プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/12/22 (Tue) 22:17
三重県の女子生徒、高知で保護。これは誘拐?

このような事件が起きる度に決まって使われる言葉は、誘拐、未成年、インターネット、逮捕…。
犯人は33歳の離婚歴のある男で発見されたのは高知の自宅。
犯人、誘拐など、一昔前の身代金目当ての犯罪の際に使われる言葉だが、早い話がインターネットで知り合った者が実際に会っただけのことだ。お互いインターネットで何度もやりとりしているから気心は知れている。会ってみたくなるのも当然だ。
しかし相手が未成年だと相手が悪者になってしまう。しかも犯罪者だ。何かおかしくないですか? 未成年なら家族は何をしていたのだろうか。赤の他人の誘いに家出までする? よほど自分の居場所がないのかと勘ぐってしまう。相談に応じていくうちにそれが愛情に変わることもある。それは自然の流れですよね。男性のほうも相手がたまたま中学生であっただけのことで、それで逮捕、前科者? では成人男子で大人の女性に相手にされないような男性は我慢して寂しい人生を送るだけなのだろうか?
確かに女子中学生の親からすれば誘拐されたと思うだろうが、ならばなぜ簡単に家出なんかしたのか考えてみたほうがいい。相手の男性には、家庭では味わえない暖かさ、居場所を与えてくれたことで感謝の気持ちがあってもいいのでは?
スポンサーサイト

2015/12/20 (Sun) 19:40
教師が生徒に引きずられたり教室から追い出されたり殴られたり

本日のフジテレビの放送(ミヤネさん司会)で信じ難い映像が流れた。
校内暴力の低年齢化が話題であった。小学校2年あたりから顕著になり、数年前の何倍かになっていた。しかし驚いたのはその光景が映像で流されていたことだ。小学生に叩かれたり、教室から締め出されたり、高校では男性教師の脚を持って引きずり回していた。そんなことが許されるのか? いや、氷山の一角だろう。
教師が何かやり返せしたら体罰になってしまうし、指導力不足になってしまう。泣き寝入りするしかないのだ。特に管理職は教師のたてになるどころか、親や生徒の言い分しか聞かない。挙句の果ては謹慎か謝罪させられる。もう狂っているとしか言い様がない。
しかも、いつも出てくる教育評論家の尾木直樹は相変わらず綺麗事ばかり。貧困が子供をいらつかせている?だから何をしてもいいのですか? いらついて悪さをしたら痛みで教えるしかないないでしょ。あなたはほんまに建前だけの評論家ですね。

2015/12/20 (Sun) 12:09
いじめ相談、生徒手帳に(福岡)は詭弁も甚だしい。

福岡県筑紫野市教育委員会が生徒手帳にいじめ相談のページを設け、「いざ」となったら役立てもらおうとしている。
いざとはなんだろうか? 自殺した場合の証拠だろうか? それしか考えられない。と言うことは、生きている間は延々といじめられていることを書き続けるということだろいか?
問題なのは、いじめを生徒手帳に書いたら、それを担任がチェックしていじめを止めさせられるかどうかだ。しかし今の教師はイジメを止められない。逆に担任にチクったことで更にイジメがひどくなる。だからあまり意味がない。せいぜい自殺した時の証拠物件ぐらいにしかならないだろう。
根本は、教師の体罰禁止が大きい。イジメた生徒は、馳浩みたいに、体罰で教えるしかない。痛みと恐怖でないとイジメなんかなくならないよ。そこは多くの大人はわかっているはずですよ。しかし今の教育界はどうかしてますよ。何でもかんでも体罰禁止。これっておかしくないですか?

2015/12/19 (Sat) 20:32
馳浩さん、体罰をしたことを謝罪してはいかんでしょ!

馳浩さん、文科省大臣になったからと言って、何故体罰したことを、謝るんですか? 悪さをしたら体罰は当たり前ですよ。そんなイロハのイを否定している最近の世の風潮がおかしいんですよ。義家さんも体罰必要と言ってますよ。
昔。寺脇研さんがゆとり教育と一緒に体罰も口うるく言って、日本の教育現場を混乱させたのです。それを元の正常に戻すと期待していたのに残念です。

以下はあなたに関する記事です。
いじめの指導で放課後四時間教室から(生徒を)出さなかった時は他の教職員がハラハラしながら私の教室の外で見守っていて後で散々言われました。(中略)口で『いじめはダメですよ』と説くのは誰でもできる。でもこれはそんな次元で済ましてはダメで態度で示す以外ない。教室の用具はボコボコになり、最後は加害生徒が泣いて詫びながら二度といじめないことを誓ったので終わりにしましたけど、これは仲間内の教職員から散々に言われました」
 
 他の教職員に批判されるのは当然だろう。「加害生徒」が泣いて詫びたのは暴力に屈したからとしか思えず、それではただの“暴力の連鎖”だ。しかも大人であり学校内の権力者である教師から子供への暴力。これでいじめ問題が抜本的に解決するとは到底考えられない。

2015/12/16 (Wed) 21:34
愛媛県の中学生に体罰は教師ばかりが悪いのか?

愛媛県で担任が男子生徒に体罰をしたことが問題になっている。平手で20発以上、トイレで体罰、母親が録音など。相変わらずマスコミはセンセーショナルに書き立てている。
しかし40も過ぎたベテランの男子生徒がどんな悪さをしたのかが全く報じられていない。母親も教師を責めてばかりで、自分の息子が悪さをしたことに関しては何謝っていない。そもそも教師の体罰は生徒が悪さをしたからという前提だ。しかも体罰をするほどの悪さをしたと言うことが全く報じられていない。
いじめ問題も全く同じだ。いじめた生徒を注意してもいしもをやめない。次は痛みで教えるしかないだろう。ビートたけしも同じことを指摘しています。口で言うだけでは聞かないクソガキは多いですよ。それをマスコミの薄っぺらな評論家は鬼の首をとったように教師を責め立てる。しかし評論家をするような奴らは教師の言うことなんか聞かなかった連中だ。このような奴らが教育現場を潰してきたのは言うまでもない。

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。