プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/14 (Fri) 22:03
最近ニュースより

●佐世保で猟銃乱射
 さっそく起きましたね。予想通り。今後はもっと増えるでしょう。佐世保のスポーツ会館で、男が猟銃を部差別に乱射。1人死亡。6人負傷。中には子どももいたそうです。このような事件が起きるたびに、評論家は「何故?」と言っていますが、そんななことは私から言わせていただければ、当たり前のことです。これだけ殺伐とした世の中、人のことをいたわらない社会では、世をはかなんで自暴自棄になる人もいるでしょう。猟銃は一般人でも簡単に手に入ります。人を殺したいと思う気持ちは誰にもあるもので、多くの人は理性で抑えていますが、何かをきっかけにプッツンしてしまったり、守るべきものがなくなると人を殺したい願望にかられるでしょう。これはなった人でないとわからないでしょう。自分の命をあやめる自殺という道もありますが、人にうっぷんをはらす人もいることを忘れないでもらいたいですね。もともと人間は人を殺したい本能を持っているのですよ。ヒトラー、スターリン、毛沢東は何人殺しましたか?歴史上名を残す人間は無数の人を殺し、後世に名を残すのに、1人殺しただけで重罪になってしまうのもおかしな話ですよね。と思う人は多いですよ。今後は、いじめられっこが復讐のために昔のいじめっ子を皆殺しにするなんて事件が起きなければいいですが…。
●昨日の金八
 今回は裏サイトを扱っていたが、どうもまたいつものパターンのような気がする。「裏サイトは名前がわからない。顔が見えない。だから何でも書き込める。しかも顔が見えないから、いじめる者がつるんですぐにだれかをいじめる。そんな顔の見えないあなたは私は嫌いです」。一応説得力があるような気もするが、現場はそうはいかない。タバコ、万引き、暴力事件など、世間では犯罪行為でも、学校の中では「教育」の名の元、軽い指導で終わってしまう。
 評論家の池内ひろ美さんを脅迫した書き込みが2chで発見され、講演が中止になってしまい、書き込んだ男が逮捕された。この位の制裁がないと子どもは悪さをやめない。心に訴えるだけの旧態依然の教育は、今のぬるまゆ社会では何の効果もない。アメリカのゼロトレランスを早く導入したほうがいい。都合のいいことだけ欧米の真似をしても、肝心なところが抜けているから日本の教育はだめになってきたのだ。自由、人権、平等などの聞こえの良いイデオロギーがはびこり、体罰、厳しさ、処分などの歯止めになるものがほとんど軽視されている。悪さをした奴はどんどん処分すればいいんだ。
 悪さをした者への処分が甘いのは日本の特徴だ。それが教育に明らかに悪影響を与えている。死刑廃止弁護士のようなおかしな連中が悪党を弁護し、その結果、正義と悪との区別がなくなってきた。子どもはそんな大人を見てどう思うだろうか。麻原、林真須美はとっとと死刑にすべし。
スポンサーサイト

<< 最近のニュースより | ホーム | 最近のニュースより >>

コメント

なまぬるい

日本の刑法はなまぬるいんですよね。
シンガポールでは武器の所持はご法度、
空に向かって発砲しただけで「死刑」という厳しさ。
他に麻薬関連も厳しいですよね。
最高はやはり「死刑」
ヘロインを5グラム以上持っていたら、
死刑確定らしいです。
他にポルノ、未成年の喫煙などなど、
日本では考えられないくらいの厳しさ!
無法者には厳罰を下すという姿勢は
見習うべきだと思います。
社会や学校の中でも、
少しは大掃除が出来るのではないでしょうか?

 ウッデイーさんとは根本の所がよく似ていますね。シンガポールは何度か行きました。あちこちに駐車禁止マークがあるのです。あんな小さな国土に多くの人種が混在しながら秩序が保たれているのは何故でしょう?言うまでもばく種罰が厳しいからですよ。ゆるくしたらどうなるのか、想像に難くありません。人間は共存する上で規律を緩くしたら必ず争いが起きます。それは政府の姿勢次第でしょう。
 マレーシアも厳しいです。かつてマハーティール首相は「日本を見習え」と号令をかけ、国は繁栄しました。が、今では「日本から学ぶものはなくなった」と嘆いていました。街中を少し歩けばわかりますよ。ミニスカート、茶髪、腰履き、顔黒など、見るに耐えないでしょうね。そうそう、かつての秋葉原に感動した彼が、今のオタク文化をどう思うだろうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


子どもと教育 2008年 01月号 [雑誌]

子どもと教育 2008年 01月号 [雑誌]・朱花の記事・ワイルドベリー (H&#8722;magic)・日本の倫理融解(メルトダウン)-心の再生-提言編」・レオ=レオニ「スイミー」に学ぶこと・最近ニュースより・ハイパーメディアクリエイター 高城剛氏・中嶋博行・柄でもない元...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。