プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/08/30 (Thu) 19:18
本日のニュースより

●板橋区でまた…
 板橋区は悪党のたまり場か?昨日も男が昔の自分のアパートに立てこもり、警察3人に傷を負わせ、最後はサスマタで捕えられた。相変わらず最近の警察は対応が遅い。相手が1人で人質もいないのに、何故3人も傷つけられたのか。名古屋の発砲事件の時もそうだ。警官が1人撃たれ、横たわっていたのに、何も手を出せず、数時間も放置されたままだ。警察の説得も、まるで子どもをあやすような優しい口調だ。警察の毅然とした態度が影を潜めたのはここ最近だ。これも何かある度に警察の不祥事を叩いてきたマスコミの影響だろう。検挙率が落ち、犯罪にまともに対処できないようになっては、安全国家日本の名が泣く。外人による犯罪も多い。三国人の犯罪率が特に高い。それもこれも、外人に対する差別だの何だの、マスコミがすぐに騒ぐからだ。それにおかしな人権団体も同じだ。一度自宅が泥棒に入られたら少しは考えも変わるだろう。風呂場の冊子をはずし、ガラスを割り、内側から鍵を開け、室内を物色。指紋は一切残さない。あらかじめインターフォンを押し、人がいるかどうか確認してから実行だ。あまり権利だの差別だの言っていると悪党がのさばるだけだ。平和ボケ国家日本、このへんで何とかしないと、犯罪国家日本に驀進中だ。
 そうそう、板橋区の事件は他にもあった。高島平では、ふりこめ詐欺のグループの1人が殺され、死体が運ばれる事件があった。大山商店街では、サウナの店主が殺され、血痕が駅まで残っていたのだが、未だに未解決だ。少年らによるリンチ事件も後を絶たない。やはり地域性のなせるわざか。
●朝青龍について
 解離性障害で帰国療養ですか。何を甘やかしているのでしょうかね。散々甘やかされてきて天狗になった小生意気な悪党に、初めて正義の鉄拳が下っただけのことだ。甘やかされてきたから初めての体験に免疫がないだけのことだ。誰だって、処分が下れば、へらへらしていられない。ショックで落ち込むのも当然だ。最近は何でも病名をつければ恩赦されると思っている。授業中落ち着きがなければADHDで、学力が低ければLDですか。本人の努力や我慢が足りないだけのことなのにね。犯罪を犯せばすぐに精神鑑定だ。悪徳弁護士はそのことで悪党を救おうとする。こんなことばかりしているから、日本はなかなか毅然とした態度を悪党に出来ないのだ。
 本当は、部屋の親方が数発引っぱたき、毎日スクワット100回、5時間マラソン、といったような愛の鞭、体罰が必要だ。日本の躾の出来ていないクソがきと同様、口で言っただけでは効果がない。それにしても情けないのは、高砂部屋の親方の元大関朝潮だ。一緒にモンゴルへ同席しても、朝青龍と空港まで別行動、機内でも一言も話さず。自分が大関止まりで、相手が横綱だからだろう。更には、優勝回数26回で横綱ともなれば、部屋には多額の金が入る。だから親方は弟子に強く言えなかったのだろう。
 彼は26歳。思い起こされるのは、26歳の若さで死んだ、故横綱玉乃海だ。優勝回数は6回だったが、姿勢が実に良い。大鵬に逆転優勝された時も、後で「おめでとうございます」と祝辞を述べ、大鵬の引退相撲では、北の富士と一緒に太刀持ちを買って出た。そのために手術が後れ亡くなったとされている。故貴乃花親方が、玉乃海のことを絶賛していた。玉乃海は大鵬に逆転優勝された後も、神宮外苑を走っていたとか。それに対し貴乃花は、場所が終わった後、一杯飲んでいたらしい。玉乃海のような姿勢が、心技体備わっていると言うのだろう。少なくとも平成初期までは、相撲界はそのような「常識」が通用した。外人力士の中には、日本の文化に溶け込もうとしている者もいる。少しは見習ったほうがいい。朝青龍のような者に軽い処分では、教育上良くない。ますます平気で悪さをする者が増えてくるだけだ。
 中国で麻薬密売の日本人が死刑判決を受けた。それでいいと思いますよ。精神鑑定なんかしないで、実行した罪のみで罰するべきだ。でないうと悪党が平気でのさばる国になってしまう。麻原がまだ死刑になっていないのですよね。アホかと言いたくもなります
●冤罪判決
 痴漢で逮捕された男性が、冤罪を求めた裁判が却下された。日本は、女性の言い分ばかりが取り入られるようになった。学校では、生徒や親の言い分ばかり聞かれるようになった。最も割を食うのは、男性だ。
 男は女や子どもを守るべき存在だ。船が遭難しても、まず女、子ども優先だ。本来、そのような勇ましい男が美徳とされてきた。しかし昨今は、そんな気にもなれないし、それが逆用されている。つまり、男は、女、子どもの言いなりになれ、と言った風潮だ。女教師の中には、男が女のために奉仕することが当然だと思っている、ジェンダーフリーを歪曲している教師が多い。
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

以前書いたことと重複しますが、小学校で女子教員が大きな顔をしている理由は、
?小学生だけに女性教師でも言うことを聞く。学級崩壊や小学生の校内暴力、授業妨害は大半の小学校ではない。
?男性教師にはセクハラが必ず付きまとう。特に、女子児童とトラブルになれば致命傷的だ。それに対し女性教師はセクハラにはならないという強みがある。高学年の男子児童の着替えを覗いても、内科検診などで男子児童のそばに居合わせてもそのまま通ってしまう。もし男性教師が、女子児童の着替えを覗いたりしたら即アウト。
?管理職が迂闊に女性教師を校長室に呼び出して指導すると、セクハラ扱いを受けることがあり、腫れ物を触るように扱っている。他の女性教師とくっついて騒ぎ立てることもある。男性教師に対してはセクハラにならないので、人権侵害的なことが平気で行われている。
?女性教師はいざとなれば、退職することができる。世間も許す。男性教師が途中で退職すると、「何かあったのでは」「不適格教師」などと世間からの冷たい視線が注がれる。退職後の仕事も、女性のようにパートや派遣ではダメなので、嫌なことがあっても辞められないという呪縛のため、心身壊してしまう男性教師が多い。

こんなところでしょうか。小学校では、女性教師や保護者に絡まれ、冤罪まがいなことは本当にたくさんありますよ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP