プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/03/04 (Sun) 13:52
昨日のNHK「いじめどうすればなくせますか」

 またしてもいじめ特集が放送されました。顔ぶれは以前どこかで見たことのあるような…。あまり期待はしていませんでしたが、案の定、教師代表、生徒代表、親代表がそれぞれの立場で勝手なことを言いたい放題。決して相手の立場をわかろうとする姿勢に欠けるだけでなく、NHKはただ参加者に言わせたいだけ言わせ、後は知らん振り。インターネットやファックスでその都度、集計して発表していましたが、とりたてて目ずらしい数字でもありませんでした。ただNHKのアナウンサーは数字に驚いていたようですね。いじめが今後も起きるのか?いじめられる側にも責任があるか?などの質問で数字が高かったことに驚いていましたが、内心は現役教師のほとんどがいじめはなくならないと思っているはずです。なぜかって? いじめを厳しく指導するにも、体罰禁止、教師の評価制度、子どもの人権など、子どもを甘やかすことばかりですよね。マスコミはちょっとした体罰でも大騒ぎしていたくせに、ここ1~2年はいじめを野放しにした教師を処分する、などと言ったその場しのぎの政策ばかりでもううんざりです。学校の特集番組も、一昔前は「セクハラ・体罰教師」がメインでしたが、最近になってようやく「大変な学校の現実」に変わってきて、ようやく教師の大変さが国民にわかってもらえるようになってきました。
 明治大学の諸富教授と、教育アナリストの戸田氏の意見は最後までかみ合わなかったですね。教育現場に携わっている教師は「それでも教師は大多数が真面目に取り組んでいる」と訴え、評論家や一般市民は「本気でやってないからいじめが起きるんだ」と訴える。私は現場教師の立場から言わせていただければ、「自分でいじめに立ち向かっても教師集団につぶされる。校長に止められる。いじめた子を注意したら親が逆切れして文句を言ってくる。今の親は担任を飛び越え、すぐに教育委員会に訴える。体罰は禁止され、子どもの権利条約等で生徒が生意気に狡猾になっている。教師をはめてやめさせる技さえ知っている」と言わせていただきましょう。正義の味方で自分がいじめの渦中に飛び込んだ場合は、クビを覚悟しなければならないのですよ。一般国民の方、評論家の方はどこまでわかっていらっしゃるでしょうか。私立学校はすぐに退学に出来ますから、しかも校長の権限が強いですから、毅然とした処分が出来るのですよ。公立小中は退学処分がないですからね。何をしても退学にはならないことを生徒も親もよーーーく知っています。いくら少年法を下げたところで、実際に運用されるのは殺傷・殺人事件にならないとまず無理でしょう。
 しかし昨日の番組もそうですが、どの教育番組も問題提起で終わってしまうのですよ。こうしたらいじめがなくなった、こうしていじめっ子を撃退した、といったような内容の放送はないですね。それでは金八先生と同じで、問題提起をセンセーショナルに放送して後は知らん顔番組と何ら変わりはないですよ。何度も言いますが、子どもは「こうしてはいけない」ことをテレビで見ると「俺もやってみようかな」と思うのです。いじめ報道がいい例ではないですか。日本人は単純な国民です。自分と言うアイデンティティーがない国民なので、風説に簡単にだまされてしまうのです。韓流スターの追っかけをしているいい年したおばちゃま、吐き気がしますよ。
 そういえば、また金八が再放送されるとかされないとか。今回はどんなセンセーショナルな内容でしょうか。前回が、「給食費を払わない親、民間校長」、その前が「性同一性障害、恐喝、万引き、管理的な校長」、その前が「引きこもり、親を刺した少年」、その前が「いじめ、ニグレクト」、その前が「ツッパリ、非行少年」、その前が「中学生の妊娠」。よく考えて見れば、金八放送後、放送の内容を国民がまねしていませんか? 子どもは何をしても教師が助けてくれ、罰せられることはない。親はいつ学校へ怒鳴り込んでも教師は対応してくれる。校長は教育委員会へ訴えると言えば頭を下げる。金八先生はそんな悪しき実態を全国民に知らしめてしまったのではないでしょうか。単純な親は
金八を見て育った世代なので、盲目的に「あれが学校の実態か」と思い込んでしまい、学校に何でも求めるようになってきたのです。
 4月から「生徒諸君」という番組が放送されるようです。内容は現在の教育の様々な問題を取り上げるようですが、果たしてどうなるか心配です。
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 大げさすぎる!!!! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


国民共済

突然のトラックバック申し訳ありません。井上と申します。国民共済情報サイトを運営しております。宜しくお願い致します。


生徒諸君!

内山理名 テレビドラマ 最新情報


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。