プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/20 (Sat) 11:23
最近のニュースより

●亀田事件
 相変わらず、亀田一家パッシングが続いている。朝青龍の時もそうだ。態度が悪くても実績さえ上げれば多めに見る、のが日本人だ。その代わり、一旦何かしでかせば、鬼の首をとったように一斉にいじめが始まる。節操がないとはこのことだ。沢尻エリカもそうだった。
 欧米では少し違うようだ。いくら実績があっても、マナーが悪ければそれなりに非難される。実績と人間性の両方が要求される。それがキリスト系の国の特徴だ。しかし日本は人間性は後回しで、実績や知名度があればそれでOKのようだ。
 それにしても亀田一家の発言の中の「汚い日本語」には思わず嫌悪感を感じていた方は多いと思う。よくもまあれだけ汚い言葉が次々と続くものだ。やはり父親の影響だろう。大毅はまだ18歳だ。大学1年と同じことになる。まだまだ成熟していない年だ。ゆとり教育や人権教育で何の制約もなしで育ち、父親に「悪行教育」を受け続けた結果、あのような狼少年になってしまったのだろう。
 昔、インドで、狼に育てられた少女が発見されたそうだが、最後まで言葉は話せず、四足歩きのままだったそうだ。それほど人間は幼児期、児童期の育てられ方の影響は大きいのだ。いくら今後のことを考えて更生の機会を与えたとしても、必ずしもうまくいくとは限らない。私がしる限り、更生する生徒はまずいない。喫煙で謹慎になった生徒は必ず何度も捕まり、最後は退学になってしまうことが多い。そんなに人間は変わるものではない。だからこそ、心に訴えるような教育も必要だろうが、処罰によるけじめも必要なのだ。「これだけのことをしたらこんな目に逢う」ことがわかって初めて人間は「反省したふり」をするのだ。今回の亀田一家の謝罪会見を見ても、全く反省などしていない。父親の言葉の中にも「今後はぼちぼちやっていきたいと思うのでよろしくお願いします」などと言っていた。あれは、「今回の件はみんな早く忘れて復帰させろ」と言っているようなものだ。大毅選手は、今まで父親に教わってきてうまくいっていたことがすべて否定され混乱していると思う。しかも、父親が「反則は指示していない」と言ったことをどう思ったのだろうか。父親はうそつきと思うだけだ。大人の汚い部分を見てしまい、人を信用などしなくなるだろう。
●小2が玄関前で殺される
 また痛ましい事件だ。兵庫県加古川市で、小2の少女が玄関先で殺されてしまった。注目すべきは、加古川市は、今では珍しく、地域が団結し、交代で町中を見回る習慣があった。今回も、直後に巡回があったらしい。犯人はそこまで知っていて、あざ笑う愉快犯なのだろう。宇都宮の幼女殺人事件の犯人もまだ捕まっていない。今回は、これだけ地域が連携したにも関わらず起きてしまった。もはや対策なしといったところだろうか。
 私は日本はまだまだ認識が甘いと思う。英国では、かなりの街中にビデオカメラが設置されており、多くの犯罪者が逮捕されている。個人情報、プライバシーは二の次だ。それでいいと思う。そもそもプライバシーなる言葉を乱発する者に限って、見られてはまずいことをしているのだ。そもそもプライバシーは犯罪者を守るために悪用されているだけだ。
 日本はそのことにまだ気づいていない。教室内で金品盗難があったクラスの担任が、掃除用具入れの中に隠れて犯人を捕まえたのに、隠れていたことが問題になってしまう。あげくのはてが「覗き見教師」などと欠かれてしまう。何かおかしくないですか?本末転倒とはこのことだ。
 今回のコメントも、世間は「何故こんなむごいことを…」、マスコミは「世の中の歯車が狂ってきた…」などと毎度同じようなコメントばかり。そんなの防止するのは簡単だよ。監視カメラを至るところに設置し、フリーター、ニート、無職のような者がどこで何をしているのかをすべて管理すればいいのだ。あまりにも個人の自由を尊重しすぎだ。またニートなどは、江戸時代の人足寄場のように一箇所に集めて、強制的に働かせればいいのだ。そのような政策を一切しないから、このようなことをする人間が増えてくるのだ。
 犯人は容易に想像できる。ニートかフリーター、友人、恋人いない、1人住まい、自分のしたことでがマスコミが騒いでいるのを見て悦にいる愉快犯、年齢30前後、比較的近所に住んでいて土地勘あり、高卒、運動部に所属したことなし、昔はいじめられっこ、今は無視されっこ。
スポンサーサイト

<< 最近のニュースより | ホーム | 亀田一家の謝罪会見 >>

コメント

亀田一家の場合、テレビ局がヒーロー的な扱いをして
その様な報道をしていたため、「俺たちはすごい。何しても許される。」と間違った方向へ進んでしまったのではないでしょうか。
これは女性教師も同じです。特に小学校では女性教師天国で、男性教師がバカにされています。なぜなら、女性教師は、セクハラなどの問題が起こりにくく、男性教師に比べると問題が少ないからです。そのため、女性教師は男性教師を見下すようになります。
亀田一家は、反省しているいないかは別として、今回の敗戦が、自分たちの勘違いに気づかせてくれるものになったと思います。しかし、女性教師は、勘違いに気づくようなことがあっても、見て見ぬ振りをし、挙句の果てに退職という伝家の宝刀を出してきます。あえて言えば、女性教師にはいつでも退職できる強みがありますよね。

 愛知はかつては管理教育で有名だったのですが、最近は他府県とあまり変わらないですね。しかし諸悪の根源は石原都政の都立、区立学校でしょう。他府県も東京のまねばかり。石原氏もあと4年任期があるのなら、ジェンダーフリーをなくし、子どもに厳しい躾を実施するような政策を打ち出してほしいものです。ついでに、ゆとり教育、情報教育、奉仕活動もすべてなくしてほしいですね。
 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


学校裏サイトの裏側!女子中高生のわいせつ映像!!

中高生御用達のサイト『学校裏サイト』に投稿された女子中高生のわいせつ映像を厳選して制服フェチがぐぐぐぅぅっっとくる画像のみ集めてみました。


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。