プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/07/28 (Tue) 22:28
また日教組を調子に乗せる判決ー日本の教育に明日はなし

 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が昨年2月に予定されていた日教組の教育研究全国集会の会場使用などを拒否した問題で、日教組や組合員がプリンス側に慰謝料など計約3億円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の判決が28日、東京地裁であった。河野清孝裁判長はプリンス側に請求通り約3億円の支払いと全国紙5紙への謝罪広告掲載を命じた。 判決によると、日教組は平成19年5月、グランドプリンスホテル新高輪と使用申し込み契約を結んだが、プリンス側は同年11月に契約を解除した。日教組は会場の使用を求めて仮処分申請し昨年1月に東京高裁が会場使用を認める決定を出したがプリンス側は従わなかった。
 問題をめぐっては、教研集会参加者の宿泊予約を合法な理由もなく取り消したとして、警視庁が旅館業法違反の疑いで、プリンスホテルの社長や総支配人計4人を書類送検している。

 日本の裁判にはほとほと呆れている。悪人を裁こうとする意思があるのだろうか。それとも裁判官が旧態依然としており、市民感覚とずれているのだろうか。そもそも日教組は、戦後GHQが日本の教育を骨抜きにする目的で設置したものだ。戦前の右向け右の軍隊教育の全く逆を目指したもので、その通りになってしまった。一流大学を出た優秀な教師も、日教組のイデオロギーに汚染され、国旗掲揚反対、君が代斉唱反対など、バカの一つ覚えで職員会議や卒業式を荒らしてきた。専従執行委員や何やらの選挙のポスターが学校のいたるところに貼られている。都庁へのデモも定期的に行われてきた。「団結頑張ろう」とわけのわからないシュプレヒコールを言わされ、その後の飲み会にも強引に誘われる。そんなことをする暇があったら教材研究でもすればいいのに…。そんな実態を憂いて、安倍元首相は教育再生会議や教員免許更新制などを手がけ、石原都知事も進学重点校の設置、統廃合の実子などに力を入れてきた。すべては戦後の日教組の負の遺産を払拭させるためだ。いっそのこと日教組なんかなくてもいいと思うのだが。一気に解散させるような法令でも作ればいいのにね。
 それはともかく、今回の判決はあまりにも杓子定規だ。思想信条の自由だか集会結社の自由だか何だか知らんが、百害あって一利ないものはとっとと解体すればいいんだ。教研集会なんか私も出たことはあるが、くだらない内容ばかりだ。教材どうのこうのよりも、自分たちが集まって何かをしたことに自己満足しているのだろう。そこで何かを発表したところで何の実績にもならない。時間の無駄なのだ。今回の判決は、死刑廃止悪徳弁護士を糾弾した橋下弁護士を有罪にした判決と同じだ。正義の行動が裁判で負けるなんてありえないだろう。これでは体を張って悪を懲らしめようとする者がいなくなってしまうではないか。
 今回のこのアホな判決は、さすがに多くの国民は呆れているだろうね。2CHではあっと言う間にアクセス数が1000件超えてしまった。
スポンサーサイト

2009/07/26 (Sun) 01:06
また短絡的な若者の犯行ー千葉の母親殺人、次女連れ去り事件

 また20代の犯行か。ゆとり教育で甘やかされた、いや、ゆとり教育前から子供の甘やかしは始まっていた。その結果、人を殺すことも平気になった。自分の気持ち、今したいことを最優先にする、日本の捻じ曲がった教育の歪がいたるところで見受けられるようになった。
 平成14年、東村山市で、中学生4人、高校生2人が浮浪者を殺してしまった。図書館で騒いでいるところを注意され、逆上して殺してしまったのだ。今のクソガキは、自分が悪さをして注意されても聞き入れない。学校の先生ならまだしも、赤の他人の大人の言うことはまず聞かない。コンビニやファミレで騒いでいる子供を注意できないで店員がほとんどだ。自分が注意されても大人の言うことを聞いてこなかったから、人を注意できないのだろう。それにしてもこんな若者が急増していて日本はこの先どうなるのだろうか。浮浪者を殺した子供たちが「自分たちは親にも教師にも殴られたことはないのに、あの浮浪者は殴ってきた。だから殺した」。やはり親や教師はある程度子供が悪さをしたらを殴らなければだめだろう。こんなクソガキを育てないためにも。ちなみに浮浪者を殺した高校生、私が教えていた生徒でした。しかも学校の帰りに後輩に頼まれて、塾の帰りに暴行に加わったのだ。その時の学校の対応も到ってシンプルだ。近所の練馬の鑑別所に入れられて、校長は内心ほっとしていたのだろう。形式的に朝礼で「心の問題」を訴えたが、底辺高校の生徒にはどこまで通じたのだろうか。学力の低い生徒は、残念だが、心のほうも発育が遅れている確立が高い。いくら否定する者がいても、これは現場にいる教育者なら肌で感じることだ。つまり心に訴えても通じないことが多いのだ。この点は教育評論家や教育行政に携わる者にはわからないだろう。そもそも底辺高校に来る生徒の多くは、あまり家庭環境に恵まれていない。しかも片親や貧困層が多い。当然、愛情を注がれているケースが少ない。その結果、愛情を知らないで育ってしまい、人の痛みがわからないで育ってしまう。最近はのこの手の愛情欠乏症の子供に「体罰禁止」「人権教育」などを施しているため、愛情欠乏症がその心の隙間を埋めるために悪さするようになる。自分が社会から疎外されていると思うと「誰でもいいから殺したかった」。自分の恋愛の邪魔をする者なら、たとえ相手が親でも殺してしまう。
 昨年から、このタイプの20代が増えている。秋葉原や土浦の「誰でも良かった」事件もそうだが、気になるのは、こういうことをしたら自分の人生がどうなるかを計算できない者が増えていないだろうか。いや、計算しても、今の自分の気持ちのほうを優先させてしまうのだろう。と言うことは、我慢させる教育が必要なのだろう。だから「徴兵制」のような集団教育が必要なのだろう。

2009/07/12 (Sun) 22:17
新疆ウイグル地区に見える世界の強者弱者のいじめの構図

 新疆ウイグル地区の暴動が大問題になり、中国主席がサミットをキャンセルするほどになってしまった。昨年はオリンピック前のチベット自治区で暴動が起きた。インターネットの普及により、簡単に同士を扇動するような社会になってしまったのも、このような暴動がおきやすい理由の一つだろう。ロシアのチェンチェン問題を見るまでもなく、寄せ集め国家の悲劇と言える。独立しようとする自治区、それを武力で阻止しようとする宗主国。そんなに固いこと言わずに独立させてあげればと思うのは、平和ボケしている日本人くらいだろうか。石油等の資源が豊富なので、邯鄲には独立させないのだろう。
 思えば、日本が太平洋戦争に突入したのも、石油等の輸出禁止が原因だった。歴史は結局資源の問題なのだろうか。歴史上の大事件も国と国、宗教同士、イデオロギーの掛け違いによるものがほとんどだ。大韓航空機撃墜事件、9.11テロ事件、湾岸戦争…。もう少しお互いかばいあうことはできないのだろうか。こんなことばかりやっているからいつまでたっても紛争が絶えない。そしてアフリカなどの途上国援助が後手後手になってしまっている。

2009/07/12 (Sun) 20:34
日本は野球を大きく取り上げすぎ?柳ヶ浦高校の球児事故死の取り上げ方

柳ケ浦高校、大分大会出場を発表 バス横転事故
 大分県日出町(ひじまち)の大分自動車道で野球部副部長が運転するバスが横転事故を起こし、生徒が死傷した柳ケ浦高校(同県宇佐市)は12日の記者会見で、全国高校野球選手権大分大会に出場すると発表した。保護者や部員の意見を聴き、事故でなくなった吉川将聖さん(16)の遺族からも「息子と一緒に一生懸命頑張ってきた生徒たちの夢を実現させてほしい」と、出場への理解が得られたという。県高野連は同日、柳ケ浦の初戦日程を13日第3試合から15日第4試合に変更している。
 それにしても大新聞の一面ですか。これがバレーやバスケだったらどうでしょうか?2年前のエレベーターに挟まれて死亡した球児の報道も同様だ。野球だけかなりの報道だ。高校では体育の教師が高野連と高体連に分かれており、あまり仲が良いとは言えない。私がかつて赴任していた高校では、高体連の体育教師が野球部設置をを邪魔し、しばらく野球部がなかった。新入生で野球部経験者は自分たちでコーチを探し、外部で勝手に活動していたほどだ。私の母校も同様だった。野球部があると、強い弱いにかかわらす、7月には地区予選でそれなりに盛り上がる。ベンチ入りするだけで地方紙に名前が載り、テレビにも出演できる。野球部の予算も破格で、グランドも優遇される。やはり野球天国であることに間違いない。しかしそんな野球部も最近では坊主でなくてもよくなってきており、体罰禁止が煩くなり、かつての厳しい雰囲気ではなくなってきた。部員も誇りがあまり感じられない。なんとも悲しい限りだ。中には、子供がレギュラーになれないことへ逆恨みで、内部告発するバカ親が増えている。確かに野球部のもならず、日本の体育系の部活動は連帯責任制が未だかつて存在している。これは絶対におかしいことだ。1人の部員のためにその他の部員が犠牲になるのは絶対におかしい。
 今回のバス事故では、運転していた副部長のその後が気になる。まだ20代。その後どんな人生を送るのだろうか。

2009/07/05 (Sun) 19:40
文科省の補正予算、何かおかしくありませんか?

 文科省が4900億円の補正予算。しかし中身が問題だ。スクールニューディールと言う名をつけたのは良いが、内容は見栄としかいいようがない。学校の耐震化、校舎に太陽光パネル、地デジ対応テレビへの買い替え、電子黒板、パソコン購入など、いかにも今風の対応だ。その他、武道場整備、理科の実験器具の予算などがついた。
 しかし何かおかしくないだろうか。最近の教育の問題は何かを考えてみれば、的外れもいいところだ。学校の耐震化なんかよりも大切なものがあるだろう。パソコン関係も良いが、そんなものは生徒が個人で携帯で遊んでいるのでわざわざ学校で教える必要もないだろう。いや、教えないほうがいいのかもしれない。ネットの弊害が問題になっており、携帯の校内持込禁止をうたっている自治体もあるのにね。電子黒板は、昔のOHPのイメージだろうが、そんなものは生徒にとってはどうでもいいものだ。教師の自己満足に過ぎない。理科の実験器具?理数嫌いが増えている中でそんなものは役に立つとは言いがたい。もっと大切なものがあるだろう。
 はっきり言えば、生徒にとってどうでもいいものばかりなのだ。生徒には安心して、いじめや盗難のない学校が求められる。教師の数を増やすことが先決ではないのか?いじめは休み時間に起きる。ならば巡回する教師や警備員の数を増やす必要があるだろう。そんなことは長年言われてきているのに一向に進まない。政府のお偉い方は教師がしっかりしないから学校が荒れるのだと思っているのだろうが、昔と今では事情が異なりすぎるのだ。いくら教師を締め付けることばかりしても何も解決しない。今、問題なのは、体罰禁止のために教師を恐れなくなった生徒、マスコミの教師たたきのせいで親が教師をバカにするようになってきた。所謂モンスターペアレントの出現だ。こんな環境だから、いじめが発覚しても、いじめた生徒を厳しく指導できない。いじめた生徒を少し叩いただけでもすぐにバカ親が怒鳴り込んでくる。そんなバカ親に育った子供は、教師をバカにする。生徒指導や担任の言うことを聞かなくなる。所謂クソガキが育つのだ。何でも担任に集中しすぎだ。ならばくだらないことに金を使うのなら、教師の数を増やし、担任2人制にすればいいのではないか。

2009/07/05 (Sun) 11:58
駅ホームで同級生刺殺ーすぐに人を殺そうとする若者の短絡的思考回路

同級生を刺殺した疑い、高3男子逮捕
 4日朝、奈良県桜井市の駅のホームで、高校3年生の男子生徒が同じクラスの生徒に包丁で刺され死亡しました。刺した生徒は、その場で逮捕されました。
 4日午前8時ごろ、奈良県桜井市の近鉄桜井駅で、私立高校3年の濱田知哉君(18)が電車を降りたところを男子生徒に包丁で背中を刺されました。
 濱田君は病院に運ばれましたが、まもなく死亡。刺した生徒は濱田君と同じクラスで、そばに血のついた包丁を落としたまま立っているところを警察に逮捕されました。
 「学校へ登校してたんですけど、手錠をかけられてて、手に血がついていて怖かった」(目撃した生徒)
 男子生徒は調べに対し、「言うことを聞いてくれなくて腹が立った。4、5日前に包丁を購入し、けさ登校途中にやろうとカバンに入れた」と話しているということです。
 「(2人は)中学校の時から仲はよかった。2人ともおとなしい子で、話が合って仲がよかった」(中学の同級生)
 しかし今年3月には、男子生徒が濱田君を殴ったことがあったということです。
 「以前に2人は友達関係でトラブルがあり、指導を行ったことがございます」(校長)

 このような高校生の事件が続いている。そりゃあ、相手を憎む気持ちは誰にも起きる。それを自分で何とかするのがコミュニケーション能力であり、人間関係の基本になるものだ。しかし昨今の子供を甘やかすばかりの薄っぺらな人格しか育てない、ゆとり教育、子供の権利条約、少子化の下で育った、抵抗力のない、短絡的な子供は、自分の気持ちを制御できないだけでなく、自分が気にいらない相手を殺してしまうほどだ。平成8~9年頃、酒鬼薔薇聖斗事件が起きた頃から、携帯電話が流行り、体罰禁止の徹底化、親の発言を聞きすぎたために生じたモンスターペアレントの出現のため、子供は何をしても許される、おかしな風潮が教育界にはびこってしまった。教師は生徒と同じ目線などというばかげた雰囲気もあった。朝礼の際に、司会者が壇上で正座して話していたこともあった。ばかばかしいにもほどがある。教科書は薄くなり、成績では「1」を付けられなくなり、欠席が多くなると担任が毎朝モーニングコールだ。それをしないと「担任はやる気がない」と思われ、評価が低くなる。こんな環境だ。どんな子供になるか想像すればわかるだろう!選択科目が増え、未履修問題でもわかるように、やりたくない勉強はしなくても良いような雰囲気にもなった。そんな環境だから、自分の感情に忠実になる子供ばかりになった。感情中心の子供がどんな子供かは少し考えればわかりそうなものだが。タバコを吸いたいから吸う、物が欲しいから万引きする、気に入らないから相手を殴る…。そして友人が言うことを聞かなくなったから殺す。しかも理数系が苦手な子供が多く、論理的視考力が少ない。だから、友人を駅で刺したらどうなるかが想像できない。目撃者が何人もおり、逮捕されたら自分の一生は終わったようなものだ。そんなことまでして、自分の感情を優先させるような人間が、ゆとり教育で育った短絡的人間なのだ。友人が言うことを聞かなくなったのは自分にどんな落ち度があったのか。まず自分のことを顧みる必要があるだろう。ゆとり教育で育った一部のクソガキにはそのような謙虚な気持ちが皆無だ。
 今回の犯人の高校生は、相手の遺族にナイフで刺してもらい、死刑にすればいいんだ。今の日本は、少年法というバカな法律があるため、子供に更正の機会を与えようとするバカな発想になってしまう。今回のようなことをする子供は更正などするわけがないだろう。更正とは相手や家族のことを悼む気持ちがないと出来ないよ。自分のことばかり考えるようなゆとり教育で育った一部のクソガキには出来るものではない。山口光市母子殺人事件、綾瀬市のコンクリート詰め殺人事件の犯人を見ればわかるが、反省など全くしていない。そのような人間は即死刑でいいだろう。子供だって大人以上の悪党は多いですよ。
 

2009/07/04 (Sat) 14:40
傍若無人な中学生には鉄拳制裁しかないだろう!クソガキを増殖する今の教育システムは最悪。

1. 傷害:ホームレス襲撃、中3男子を逮捕 傷害容疑など
 ホームレスの男性を襲撃したとして警視庁少年事件課と小松川署は2日、東京都江戸川区立中学3年の少年(14)を暴力行為と傷害容疑で逮捕したと発表した。同課によると、少年は「ホームレスが追いかけてくるのが面白くて08年11月ごろから石を投げたりしていた」と別人襲撃も認めているという。 逮捕容疑は4月8日午前4時50分ごろ、同区東小松川2の首都高速高架下で、ホームレスの男性(65)を鉄パイプで殴り頭に1カ月の重傷を負わせたとしている。一緒にいた13~14歳の少年4人も補導した。
2.強盗傷害容疑:ひったくられ転倒80歳重体 中3ら再逮捕
 ひったくりで80歳の女性を転倒させ意識不明の重体にさせたとして、警視庁少年事件課と日野署は24日、東京都日野市立の中学3年の少年(14)と同市内の無職少年(16)を強盗傷害容疑で再逮捕したと発表した。逮捕容疑は、今月13日午後3時ごろ、日野市栄町1の路上で、歩いていた無職女性(80)の後ろから近づき、約3万6000円が入ったバッグを奪った。その際、女性を転倒させ脳挫傷や右腕骨折などのけがをさせたとしている。女性は入院中で意識不明の重体。 同課によると、2人はバイクを購入する金ほしさに「ひったくりのできそうなおばあちゃんを探していた」と供述しているという。

 このような事件を聞くたびに、義務教育とは何かを考えてしまう。教育の機会を全国民に平等に、貧富の差なく受けられるものなのだろうが、こんなクソガキが増殖し、少年法、体罰禁止等で、厳しく指導できないのが現状だ。こんな連中は死刑でも良いくらいだ。何せ、教師や大人が甘やかすから、自分たちは悪さをしても何も罰せられないことをよく知っている。こんな連中には鞭打ちか、被害者がされたことと同じことをしてやればいいんだ。このような連中を、人間のクズという。一連の教育改悪が生んだ負の遺産だ。こんな連中に、更正の機会など不要だ。徹底的に腐りきった根性を叩きなおしてやればいいんだ。どうせ教師や学校や親の言うことを聞かない、勉強もろくにしないようなおちこぼれだろう。カースト制のインドでも行かせ、乞食でもやらせればいいんだ。全く頭にくるぜ、こんなクソガキを産んだ今の教育改悪を。子供は未来の宝などと言うのは一部の子供だけだ。多くは金魚の糞以下の虫けら並みの連中だ。弱い者ばかりを狙うような奴らは、痛みで教えるしかない。かつて皇帝ネロは、犯罪者をライオンに食わせ、それを見て酒盛りをしていたとか。彼の気持ちもわかるような気がする。上記のようなことをするクソガキは、ライオンの檻にでも入れてやればいいんだよ。社会のゴミは抹殺するに限る。彼らに生きる権利などない。とっととこの世から消えてほしい。

2009/07/01 (Wed) 23:25
石川県で小中の携帯禁止条例は効果がないと思うよ。

 石川県議会で小中学生の携帯電話所持を規制する全国初の条例案が可決、成立した。有害サイトから子どもを守る目的だが、携帯所持には保護者の賛否両論があり、強制がなじむかどうか疑問だ。

 賛成多数で可決された「いしかわ子ども総合条例」改正案は、保護者に「防災、防犯など特別な場合を除き、携帯電話を持たせないよう努める」と努力規定が加わった。罰則はない。

 携帯所持を肯定する保護者は「不審者対策など防犯上、持たせたい」「帰りが遅いときGPS(衛星利用測位システム)機能で居場所が分かる」などと主張する。

 一方、携帯の出会い系やアダルトサイトなどは犯罪やいじめの温床になりがちで、さらにはメールばかりでコミュニケーション能力が不足すると不安がる声もある。

 四月から「青少年インターネット環境整備法」で、事業者に有害サイトの閲覧を禁じるフィルタリング規制が義務付けられた。保護者の申し出で解除できる。

 石川県の試みは所持規制にまで踏み込んだとして注目された。同県では初めて議員提出された政策条例案で、発案した自民党側は県と議会が対等のいわゆる「二元代表制」にこだわったようだ。県側はフィルタリング規制の解除条件を厳しくする条例案を提出していた。

 議会の取り組みはいいとしても、これほど影響の大きな事柄を決めるのに審議過程で関係者の参考人招致を見送ったのは、どうしてなのか。「議員は県民の代弁者だ」というが、それだからこそ、この問題の本質に迫る、具体的かつ広範な議論が期待されたのではなかったのか。県内ではPTA連合会が「小中学生に原則持たせない」と宣言している。逆に、関係学会や事業者からは慎重な審議を求める陳情も届いていた。県側は「権利侵害で県が訴えられる恐れもある」と懸念を表明した。

 家庭の問題を一律にしばるというのは、一体どうなのだろう。携帯電話以外にも子どもを脅かす要因はたくさんあるはずだ。実際、条例成立に戸惑う保護者は多いのではないだろうか。携帯に心のよりどころを見いだしている子どもたちもいるだろう。

 携帯所持は「善か悪か」で語れない。だからこそ、議論を尽くしてほしかった。施行の来年一月まで時間はある。目的である青少年の健全育成へ向け、総合的で実効性のある議論を続けてほしい。

 しかし根本的にこの条例は効果が薄いと思う。何故なら罰則規定がない。いくら親に携帯を持たせないように訴えたところで、子供が反発するのは目に見えている。最近の親は子供に媚を売るのが得意なので、絶対に無理だと思う。シンガポールのように鞭打ちの刑にしないと無理だろう。

| ホーム |

 BLOG TOP