようだ。アメリカも真珠湾攻撃の何倍もの被害を日本に与え、ユダヤ人のアインシュタインが発明した原爆を日本に投下した。日本はその結果、平和は取り戻しものの、国家の尊厳やプライドを著しく低下させられた。1972年、テルアビブ空港の日本赤軍により空港乱射事件は、アラブ諸国では「よくやった!」ということで日本は評価されているそうだ。全く国際関係はいい加減なものだ。国連平和維持軍も、イスラエルの攻撃をやめさせられないようでは存在意義がない。しかしイスラエルはオバマが大統領に就任するのを待っていたように、一方的に停戦を検討しているとか。これではオバマとのデキレースと言われても仕方ない。弱い国は強い国の言いなりなのか。国連が担任、日本やアラブがいじめられっこ、アメリカやイスラエルが担任の言うことを聞かないいじめっ子。アホなことが起きている。

2009/01/17 (Sat) 13:55
オバマがイスラエルに強く言えない理由

 オバマ次期首相にはやや失望した。彼のスピーチはケネディー以上と言われており、彼の演説集が早速英文で発売されていた。同じ言葉を簡単な表現で問いかける話法は、国民の心を掴み、記憶に残るそうだ。彼の生い立ちが複雑であり、いじめも経験した過去があり、多くの修羅場を経てきただけのことはある。
 しかしそんなオバマも、イスラエルのガザ地区攻撃禁止には消極的だ。3週間で1000人以上の死者を出し、国連関連の施設まで破壊してしまう行為は、正気の沙汰とは思えない。思わず、ヒトラーの気持ちがわかったような気もする。過去の怨念を現在晴らしているのだろうが、それが大義名分になるのだろうか。いじめられっこが成人になっていじめっ子に復讐しても良いということにはならないだろう。さすがに国連が動き出したが、アメリカは黙殺している。京都議定書と同じだ。国連よりもアメリカのほうが偉いのだろうか?そんな状況でも、オバマならなんとかすると思ったが、全く失望続きだ。今はまだブッシュ政権だからというのが理由だそうだ。しかしイスラエルはそんなアメリカ大統領の移行期を狙っているとしか思えない。実に狡猾で卑怯だ。更に言えば、オバマがイスラエルに強く言えない理由が明らかになってきた。彼は選挙の時、イスラエルからかなりの献金を受けていたそうだ。だから強く言えないとのことだ。なーんだ。オバマも普通の政治家ではないか。金で心を売ってしまったのだろうか。考えて見れば、原爆を発明したのもイスラエル人のアインシュタインだった。アメリカの経済の中枢はユダヤ人が握っていると言ってもいい。アメリカはユダヤ国家なのかもしれない。

2009/01/10 (Sat) 18:17
ふざけるなよ、イスラエルめ!

●ふざけるなよ、イスラエルめ!
 もうこうなったら理性も何もない、ただの殺戮だ。お前ら、ナチスに虐殺されたことの仕返しか?ならナチスの残党にしろよな。アラブ人なんかお前らのせいで住処も奪われ、その上命も奪われるのか?最初はハマスが攻撃して死者が出たからその報復だったが、今の攻撃は無差別で、民間人や子供まで平気で殺している。第二次大戦のアメリカの日本空襲と同じではないか。もっとも今回もアメリカが後押ししてくれるからやりたい放題というところだろう。しかしこんなことが続けば、いや、平和を求めなければいけない昨今の国際情勢の中で、時代に逆行するような野蛮行為を続ければ、歴史は繰り替えされることになる。テルアビブ空港の銃乱射事件、ミュンヘン五輪の選手村襲撃のようなことがまた起きるだけだろう。そもそもイギリスの後押しでアラブにイスラエルなる国を建国してもtらったわけだ。その「感謝」の気持ちが全くない。ガザ地区、ヨルダン川西岸などは塀も何もない陸続きだ。それでは頻発に争いが起きるだけだ。首相が変わるたびに方針も変わるのもおかしい。いつになったらこの地域に平和が訪れるのだろう。
 日本も日本だ。アメリカの飼い犬のような存在だから何も言えない。日本は原爆を落とされた国だろうが。無差別殺人を経験し、誰よりも戦争の被害者であることを身にしみてわかっているのだろうが。ならば声を大にして言えばいいのではないか!第二次世界大戦中、杉村地畝氏が、ナチスによるユダヤ人迫害から逃れてきたユダヤ人に独断でビザを発行したのは有名な話だ。シンドラーのリストも同様だ。そんなかわいそうな民族にも手を差し出してきた人がいたことを忘れたのか?いくら英国や米国の後押しがあったにせよ、もう少し謙虚に出来ないのか?
 イスラエルに観光で訪れた人の評判もすこぶる悪い。空港で執拗な質問、荷物チェック。日本人だとわかると別室に連れていかれ、旅客機が出発する寸前まで監禁状態だ。あれでは恨みをかうだけだろう。昔、赤軍が空港で乱射事件を起こしたことで、日本人には特に目を光らせているようだが、それにしてもやりすぎだ。またヒトラーのようなことをする人物が現れるかもね。何だか最近アルカイダを応援したくなってきたよ。世界を混乱させているのはアメリカとイスラエルではないのだろうか。

| ホーム |

 BLOG TOP