プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/28 (Wed) 20:26
国歌伴奏判決

 また嫌な季節が来た。卒業式だ。この頃の職員会議は、組合のイデオロギーに染まった組合教師たちの独断場になる。校長が卒業式の式次第を提案すると、待ってましたと言わんばかりに、組合教師たちが「子どもを戦争に送るのか」「思想信条の自由はないのか」「校長は教育委員会の言いなりか」などと毎度おなじみの発言のオンパレード。しかし最近では締め付けが厳しくなり起立しない教師は処分されるようになった。この処分に反対な新聞は朝日だけであり、その他の新聞は概ね判決に賛成の論調だ。私も処分は当然だと思う。思想信条の自由を神聖な卒業式に、しかも父兄や生徒の前で見せるな、ちゅうの。だらしない姿を見せるから生徒が言うことを聞かなくなるんだ。授業中騒ぐのも、服装違反や髪を染めるも「思想信条の自由」になってしまうからだ。そんな簡単なことがわからないほど、組合教師は頭が悪いと言わざるを得ない。くだらないことで職員会議の貴重な時間を費やすなら、生徒の学力増進、規範意識向上のために何をすべきか、そっちを議論しろっちゅうの。
 しかも今回の裁判は、卒業式の際に音楽の教師が伴奏を拒否したということだね。全くアホの極みだね。生徒はどう思ったのだろうか。大人が自分んも仕事を拒否した姿を目の前で見せ付けられたわけだ。しかも自分の恩師が。きっと君が代を聞くたびに嫌な思い出がトラウマののように思い出してしまうだろう。そこまで考えているのか。自分の思想はいいが、生徒や親を巻き込むな!
校長も校長だ。くだらない議論に付き合うのでなく、「これは通達だ。起立して歌わない教師はどんどん処分する」と一喝すれば済むのに、ご丁寧に付き合ってしまうんだな。元組合教師が校長になる場合もあるからね。そんなことなら、教師経験のない指導主事あがりの校長のほうがいいかもしれない。国歌国旗問題で生徒を戦場にいかせるわけがないのにね。そんなことばかり言う教師は、オリンピックで日の丸が掲揚されても感動する資格なし。
スポンサーサイト

<< 大げさすぎる!!!! | ホーム | 「中学生日記」でいじめ問題が >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。