プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/08/27 (Mon) 19:32
本日のニュースより

●改造内閣の顔ぶれ サプライズより堅実な顔ぶれだ。新鮮さには欠けるが、ある程度は期待してもいいかもしれない。昨年のおかしな人事は、やはり仲良し内閣だったのか。松岡氏、柳沢氏、久間氏などのような癖のある人を選んだのは何だったのかと思ってしまう。
 しかし実際に何が出来るのかと言えばあまり期待はしていない。失言はしないだろうが、画期的なことをしそうもない。旧態依然の自民党と変わらないような気がする。拉致被害者担当大臣を置いたところで何も進んでいない。とっとと北朝鮮に首相が行くしかないではないか。少子化担当もそうだ。いくらパンフレットを作ったところで、結婚できない男女が増えており、子どもも2人が限度。格差の下の層は、結婚なんか夢の世界だ。とっとと仕事を増やし、賃金を増やし、結婚相談所を充実させるしかないではないか。
 文部科学大臣は伊吹氏で留任だが、全く期待はしていない。いじめや未履修問題が大きくなった時にだけ弁明するだけで、何をすべきかが全くわかっていない。とっとと、体罰禁止をやめさせなさい。親は学校に文句を言わないようにさせなさい。日教組を解散させなさい。週休2日を1日に戻しなさい。ゆとり教育をやめさせなさい。携帯電話は高校3年までは使用禁止にさせなさい。それが出来なければ、ただのお飾り大臣だよ。
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | インターネットはパンドラの箱 >>

コメント

佐山先生の別の掲示板も拝見させていただきました。いじめついて多くの考えを見ることができました。ただ、いつもはこのブログでは、現場教師の味方になって管理職や保護者を批判している佐山先生が、他の掲示板では保護者の味方になって、教師の攻撃方法を教えているの
にはちょっと驚きました。確かに弁明のしようのない教師はいますが・・。

内閣改造も、一般市民はしらけています。一般市民の今一番の問題は教育だという世論があるそうです。安部内閣は、その教育問題を、教師の指導力という点で捕らえていますが、一般市民は、子供に厳しい処置を与えろ、とか政府こそがもっと実態を知るべきだ、とか内閣とはずれがあります。この様子を見ても、スケープゴートとして安部内閣が教師攻撃をしていることがわかります。

 いえいえ、あくまでいじめをもみ消そうとしている教師や学校に対してですよ。無理難題を言ってくるモンスターペアレントではなく、自分の子どもがいじめられているのに学校に何も言えないでいるかわいそうな親には対処法を教えてあげないと。自殺してからでは遅すぎます。もっとも多くの教師はいじめを何とかしたいと思っているのに、保身ばかり考えている校長の対応のまずさが根底にありますから、そこを言いたいのです。 
 安倍氏は一度困難校を見たほうがいいですね。いくら教師を締め付けても、親やマスコミの言いなりになっている学校の実態は何も変わりませんよ。教師や学校に良い意味の権限を与えないとだめですよ。体罰を早く認めないとだめでしょう。もちろん、悪さをした子ども、いじめをやめない子ども、言うことを聞かない子どもなどで。怪我をさせてはいけない体罰です。親のウレームもいじめられている子ども、被害者の子どもなどならともかく、盗人猛々しい親の言うことなんか聞かなくていいのですよ。 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP