プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/03/12 (Mon) 20:00

● 本日の「NHK中学生日記」より
いじめはどうすればなくなるか。興味あるアンケート結果が出た。「いじめる生徒の意識を変える」最もが多かった。ではどうやって? その方法は「大人の力を借りる」が最も多かった。これでは解決になるはずもない。
 大人に言えない、大人は忙しくしている、大人に心配かけたくない、大人に恥をさらしたくない。このようないじめっ子の気持ちをどうするかが問題だ。いじめが起きるのは、休み時間、放課後が多い。ほとんどの教師は職員室にいる。親も共稼ぎが多い家庭では相談する機会すらない。しかも最近はチェーンメールで一斉にメール攻撃が始まる。大人の見えないところでいくらでもいじめは起きる。
 ではどうすればなくなるのか。「こいつをいじめるとひどい目に遭う」思わせるしかない。ボーとして反抗しないからいじめは継続する。「切れる」という言葉がある。「怒って相手に暴言を吐く」とでも言いましょうか。いじめられたら自分をかなぐり捨てて「切れる」練習をしましょう。金八PART2に出てきた加藤は小柄でも切れると怖そうでしたからね。いじめには遭いません。しかし彼も昔はいじめられていたのでしょう。私のいじめられていた教え子でも、「切れ方」の練習をしたら逆にみんなに怖がられるようになってしまいました。結構、体が小さいほうが切れると怖いですよ。
 チェーンメールでいじめが来たら、担任の授業中にでもいきなり手をあげて「先生、昨日僕はチェーンメールでいじめを受けました。ここに証拠のメールがあります」とでも言って見せればいいでしょう。何ならプリントアウトして差出人の机の上にでも置いておけば効果ありですよ。目には目です!!!
スポンサーサイト

<< 見本を示せない大人 | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP