プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/05/07 (Wed) 00:40
国家体制と国民

●国家体制と国民
 国家がその国民のことをどう思っているか。それはひとえに首相、政治体制につきる。つい先日、ミャンマーでサイクロンにより2万人以上の死者が出た。アメリカが事前に警告していたにもかかわらずだ。軍事国家はメンツばかり気にするから、第三者の善意を無にする。今回もアメリカだけ援助を断ってしまった。もっともアメリカもハリケーンカトリーナの被災地区であるニューオリンズが黒人貧民地区のせいもあって、ブッシュはあまり援助に本腰を入れなかった。堤防も粗末なもので、とてもハリケーンに耐えられるものではなかった。被災後、私はニューオリンズに行ったが、被災地区はそのまま手付かず状態。海岸まで行ったが、堤防もなければ何の対策もされていない。むき出しの民家が水浸し後に放置されて野放し状態。あれではひとたまりもなかっただろう。今では市内のバスツアーにも被災地区は組み込まれている。見世物ではないだろうと言いたくもなるが。それにひきかえ、フレンチクオーターはジャズ発祥の場所として有名だが、すぐに復興した。世界中から観光客で溢れかえる地区なので国家もすぐに復興させたかったのだろう。可愛そうなのはほったらかしにされた本当の被災者たちだろう。
 ハリケーンやサイクロンの被害は日本の台風と比べ物にはならない。死者は数万人にも及ぶこちおもある。日本の台風の死者はせいぜい数人だ。平成3年のバングラデシュのサイクロンの被災地区に行ったことがある。海抜ゼロメートルの地形もさることながら、情報伝達の設備が不十分なこともあいまって避難するのが遅れたようだ。農業国家だけあって国土のほとんどが田園だ。そこが水浸し。あちこちで死体がゴミのように出て来る。それを穴に埋めて集団墓地にするしかない。日本も空襲で亡くなった人の遺体は同様に埋葬したことを思い出した。怖いのは集団感染だ。トイレの汚水も何もかもが水になって人の腰まで浸かる。病原菌があちこちで跋扈しているのだ。日本を出国する時も、コレラ、腸チフス、黄熱病の予防接種はあるが、赤痢の予防接種はない。免疫のない日本人が現地で水や氷を飲んだら一発で感染し、帰国後は数週間隔離だ。それほど衛生上危険な地域なのだ。子どもが5歳以下で死亡する割合も高い。そのような国に限って自然災害が起きるのは神のいたずらだろうか。
 平成3年にはフィリピンのピナツボ火山が噴火した。20世紀最大の噴火と言われるだけあって、その被害はすさまじかった。何せアメリカのスービック、クラーク基地が火山灰で機能しなくなり、アメリカ軍が撤退してしまったのだから。そこへも私はボランティアで行ってきたが、あたり一面セメント工場のようだった。土石流で出来た川が火山灰で埋もれた台地の間を流れていたが、それが何故かきれいに見えた。しかし被災者はみな笑顔が耐えなかった。火山岩を加工してお土産にし、看板には日本語で「bonsai」と書かれてあった。私はそこの仮設住宅の中の小学校で英語を教えてきた。みんな目を輝かせ、暗さなどみじんもない。しかも簡単に外部の人間を授業に参加させる「開かれた学校」には少々驚いたが。ここでは軍部出身のラモス大統領がフィリピンではまともな大統領だったので、火山の被災地区の復興だけでなく、マニラ市内の悪名高きゴミ捨山の「スモーキーマウンテン」も撤去してしまった。しかしその後のエストラーダがひどかった。もっともフィリピンの発展を遅らせたのは、昭和40年から60年まで独裁を続け、私服を肥やしてきたマルコスとその婦人であるイメルダの影響が強すぎた。彼らはODAなどの援助をすべてふところに入れ、国家のインフラなどには全くと言っていいほど手を加えなかった。しかも政敵のアキノ氏を空港で射殺するなど悪の限りをつくしてきた。さすがに昭和61年の革命で祖国を追われることとなった。しかし現在のラヨロ氏は女性でありながらマルコスとほとんど同じような感じだ。この国にまともな政治指導者は生まれそうもない。
 では日本はどうか。最近では、民主党と自民党で勉強会と称して解散総選挙後の再編成を画策しているようだ。どこに目が向いているかと言えば、自分たちの保身ばかりで国民に向いていない。国民に目が向いていない政治など何の意味もなさない。子どもには「自分のことしか考えていない」としか映らない。だからいじめが起きるんだ。
スポンサーサイト

<< 京都舞鶴の女子高生殺害事件 | ホーム | 日中関係は… >>

コメント

エマ・ワトソン(ハーマイオニー) けしからんパンツから具が丸見えに!

パンチラ事件はパーティの終わりに起こった。ほろ酔い状態のまま車に乗り込もうとしたエマ・ワトソン。黒いミニのノースリーブドレスを着たエマが車に乗り込む瞬間のスカートの中を、パパラッチ。

エマは下着を履いていたが、黒い縞模様のシースルーパンティからは・・・

税理士法人

税理士法人とは、税理士同士が共同して設立する事務所のこと http://funny.wglorenzetti.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP