プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/04/27 (Sun) 12:31
呆れた聖火騒動

●呆れた聖火騒動
 何ともおかしなことになったものだ。日本はどうかと思ったが、やはり乱入する者が現れた。欽ちゃん、卓球の福原の走行中、一歩間違えれば危なかった。まあ、あれだけ多くの護衛があったからこそあれで済んだという説もあるが。1998年の聖火リレーは全く予想にもしなかったことだ。みんなニコニコしていた。
 そもそも今回の原因は何だ?簡単なことだ。チベットが清朝から独立したのが100年前。その後、毛沢東の中国共産党に武力で接収され、再び自治区に。日韓の関係を見るまでもなく、一度併合された人民の感情は計り知れない。特に中国は共産国だ。人の命など何とも思っていない。天安門事件を見るまでもなく、毛沢東も何千万殺した。長い歴史を見ても殺戮の繰り返しだ。儒教国家でありながら、人の命を何とも思わない。今回のチベット問題もそうだ。おそらく何人も殺したことだろう。そんな国が最近の経済発達と共に国際力をつけてきた。しかし本質的なことは何も変わっていない。そんな中国という大国に長年「いじめ」られてきたチベット国民の今回の暴動は自然なことかもしれない。あんないじめっこの国が平和の祭典のオリンピックを主催?そりゃ内心おもしろくないだろう。
 今回の聖火問題は、元を正せば、国同士のいじめが問題なのだろう。オリンピックと政治は無縁?そんな簡単な問題ではない。例えば北朝鮮がオリンピックをすることになったら、拉致被害者はどう思うだろうか。
スポンサーサイト

<< 続発する硫化水素自殺 | ホーム | 「七人の女弁護士」でいじめ自殺がテーマに >>

コメント

ブランドと30代,40代の転職

ブランドとは、元は「焼き印」という意味 http://kalashnikov4.misterblackband.com/

ダイエット・健康・介護

ダイエット・健康・介護を探すなら http://www.karakustr.com/100938/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP