プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/24 (Mon) 19:54
本日のニュースより

●また斧で父親を
 まるで先日のニュースのプレイバックを見ているような事件がまた起きた。15歳の中学生が、就寝中の父親を斧で数箇所切りつけた。幸い命に別状はなかったが、数箇所切りつけ、深い傷は20センチ以上に及んだ。理由はわからないが、容易に想像できる。「父親が嫌いだから」「父親が口うるさいから」。おおよそこんな理由だろう。
 これは以前から言ってきたことだが、マスコミがセンセーショナルに報道すると、必ず模倣犯が現れる。特に最近の子どもは、こうしたらどうなるのか、といった論理的思考力が欠如しているため、自分がそうしたいと思ったら容易に行動に移してしまう。この世で最も大切なことが自分の感情であると歪んだ教育の下に育ってきたので、今後もこのような事件は頻発するだろう。一時の感情で人生を棒に振ってしまうようなことを平気でしてしまうような風潮が蔓延している。これも大人の世界の模倣なのだろうか。
 しかしそうばかりも言っていられない。そもそもの原因は、我慢させない、嫌いなことはやらなくてもいい、自主性が大切、などと言ったゆとり教育のひずみがこのざまだ。いい加減、教育行政も気づいてほしいものだ。いじめも同じだよ。いじめたいからいじめているのさ。今のままでは当分なくなりうそうもない。
●また金八先生が始まる…
 これで8回目ですか。よく続きますね。しかし私は歓迎しませんよ。斧で親を切りつける子どもが続いたように、子どもはテレビの影響大ですからね。今までの金八は、まさに「寝た子を起こしてしまった」のです。問題提起とは詭弁で、ただエロクロナンセンスを見せるだけの、極めて悪質な番組であることは、教育現場にいる者ならよくわかるはずだ。「金八先生不要論」なる本が、別冊宝島より出版されたのが、15年位前だったと思う。プロ教師の会が書いた本だ。彼らはその当時から金八先生の番組内容に危惧していたのだろう。私が思い出しただけでも名言こそあれ、危険な発言もいくつかあった。いくつか書き出してみよう。
・「生徒は間違いをするものです。間違いをしたらその都度その都度、何故それが間違いなのかを教えるのが教育です」
→ これは生徒に「間違いをしてもいいんだよ」と言っているようなもので、最近も生徒は、悪さを平気でするようになった。それを止められない教師をバカにし、挑発するようになった。責任重大発言だ。
・「生徒はみかんじゃないんです。人間なんです」「腐ったみかんを放り出すのは教育ではない」
→ これも困った発言だ。悪さをしても平気で学校に居座る生徒が増えた。高校は退学処分がしにくくなった。静かに授業を受けたい生徒の権利まで奪う者は、腐ったみかんと言わざるを得ない。もちろんある程度の指導はするが、それでも言うことを聞かなかったり、いじめを続ける生徒は、学校に来てもらっては困るのではないか。
 こんな感じで、様々な問題発言満載の番組であることは言うまでもない。ここで第1作から、この番組が教育現場に与えた悪影響を羅列してみよう。

第1作:中学生の妊娠、いじめ、対教師暴力などがリアルに放送された。
 その後、町田市忠生中学校でいじめられていた教師が生徒を刺す事件が起きた。また、容易にセックスをするようになり、性に対するモラルが低下した。
第2作:落ちこぼれに対処する教師の姿がリアルに描き出されていた。
 その後、ますます生徒は校内暴力をするようになった。いつでも教師が体ごと受け止めてくれると思っているらしい。
第3作:これは特にテーマはなかったようだ。あえて言えば、父子家庭の悲哀か。
 それ以降、気のせいか、離婚した親に育てられている子どもが増えた気がした。
第4作:いじめをテーマにした。おかげでますますいじめが増えた。
第5作:引きこもり、いじめ、恐喝などがテーマだった。おかげでニート、フリーターが増えた。
第6作:性同一性障害、家庭崩壊など、見るに耐えない内容だ。
第7作:給食費を払わない親、ADHDの生徒など。言うまでもないが、その後、給食費を払わない親が増え、ADHDの子どもも「特別支援教育」の下、普通教室で授業を受けることとなり、ますます学級崩壊が進んでしまった。

 以上のように、金八シリーズはまるでそれ以降の教育現場の混乱を暗示、または率先垂範しているような気さえする。次回の作品は果たして何を訴えるのだろうか。私の予想では、集団によるいじめ、不登校などがテーマだと思うが。間違っても、親を殺すシーンだけはやめてほしいが…。小山内さん、頼むよ、全く。   
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

都市部の小学校教員は、とても倍率が低く、不合格者のほうが少ないぐらいです。それに講師も含めれば、教員希望者全員先生になることができると思います。逆に言えば、それだけ人気がなくなってきており、随時募集しなければ回っていかなくなってきています。企業なら完全ブラックです。
でも、確かにリストラをされ、途方に暮れてしまう方いますよね。教師ならば不適格教師でしょうか。採用するだけ採用して、都合が悪くなると不適格にして、退職勧奨ですか、これこそいじめですよ。何度も書いていますが、大人のいじめがなくならない限り、子供のいじめはなくなりません。

もうすぐ金八先生が始まりますよね。私は裏番組のプロレス(猪木が出ていた)が好きで、2シリーズまでは再放送でしか見たことがありません。
脚本は小山内さんではなく、別の方に代わったはずです。覚せい剤中毒や同一性障害など、現実からかなりかけ離れたテーマが続いていましたから、今回の8シリーズでは、現場の中学の実態に沿ったテーマで話が作られるそうです。だから期待してもいいのでは。もちろんバイオレンスな部分は作らないみたいですよ。

相撲界同様、教育業界は人気はないでしょうね。これだけ教育現場で様々な問題が生じてますから。最近は斧やナタで親や同級生を切りつける事件が多発してますね。そのうち教師を斧で切りつける生徒が現れそうですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。