プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/07/18 (Wed) 20:01
本日のニュースより

●赤城農水大臣の顔の怪我
 何とも不思議な会見だ。顔の絆創膏の原因を記者が聞いても、すっとぼけてばかり。今回のことで親に殴られたか、または暴漢に襲われたか。様々な憶測が飛んだが、おもしろいことを言うものもいた。「あれは資金問題を忘れさせるための演技で、自作自演だよ」。なるほど、そうかも知れない。小泉さんの北朝鮮訪問も、支持率低下の直後だ。安倍首相の地震被害地訪問も選挙前でわざとらしい。そんなことを考えると政治家は情けないしあほらしい。
 今回の参議院選挙は、ドクター中松氏、建築家の黒川氏、アナウンサーの丸川氏、弁護士の丸山氏などが立候補。有名な方ならだれでもいいというわけではないと思うが。そのまんま東氏が何故県知事に当選したか、よーく考えて欲しい。うわべだけの見せ掛けだけの政治はすぐに見破られますよ。選挙演説は、立候補者の本気度が結構わかるものです。
 2年前の衆議院解散後の総選挙。小泉氏の演説を聞いたが、実に歯切れがよくわかりやすい。郵政民営化などほとんどの国民にとってはどうでもいいことだ。いかに本気になっているかを国民は見たいのだ。小泉氏はカリスマ性がある。無条件に人を引き付けける技を心得ている。かつてのヒトラーもそうだ。何を言っているのかわからないのだが、彼の演説を聞いているとまるで夢を見ていたようだ、と当時のドイツ国民は言っていた。そう言えば、歴代の首相や政治化の中でカリスマ性のある方が少なくなってきたような気がする。小泉氏の前は田中角栄氏だろうか。
 教師にもそのカリスマ性が求められる時代になってきた。普通の人が普通に授業をしても生徒は騒ぎ出す時代になってしまった。でも本当にそれでいいのだろうか。私は違うと思うが。どんなにつまらない授業でも静かにしなければならない時は騒いではいけないのだ。成人式の時、大暴れする若者を見ると、ほとんど躾の出来ていないことがよくわかる。学校選択制の負の結果だ。
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP