プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/29 (Sun) 12:43
最近のニュースより

●保育園のワゴン車の中で園児死亡
 またか、と言った印象だ。送迎用のワゴン車の中に3時間半も放置。園児にプリンを配り、1個余って初めて気づいたとか。しかも発見後、社内のエアコンの風を少し当てただけで通報も遅れた。
 あまり言いたくはないが、おそらく保育園の方は20代の方が多かったのではないか?自己責任、認知能力の低い、元祖「ゆとり教育世代」が多かったのではないだろうか。
 この世代に特徴的なことがいくつかある。自分の周りに起きているいとに責任感がなさすぎることだ。例えば、ごみが落ちていても拾わない、電車の席を老人に譲らない等、自分のことしか考えられないのだ。だから免許を取ってハンドルを握っても、信じられないような事故を起こす。少しの油断、手抜きが人の死に関わることが全くわかっていない。何でも大人がしてしまうと、このような自己責任能力の欠如した人間が育ってしまうのだ。
 最近気になるのが、授業の欠席数を教え、あと何回で進級できなくなることをあらかじめ生徒に教えることだ。中には、毎朝生徒の自宅にモーニングコールをかける担任さえいる。これでは子供は「自分中心に世界が回っている」と思ってしまう。管理職も弱気だ。欠席が重なり単位負認定になった場合、「何故事前に知らせなかったのか」と裁判になれば負けるから、というのが理由だ。呆れて物が言えないとはこのことだ。そもそも裁判は、悪を裁き、正義を守るものであるはずなのに、これでは、悪を助長させるためのものになってしまっている。全くばかげている。
●アフガン政府、武力は当然!
 タリバンによる韓国人拉致事件で、交渉が決裂した場合、武力も辞さずとの声明を出した。実に勇ましいと思う。何故なら放っておけば全員殺される可能性が高いからだ。かつて日本人の拉致被害者もぐずぐずしていたら殺されてしまった。イラクで1人、アフガンでは中学校の教師がアベックで殺害された。このような場合の日本政府の対応は誠に遅く遺族はいつもイライラするばかり。自国では何も出来ないからいつもアメリカ頼み。全く主体性がない。昭和52年には、クアラルンプールの日本赤軍のハイジャックで、超法規手段で、何と犯人の言いなりになり、坂東国男らの獄中犯を釈放してしまった。世界広しと言えども、こんな国は日本だけだ。
 いくら戦争に負け、平和主義を押し付けられたからと言って、有事の際にいつも揉めるのは、本当の平和国家と言えるだろうか。国民が北朝鮮に拉致されようと、大韓航空がソ連に撃墜されようが、結局何も出来ないで指をくわえたままだ。沖縄の基地問題も日米地位協定のおかげで主体性のないままだ。これでは戦前の日米和親条約と何にも変わらない。日米安全保障条約と名前を変えただけだ。日本は心身ともに戦闘意欲を根こそぎ奪われてしまったのだろう。憲法9条にこだわる政党もいるが、臨機応変だと思うが。そんなことをしているからテポドンを飛ばされるのだ。
 この時期になると戦争を偲ぶ映画が多い。「夕凪の町、桜の国」を観てきた。確かによく出来ている映画だ。今年になってからは「硫黄島からの手紙」「特攻隊」などの映画も上映された。教育現場では「はだしのゲン」がよく利用されている。これらの映画、ビデオを観る度に、戦争はひどい、平和こそ大切だと痛感させられる。しかしあまりにもそこだけ強調されると、戦えぬ国民ばかりになってしまう。長い歴史を見ても、世界も日本も殺戮の歴史だった。歴史上の有名人はすべて大量に人を殺した者ばかりだ。ある歴史家は「戦争があるからこそ、飢餓や病気があるからこそ、自然災害があるからこそ、人間が大量に溢れないで均衡が保たれている」と言っている。大きな視点で見ればそうかもしれないが、今は戦後で少子化だ。この世に生まれた生命は尊ばれなければならない。
 今のイラクはひどい。原因はアメリカだ。イラクの石油の利権がほしいだけのことだ。イラク国民は、宗教対立まで引き起こされ、いい迷惑だ。毎回の自爆テロの死者数も数十人に及ぶ。スーダンの大虐殺もひどい。グーグルの地図でも焼き討ちにあった村がいくつか見受けられる。
 そんな国に比べれば日本はまだましなのだろう。しかし何故いじめがなくならないのか。原因は様々だが、最も大きいのは、いじめられっこが闘争心がないからであろう。例えばイスラエルとパレスチナの子どもはどうだろう。いつ砲弾が降ってくるかわからない中で暮らしており、中には肉親を殺された者さえいる。闘争心がなければ生きていけない環境だ。自ら自爆テロを名乗り出る者さえいる。それが人間というものだ。それに比べ、日本のいじめられっこは、闘争本能が育っていない。1人っ子で兄弟で揉まれていない者が多く、親からは溺愛されている。人間はみな善人だと思っているのだろう。だから自分の前にいじめっ子が現れたら対処の仕方がわからない。されるがままだ。
 一度日本は北朝鮮か中国に攻められたほうがいいのかもしれない。あまりにも平和ボケしすぎている。
●12年前の八王子事件
 平成7年7月30日、八王子のスーパーで高校生2人とパートの女性1人、計3人が頭を打ちぬかれ射殺された。知り合いの教師が赴任していた高校の生徒だからよく覚えている。この事件は全く進展がない。比較される事件が、平成12年の世田谷一家4人殺人事件だ。こちらも動機がよくわかっていない。しかしあるルポライターが犯人を追い詰めた本を出版した。かなり精度が高く、読んでいても臨場感があった。
 問題はそんなことではない。私は犯人は外国人、特に中国人、韓国人がくさいと思っている。何故なら、私の家の近所も、泥棒、ひったくりが絶えないからだ。指紋は残さない。あらかじめインターフォンを押し、いるかどうを確認済みだ。警察官曰く、「これは中国人の仕業だ」。日本は犯罪しやすい国のようだ。国民はとろい、すぐ人を信じる、戦闘意欲がないなど、完全にバカにしている。韓国からは毎年大量の窃盗団が入国しているようだ。
 世田谷事件の犯人の指紋は、大分で自宅を海外留意学生に斡旋している老夫婦が殺害された事件、更には、大阪のデリヘル嬢殺害事件の犯人の指紋と一致したらしい。では何故警察が動かないか。大分、大阪、東京で、島がちがうのが理由らしい。要するに所属部署が異なるからお互い協力しずらいらしい。これが今の日本の蛸壺方組織社会の典型だろう。学校、警察、それぞれの部署同士で協力しないから、本来の犯人逮捕、教育の充実が全くなされていない。
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。