プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/15 (Sat) 00:13
最近のニュースより

●教員使用後の不採用
 教員試験に受かり、晴れて教壇に立っても、正式に採用されるのは1年後で、その間、様々なチェックを受け、向いていなければ厳しく指導を受ける。自分は向いていないと思ったり、民間に移ったり、依願退職が増えたようだ。
 問題はそんなことではない。少なくとも大学4年間で教職課程に必要な授業を受け、教育実習も実施し、採用試験を経て晴れて教師になったと思ったら、試用期間に厳しくチェックされるようになってしまい、また生徒も生意気になってきて、すっかりやる気や自信を無くし、教壇を去っていく者が数多く実在するということだ。教師は最初から上手にできるわけがない。先輩教師、生徒、保護者に育てられて一人前になるのだ。それが最近では最初から「完成品」が求められている。そんなの絶対おかしい。民間会社でも最初は手取り足取り教えてもらいながら仕事を覚えていくではないか。教師にだけそんな厳しくしたら、今後教師を希望する者などいなくなってしまうではないか。
 最近は、教育界の混乱をすべて教師のせいにされてしまう。が、問題の原因は何かを考えれば、ほとんどの人は同じ事を言う。
 「子どもが甘やかされて育てられ、親も何も言えない。学校や教師にだけ責任を押し付けるのはおかしい。昔は先生に叩かれるのは当たり前だった。体罰なんて当然だった。今は体罰にうるさすぎる。おかしな世の中だ」
●大学卒業厳格に
 日本の大学は、入る時は、偏差値教育で輪切りにされた格付けになっており、まるで人生がすべて決まってしまうような加熱ぶりだ。だからせかっく合格しても、入学後遊んでしまい、何のとりえもない人間になってしまう者もいる。中には中退してしまう者もいる。仕方ないのかもしれない。高校までと異なり、親や教師は何も言わず、自主性に任される。しかし、大学に受かることだけを目標にしてきた若者にとって、大学に入ってから何をすればいいのかを考えさせること自体、無理なのかもしれない。そんなことすら考えずに、受かることだけを目標にしてきたわけだから。
 更には、最近では少子化のせいで、推薦入試、AO入試、飛び級などの導入で、まともな基礎学力もなく、まともな受験勉強もしてこなかった大学生が増えた。中には、建築科に推薦で入ったのに、高校時代に物理を選択してこなかった者さえいる。高校の進路指導も、入れられるものは入れてしまえ、と言った無責任な風潮があるので、後のことまで責任は持たない。おかげで、大学に入学して半年後位に、大学を辞めると言い出す卒業生が現れる始末だ。
 更には、全教科、平均的に出来なくても大学に合格してしまうために、特定の教科がひどく劣っている学生が多い。子どもに好きなことだけやらせていたかこのようなことになったのではないか。嫌なことでも歯を食いしばってやらせなければだめだろう。昔は、嫌いな物が入っていても給食は最後まで残さず食べさせられたし、担任も好き嫌いなんて言っていられなかった。それが当たり前だ。生徒に好きなことだけさせていたら、免疫のない、我慢の出来ない、わがままの塊のような妖怪が育ってしまう。
スポンサーサイト

<< また、いじめによる自殺 | ホーム | 安倍首相退陣 >>

コメント

指導力不足教師や仮採用期間の新任の退職、確かにその運営方法に間違いがあるのは否めません。
教師の仕事はあら捜しをすればいくらでもマイナス面がでてくる。ということは誰もが指導力不足教師になってしまうのである。
仮採用の新任のことも佐山先生が書かれている通りです。最初から即戦力になれるわけがない。保護者や子供とうまく行かなかった時、上手に手を差し伸べるのが管理職ではないのか。
今の教育行政は、大量に採用し、大量にクビにし、そしてまた大量に採用する、の繰り返しである。こんなサイクルで採用していたら、民間企業だったら成り立たないでしょう。つまり教師なんて誰でもいいのです。教育行政は教師を使い捨てとしか見ていません。

また本でも一緒に書きましょう。

教師は使い捨てですね。長く続けようと思ったら、長いものには巻かれるしかないようです。すなわち、自分の信念に関係なく、その時々でコロコロ変わる教育方針に敏感に対応し、そのことがたとえ生徒を甘やかし、人間としてダメになっていくのを目の前で見ても、何ら厳しい指導が出来ないということでしょう。
 福田氏が首相になるようですが、教育のことなど眼中にないようです。安倍氏の教育意再生会議も、形式的なことばかりで、教師を締め付けるばかりでした。教育は、「変更しない」ことが最も良いっことだとおもいます。人間はそれほど簡単に順応できませんから。
 是非、本書きましょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。