プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/13 (Sun) 19:10
止まらない殺人願望

●殺人願望はパンドラの箱
 土浦、岡山の若者による無差別殺人が続く中、愛知の常滑でも、ナイフを持ち歩いていた10代の少年が、親の通報で警察に逮捕された。少年は「老人がむかついたのでむしゃくしゃしていた」と自供していた。幸い、未然に防いだからいいものの、最近の若者は親が思っているほど常識がない。まさか自分の子供が…、自分の子に限って…という甘い考えは捨てたほうがいい。逆に、子供は悪さをするものだ、自分の子供もその可能性がある…と思ったほうがいい。
 平成になってからのゆとり教育のせいで、子供は好きなことだけやればいい、嫌なことはやらなくてもいい、嫌いな教師の言うことはきかなくてもいい、教師は体罰禁止なのlで何をしてもいい…概ねこのような考えになっているようだ。そんな子供が物心ついたころにどうなっているだろうか。悪さをして注意されても反省せず、相手に敵意を向ける。更には、教師や親が何でもしてくれるため、自分の生き方がわからない。進学コース、エリートコースに乗った若者はともかく、親が放任と自主性のはきちがえから子供をほったらかす場合が多い。子供が言うことを聞かなくなると、ネグレクト、いわゆる無視をするのだ。そんな親に育てられた、いや、親と同居し、引きこもりになってしまった若者は後を絶たない。忘れないでほしい。人間は太陽光線の摂取量が少ないと、ビタミンD不足になり、情緒不安定になる。引きこもっていると外界から遮断されてしまうので、ますます自分の殻に閉じこもる。それだけならともかく、やがて自分の置かれている立場がわかってくると自分が惨めになり、他人に対して殺意を感じたり、自殺願望が強くなってくる。今回の事件も同様だ。引きこもりなんてろくな結果にしかならない。本来、子供が学校へ行きたくないと言っても、親や担任は首に縄でもつけて引っ張っていかなければならない。多少の嫌なことには我慢しなければ、今後社会でやっていけるわけがない。
 問題はいじめだ。いじめで登校拒否になるのはどうだろうか。多少のいじめなら我慢せずに戦うべきだろう。自殺を考える前に、教師や親にすべてを話し、最後はいじめっことタイマンをはればいいと思うが…。
●チューリップ千本切られる
 人間は自分が恵まれていないと思うと、きれいなものに当たる習性がある。今回の事件もそうだ。かつては猫や犬が被害に合ったこともある。要するにそんな気分になってしまうのが今の日本の現状だ。いや、国のせいばかりではない。親に異常な期待をかけられたり、学校で理不尽な目にあったりし、むしゃくしゃした気持ちを自分で処理できない者は、自分より弱いもの、きれいなものを破壊したい気持ちになる。そんな珍しいことではない。受験教育でおかしくなった右脳を持った若者、エリート路線から外れた年配の大人などは、破壊的な行動に出る。そんなことは当たり前であるが、心理学ではまだ発表されていない。この際、平成心理学白書でも書こうかな。
●呆れたブッシュ発言
 ブッシュにはつくづく呆れる。つい先日も、「イラク問題は平和を守るために撤退すべきではない」とぬかしたばかりだ。アメリカはベトナム戦争と同じことをしている。しかしイラク問題は全く大義名分がない。こうなったら意地でイラクから撤兵するつもりはないようだ。また共和党の時期候補のマケイン氏も同様なことを言っている。内心はともかく、党に所属していればその党の方針を曲げてはいけないということか。しかしどう考えてもイラク派兵は失敗といわざるを得ない。一体この無意味な戦争で何人死んだのだろうか。アメリカ兵3千人、イラク人8万人と言われているが…。人命を何と考えているのだろうか。
 ベトナム戦争はイデオロギーの問題だった。資本主義か社会主義かが争点になっていた冷戦時代の不幸な戦争だ。そもそもどちらでもいいではないか。人の命を奮ってまでムキになって争うような問題だろうか。昭和58年の大韓航空機撃墜事件は愚の骨頂だ。人間はここまで愚かな生き物だろうか。そもそも共産主義、社会主義など存続が無理な体制だ。人間には「欲」がある。それを無視したら人間性否定だ。かつての共産国は間違いなく大量虐殺をしてきた。体制に従わないものは抹殺だ。一部の幹部連中に体よく金が入る仕組みになっているにすぎない、ただの独裁と変わらない。ヒトラー、スターリン、毛沢東、ポルポトは一体何人殺したのだろうか。
 イラク戦争の本音は石油の利権だろう。イラクは世界でも有数の産油国だ。さらにブッシュの父親も湾岸戦争でイラクと闘っている。親子揃ってフセイン潰しが念願だったのだろう。フセインを処刑してしまった。人の命は何なんだろう。「私は貝になりたい」の世界だ。
 そんなブッシュが、北京五輪の聖火問題で、中国とチベットの対話を訴えているようだ。そんなこと言えた義理だろうか。てめえの国のイラク問題の処理も出来ないくせにアホちゃうか?所詮、世界は強者と弱者。いじめが蔓延している。日本はアメリカの完全な舎弟状態。善悪の区別もなく言いなりだ。米軍による事件は後を絶たない。当たり前だ。日本は属国扱いだ。ペリーが浦賀に来て以来、日米関係は何ら変わっていない。
スポンサーサイト

<< 「七人の女弁護士」でいじめ自殺がテーマに | ホーム | 深刻なねじれ国会 >>

コメント

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターとは、旅行会社が企画・主催する団体旅行(パッケージツアー)に同行して、旅行が快適に予定通り進行するよう、旅行者を案内、世話する添乗員の資格 http://darnel.markjacobsesq.com/

フェレット

フェレットを探すなら http://www.kadohan.com/101213/204179/

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。