プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/12/18 (Tue) 23:30
最近のニュースより

●佐世保銃撃事件
 「馬込容疑者」という表現をマスコミが共通して使用している。動機も徐々に明らかになってきたようだ。どうも射殺された女性に行為を寄せていたことが原因のようだ。では何故もう1人の無二の親友まで殺したのか。親友と好意を寄せて女性が仲良くしている姿でも見て逆上したのだろう。その程度の動機だと思うよ。特に人との関わりを持たず、ニート、フリーター、引きこもりタイプは、自分の頭の中で勝手にストーリーを作り上げ、良からぬ方向に思いを巡らし。憎しみが復讐の鬼と化すのもわかるような気がするよ。
 そんなことより今回の事件の問題の根本は何なのか。マスコミは「何故このような問題のある犯人に銃の所持を許可したのか」などとぬかしているが、そうさせてきたのはマスコミだろうが。やたらと差別、人権なる言葉を乱発し、本当に気をつけなければいけない人間に対しても平等に扱えとぬかしてきたではないか。例えば外人労働者。全員ではないが、中国人の窃盗者多いのはご存知だろう。あまりに規制緩和、平等主義をはびこらせた結果ではないか。教育現場でもそうだ。「自立支援教育」のように、障害のある子どもを普通教室で受けさせろなんて無理だよ。ADHDの子は教室で暴れ周り、学級崩壊の原因になっている。他の生徒や担任もそのような生徒や親にひっかきまわされる。そんな子どもは、隔離して教育するしかない。男女雇用機会均等法もおかしな方向に向いている。力のない、仕事もろくに出来ない女性が、名ばかりのジェンダーフリー、セクハラ言葉を連発すれば、男が何も出来なくなくなることをいいことにずうずうしく職場でのさばるようになった。生徒も「体罰禁止」「子どもの権利条約」の下、教師が強く言えなくなってきたことをいいことに好き勝手し放題だ。いじめがはびこるのも、根本はこのような無意味な人権思想をはびこらせてきたマスコミの影響だ。それでいて、今更、「教育現場が大変」「モンスターペアレントの出現」「疲弊する教師たち」などと番組で取り上げているが、すべてお前らが撒いた種だろうが。アホちゃうか!
 馬込競技者が、近所で不振な行動をとっていることを警察に訴えた住民がいたそうだが、警察は「そんなことでは許可を取り消せない」と言ったそうだ。それが今の日本の現実だろう。下手に警察が真に住民の訴えを真に受けて銃の許可を取り下げたらどうなるか。今の日本は裁判でもしたら必ず権利を主張したほうが勝ってしまう。悪さをしそうな者でも、確固たる証拠がないと甘い判決になってしまう。馬込容疑者が銃の許可を取り消されたら、マスコミはおもしろがって書きたてるだろう。「「警察の横暴」「国家権力が一市民の権利を奮う」など、予想は出来る。だから警察も腰が重いのだろう。事件が起きないとほとんど動かない。今まで警察がストーカー事件で動かなかったのもうなずける。では警察が悪いのか?そうではないだろう。警察の検挙率を下げたのは誰か?教師の権威を失墜させてきたのは誰だ?朝日新聞を中心としたマスコミ報道だろうが!
 そう言えば、卒業式、入学式の国歌国旗問題でも、朝日新聞だけ論調が異なっている。他社いい加減、日教組の非常識な国歌国旗運動に辟易した姿勢であるが、相変わらず朝日新聞だけは、「思想信条の自由」「生徒を戦場に送るな」などと時代後れな内容ばかりだ。思想信条の自由は、子どもには不要だ。だから校則を守らない生徒が増えたのだろうが。戦場に送るな、などと言っていたら、北朝鮮や中国が責めてきたらどうするんだ?指を咥えて見ているのか?これだから、いつまでたっても拉致被害者を救出出来ず、北朝鮮にあしらわれているyんだろうが。人間には闘争本能があるんだ。最後は力と力だ。いつまでも戦後の負け犬根性でいたら国際社会から取り残されるだけだ。いじめが解決しないのはすべてこのあたりが原因だ。間違いない。
●子どもに甘い判決
 同じ日の新聞に、偶然、少年事件の記事が出ていた。1件目は、東京の板橋で、両親を殺害後、家を爆弾でぶっ飛ばした高校生のことだ。東京地裁の判決は「これ以上ない凶悪事件」とし、懲役14年を求刑したが、高裁では「少年の反省は強まった」として12年に減刑を言い渡した。少年の判決はこのように厳しくなることはほとんどなく、今回のようにすぐに甘くなってしまう。そもそも何日も拘置所にいれば、反省するだろう。そんなことは当たり前ではないか。誰だってあんな環境なら、元気もなくし、しょぼくれてしまい、反省したように見えるのだろう。いや、その時は実際反省しているのだと思う。だからと言ってすぐに減刑するのはどうだろうか。父親に虐待を受けたということが犯行の理由だが、そんなことなら私だって随分虐待は受けた。多くの子どもはそれを我慢するか、父親の期待に沿うように努力する。その生徒には悪いが、都内の工業高校で成績もそれほど良くなかったようだ。もっとも幼い頃から勉強する環境になく、それでいて親から「もっと勉強しろ」「お前はバカだ」などと毎日言われていたらそりゃ殺意も湧くだろう。私だって今だに親を殺したい気持ちはあるからそれはわかる。が、実行するかどうかは全く別問題だ。親の行為が嫌なら、親を見返すようにするか、家出するか、学校に相談するか考えればいい。最も学校に相談しても、多くの教師が「それは家庭の問題だ」と言って逃げてしまうだろう。結局その生徒は犯行に及ぶしかなかったのだろう。しかし簡単に懲役年数を減らすな!と言いたい。
 もう1件は、大阪の路上で、大阪地方裁判所所長が若者グループに襲われ、腰の骨が折られえ、現金6万円を奪われた事件だ。せっかく犯人が捕まり少年院送りとなったのに、高裁が証拠不十分jとして取り消しを求め、家裁で無罪が決定した。5人が逮捕されたが、2人
無罪を主張したと思ったら、最近は全員が無罪を主張しているとか。供述が曖昧で不合理な面が多いからだとか。今の日本はすぐにこれだ、冤罪があると大騒ぎするあまり、本当の犯人を何人取り逃しているのだろうか。これだから検挙率がさがるはずだ。しかも自供しなければ事件として立憲できないことを最近おクゾガキの多くは知っているから、ほとんど口を割らない。しかし肝心なことを忘れてはいないだろうか。被害者は腰の骨を折られているんだ。一昔前に有名になった「オヤジ狩り」だ。こんなことをする若者こそ、猟銃で撃ち殺してやればいいんだ。こんな人間のクズに何故甘い判決を出すのだろうか。こんな奴らをのさばらせていたら、日本はニューヨークのハーレム以下だ。疑わしきは罰す。証拠至上主義はやめたほうがいい。本人が自供しなくても状況証拠で十分。その位徹底しないと、世の中、犯罪者だらけになってしまうぞ。
スポンサーサイト

<< 最近のニュースより | ホーム | 最近のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


?餬??Τ

餫????Ż?????????Τ?Ż??Į????Ĺ?????å??????δ??????ä...


 BLOG TOP