プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/26 (Sat) 21:17
「七人の女弁護士」でいじめ自殺がテーマに

●「七人の女弁護士」でいじめによる自殺がテーマに
 釈由美子の何ともくさい台詞、「逃げる道はありませんよ」「残された答えは一つです」が面白いので毎週見ていますが、今回は見過ごせない内容です。以前、テレビ朝日には何度か学校の現状を訴えてきたので、中には私が話した内容が含まれていたような気もしますが…。
 それはともかく、今の学校のいじめに関する問題点がすべて網羅されている内容でした。事実を隠蔽することしか考えていない校長、その校長に従おうとする気持ちと正義感の板ばさみで退職し殺されてしまった担任、いじめで自殺した子どもの母親が何度学校に問い合わせても曖昧な態度しかとらない学校側、いじめっこの将来を考えるといじめっ子をかばってしまう学校側、今の学校で起きるいじめの構図が実に見事に含まれていました。
 そもそもいじめを何故学校が隠蔽するのか、いじめに対して厳しく出来ないのか、学校関係者以外の方は不思議に思われるかもしれませんが、簡単なことです。私もいじめに対して果敢に取り組んだ結果、同僚や管理職からは白い目で見られ、いじめっ子の親からはM教師扱いですよ。これでは教師は保身に走るしかないでしょう。私のクラスで、1人がいじめに逢い、いじめた首謀者を徹底的に糾弾しました。その4人の中の1人だけは、いじめっ子グループに仕方なく入った生徒で、その後の特別指導等で耐えられなくなり、登校拒否になってしまい、退学してしまいました。そのことを同じ学年の女主任が心よく思わず、私がその生徒への配慮が足りなかったことなどを校長にちょくちょく報告に行っていたようですね。おまけに私の悪口をあちこちで言いふらし、おかげで私はM教師扱いです。このようにいじめが起きると、ただ単に生徒の問題だけでなく、教師間でも微妙な関係が崩れることもあるのです。もっとも学年主任が人間が出来ている教師ならいいのですが、私の学年主任は年配のおばさん教師で、何かと言えば「生徒の人権」「セクハラ反対」などと薄っぺらな正義感を振りかざす、薄っぺらな人格者でした。元々主任は学年をまとめ、ことなった主義主張の教師をたばねる能力がある教師でなければならないのに、この主任は自分の甘さを隠そうとするあまり、他の教師の悪口ばかりを管理職にチクリに行くのです。こんな教師が主任ですから、その学年はガタガタです。最も許せないのは、その主任のクラスの生徒が1年の後半から学校に出てこなくなり退学しました。その後、卒業式に来賓で子どもを連れてやってきました。おそらく1年の時、妊娠してしまい、担任は体裁のため学校をやめさせたのでしょう。一次が万事で、この教師は自分のクラスの生徒が卒業できそうでないとわかった時も、校長に頼み込んで、卒業を認めさせたのです、普段は校長の喜びそうなことばかりしていたので、校長もこの女主任の言いなりだったのです。個人的ことですが、このような教師や校長がいるから、理不尽なことばかりが起きるのでしょう。正義も何もあったものではありません。
●雅子様、東国原知事ををいじめるな!
 雅子様パッシングをする記事が多い。そのお子さんの愛子様が「あまり笑わない、あまり話さない」と揶揄する記事も多い。しかしこんなの余計なお世話もいいところだ。そもそも民間人が皇室に入れば、まともな神経ならおかしくなるだろうよ。美智子様もそうだったよ。嫁いでからというもの、顔つきが変わってしまった。大切なレセプションの前に手袋を隠されたり、イヤミを言われ続けたり…。雅子様も同様だろう。皇太子が「雅子の人格を否定するような発言があった…」と発言したのもわかるよ。
 愛子様が笑わないって。母親が毎日苦しんでいる姿を見ていれば、まともな神経なら笑っていられるかっていうんだよ。そもそも子どもだから笑わなければいけないのか?子どもなら話さなければいけないのか?それは大人の勝手な理想論で、子どもにとってはいい迷惑だよ。子どもってのはなあ、大人がおかしなことをすれば正直に顔に出るんだよ。それを無理に笑ったらそれこそ病気になってしまうよ。私も子どもの頃あまり笑わずしゃべらなかったようだ。何となく覚えているが、笑ったり話したりするのが面倒くさかったのだろう。それを親は「この子は病気かしら」「弟のほうが好きだ」などと子どもが木津着くようなことを平気で言うのです。そんな親に言われたことは、子どもはトラウマになりその後の人生に多大な影響を与えることを、うちの親のような子どものことを全くわからない親は平気で言うのです。それこそ子どもは親に憎しみを抱き、やがて親を殺してしまう子どもが増えているのもわかる気がしますよ。
 東国原氏が愛人に手切れ金?いいじゃないの。彼は独身だよ。誰と付き合おうが勝手でしょ。それこそ今回は女のほうが本気になってしまったんじゃいの?女のほうが結婚を迫ったとか。女って最初は遊び程度でも本気になってしまうんだよね。男が別れ話を出せば今度は脅しにかかる。男の立場、人格、今まで培ってきたものをすべてぶち壊すようなことを平気でする。今回のことだって、どうせ女のほうがマスコミにたれこんだんじゃないのか?全く勝手だよな。女は元々男を立てるものだろうが。おしんの心を忘れた女性が急増中だよ。今の日本は。
スポンサーサイト

<< 呆れた聖火騒動 | ホーム | 止まらない殺人願望 >>

コメント

インターネットエクスプローラー

インターネットエクスプローラーの検索サイト。インターネットエクスプローラー6、ダウンロード、バージョンアップ、マイクロソフト、MACなどインターネットエクスプローラーに関する各種情報をお届けしています。 http://dapper.portocallrestaurant.com/

住宅


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。