プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/29 (Wed) 22:13
本日のニュースより

●ネットカフェ難民5400人
 ワーキングプアの現実がこれだ。20代と50代が多いようだ。20代はともかく50代は意外だ。しかしよく考えて見れば、ホームレスは結構年配の人が多い。問題は20代だ。働いても働いても住居費さえ賄えない。仕事をやめて家賃が払えず、月収は10万円前後。驚いたのは、日雇い派遣、短期直接雇用などはうなづけるのだが、中には正社員もいるとか。正社員だからと言っても収入は少ないのだろう。ネットカフェでパソコンで暇をつぶし、カップヌードルが食事。シャワーは近所の公園で。そこまでするなら親元に帰ればいいのに、そこは意地があるのだろうか。地方から上京した人が地元に戻ったところで、まずまともな仕事などない。腐っても東京だ。月10万も日雇いで稼げるのは、東京や大阪だけだろう。
 日々、生活だけに追われている人の精神状態はいかがなものだろうか。つい先日、闇の職業安定所で知り合った3人が、全く面識のない女性を殺し、金を奪った事件があった。奮った金額はたったの7万円。自分の生活がひもじいと、どうしても他者と比較してしまい、そこにねたみ、嫉妬、憎しみが湧いてくる。その感情はバカにしてはいけない。人の心は放っておくと、形となって社会に影響を与える。何故なら、そう感じているのは1人ではないからだ。ネットですぐに集まるのは、同じようなことを考えている人がいるということだろう。
 コムスンの非正規社員が、天引きされた金を返還するようデモをしていた。200円のわけのわからない名目で引かれていた。いや、それ以前に、1日働いて6千円少々。月に10万少々。これではコンビニのバイトと変わらない。
 通学の電車内で携帯小説を書き続けた若者が、著書がミリオンセラー。千円としても印税は1億だ。携帯の出会い系で売春をしていた高校生が、月に数十万。携帯の出会い系サイトを運営し、フィッシング法で
法外な料金を請求し、年間2億円も稼いだ悪党もいる。そう言えば、平成12年、中学生が同級生に脅されて2千万以上渡してしまった事件もありましたね。世の中、何かおかしくないでしょうか。
●サッカー少年が暴行を受けたが…
 これは美談なのだろうか。名門サッカークラブの中学3年男子7人が、他の中学校の中学3年の5人に因縁をつけられ、殴る蹴るなどの暴行を受け、3~10日の怪我をした。理由は、体育祭の練習で踊りをしていたのを笑われたからだそうだ。最初は、またいつものチンピラのようなプラプラしている不良少年かと思ったが、中学生だったとは。しかもただたむろっていただけかと思ったら、体育祭の練習をしていたのだ。加害者の方もこれでは責められない面もあるような気がした。
 問題なのは、手を出したら試合に出られなくなると思い、何もやり返さなかったサッカー少年の判断は正しかったかどうかだ。野球部の不祥事が公になるとすぐにマスコミが騒ぎ、試合の出場停止という紋切り型の処分だ。少年たちはそのような記事が目に浮かんだのだろう。しかしこれはおかしいと思う。最近の中学生は加減を知らない。下手をしたら、骨折したり失明したりする。たかが笑っただけで因縁をつけられ、それでボコボコにされるいようなことだろうか。一言謝れば済むことなのに。それでも相手が暴力を振るってきたら、絶対にやり返すべきだ。正当防衛になることもある。こちらが怪我をしたらたまったものではない。怪我をして試合に出られなかったら元も子もない。
 いじめもそうだ。相手がやってきたら無視していたらやられっぱなし。絶対に反撃しなければならない。過去の人間の歴史を見てもそうだ。命がけで自分を守らなければやられる一方だ。
 例えばアンネフランクの場合。ただユダヤ人というだけで囚われ、収容所送り。その先にはガス室が待っている。我慢などあいていたら殺されるだけだ。彼女とその一家は「隠れる」ことで命を延ばした。今回のサッカー少年たちは、試合に出られないことより自分の命のほうが大切だと思うが…。日本は平和国家と言われているが、それは対外的に戦争をしていないだけのこと。リストラ、いじめは平然と行われている。
●中国で少女が3600キロ完走
 8歳で57日間、父と2人3脚で完走。このような大ニュースがあると、必ず賛辞を送る者と、揶揄する者がいる。「マラソンの神童」と評する者、「親の身勝手で無理強い」と批判する者。本人は「ゴールできてうれしい」と、父親も「無理強いしていない」と言っている。先日、萩本欽一氏が日テレ主催の70キロマラソンを歩きながらも完走した。この時も、「60を過ぎた者への虐待」などと書きたてたマスコミもあった。
 しかしこれは虐待でも何でもないと思うが。嫌なら本人が断ればいいだけの話だ。最近の日本は、何かをさせようとするとすぐに足を引っ張る傾向がある。みんな同じでないといけなと言った、捻じ曲がった「平等主義」がはびこっている。そして根性論が否定されてきた。漫画「巨人の星」が揶揄されている。実に悲しいことだ。人間は成長願望がある。今日の自分より明日の自分を夢見て、日々精進する。それが日本人の誇れる国民性だ。それが最近否定されてきている。その最たるものが「ゆとり教育」だ。無理をさせない、自主性に任せる等。これでは親も何も出来ない。しかし世で成功しているのはほとんどが親との2人3脚だ。政治家、プロ野球、ゴルフなど、親の影響は強い。しかもほとんどがスパルタに近い。「虐待」と「鍛える」をごちゃ混ぜにしてきたような風潮がある。
 教師をしていてもそうだ。部活動で毎日生徒に指導していると、「あれでhが生徒の自主性がなくなる」などと揶揄する教師もいる。もっともそのような教師は、自分で生徒と汗を流すこともしない、年配の僻みっぽい教師だ。掃除もせられない、授業も適当、このような教師こそとっとと不適格教師にしてしまえばいい。 
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


高校生 出会い 室/高校生 出会い 室

寂しい夜を過ごす女性は実は非常に多いと知っていましたか?そして、意外にも女性の方が大胆なのも事実。出会い系サイトには、寂しさを埋めたい、そんな女性がたくさんいます。そんな寂しい女性を助けてあげましょう。 ..


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。