プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/01 (Sat) 19:36
最近のニュースより

●亀田、朝青龍の謝罪会見
 偶然、同じ日に会見か?まあ、さもありなん会見だった。予想通り、問題が大きくなった時に比べ、かなり時間が経ったせいか、元に戻ってしまったようだ。あの世間をなめくさった表情だ。見ていてむかつくし吐き気がする。
 まず朝青龍。来日直前にバーでかなり暴れ、奥さんとも離婚?これでは謹慎の意味がない。そもそも乖離性何とか障害などと言うものは、仮病を隠すための体のいい病名だ。ショックを受ければ誰だって落ち込む。何でも病名をつければ許されるとでも思っているのだろうか。そもそもこのような謝罪会見での言葉はみなほとんど同じ。「多くの皆様にご迷惑をかけて申し訳ございません。またゼロからのスタートです。」
 これでは何が悪く、どう反省しているのかが曖昧だ。核心部分がぼやけてしまう。このような傾向は、今の若者に多い。要するに最も肝心なことを学校で教えられないのだ。あまり厳しいことを言うと本人がショックを受け、登校拒否にでもなったら教師のせいにされてしまう。その際の責任は教師になってしまう。だから今の学校では、核心をついた教育など出来ない。当たり障りのない、形だけの謝罪、いや、今後の決意を言わせるだけの学校が多い。
 亀田大毅は年齢だけだと高校3年と同じだ。今の多くの18歳を見ればわかるが、規範意識、謙虚さ、礼節さのかけらもない。もうすでに顔の表情が、躾の全く出来ていない、野放し状態の狼少年と同じだ。漫才師の横山やすしが、最後はボコボコにされたが、そのくらいの制裁を受けないと、あの腐った根性は直らないだろう。世間も悪い。勝っているうちは「浪速の弁慶」などと祭り上げておきながら、一旦、悪行が公然となると手の平を返したような態度をとる。それはだめでしょう。10代の若者は、していいこと、悪いことを体で教えないと絶対にものにならないよ。
●ラジオ出演したよ!
 平日22時より、TBSラジオ「アクセス」が放送されている。テーマを決めて視聴者の意見を電話でその場で放送してくれるという、実に画期的な番組だ。昨日は、宮崎県知事の東国原氏の発言についてどう思うかがテーマだった。「今の若者は規範意識、集団意識が育っていない。ある年齢になったら徴兵制に出し、親元を離れ、集団行動で鍛えられればいい」と言ったものだから、TBSが飛びついた。徴兵制なる言葉は、絶好の激論の材料になるからだ。
 実は私も東国原氏と全く同じ意見だ。今の日本の教育システムでは、個人種意が跋扈し、体罰が禁止され、少子化による兄弟の少なさ、子どもの躾け方を知らない親、生徒を勉強させなくなってしまったゆとり教育などで、生徒のわがままが野放し状態だ。学校は文科省の言いなり。文科省はマスコミの言いなり。評論家は勝手なことばかり。これだけ少年犯罪が増えているのに、何の対策もなされていない。そんな状況下で、徴兵制必要論を唱える大人が現れても何ら不思議はない。
 そんな考えを電話で訴えたら、案の定、煙にまこうとする評論化が反論してきた。ポイントはこうだ。
 「韓国の徴兵制を見ていると、それが集団意識、規範意識の向上に繋がるとは思えない。身に着けてくるのは人の殺し方を覚え、体力(腕力)が付くことだけだ。あなたは子どもに人の殺し方を教えさせるのか」
 このような平和ボケ主義者はかなり多い。私はさらに反論した。「日本は国防意識が薄い。だから北朝鮮の拉致被害者問題が生じた。今の学校は、国歌国旗問題で愛国心をなくそうとしてきた長年の日教組の弊害がある。、それを取り除くことも必要だ。人を殺すも何も、敵が攻めて来たらどうするんだ?平和ボケしている日本人は、北朝鮮や中国人がせめて来ても何もできないでしょう。国を守る意味でも、徴兵制は必要でしょう。今のクソガキ、バカ親には、最も効果的できしょう」と一気にまくしたてたが、時間切れになってしまった。実はアクセスはよく出演してます。いじめ問題も時々放送してますよ。
スポンサーサイト

<< 最近のニュースより | ホーム | 最近のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。