プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/27 (Tue) 19:59
「中学生日記」でいじめ問題が

 2日連続でいじめ問題をとりあげていたが、それを見た中学生はどう思うだろうか。「いじめはひどい。是非なくそう」と果たしてみんなが思うだろうか。以前から思っているのですが、テレビでいじめのシーンが放送する度に、逆にひどくなっていませんか。何故なら、いじめっ子はそのシーンを見て真似したくなるのです。しかも教師が何も出来ず、親が怒鳴り込んでくる番組も結構放送されていますよね。金八先生なんてまさにそんな番組でしたが、他の番組も似たり寄ったりでしょう。実はテレビは学校内のエログロナンセンスを見せてしまい、パンドラの箱を開けてしまったようなものです。もっと言えば、いじめの仕方を教えているようにも受け取られます。テレビ局は視聴率だけ考えているようですが、その後の影響まで考えていない、全く無責任と言わざるをえません。
今回の番組は、担任がいじめを把握していたようだが、訴えた生徒に対して「仲間を作れ」といった指示だけだった。確かに仲間は出来、いじめをやめようとしたクラスメートがメールで連絡を取り合い(これは今風)団結の印に胸元のポケットにハンカチを少し出して登校することにし、翌日何人かが実行。ただしそこで番組が終わる。実にずるいところで終わってしまった。視聴者はその後が知りたいに。
 私が脚本家なら、いじめっ子のリーダーがいじめをしたら、いじめ反対同盟で取り囲み「やめろ」と一斉コール。それでもだめなら腕ずくでやめさせるね。多少の痛みを伴うが、これしかない。まだまだ甘いよ!NHKさん。
スポンサーサイト

<< 国歌伴奏判決 | ホーム | 義家氏の講演について >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。