プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/05/11 (Sun) 18:08
死を宣告されたら…

●死を宣告されたら…
 「あなたの命は余命…」と言われたらどうするだろうか。かつて自分がエイズにかかったとわかったら複数の女性にうつしたとんでもない奴がいた。残された人生をどう過ごすか…。私もそんな年齢になってしまったか。そのことをテーマにした、死を宣告された老人の残された人生を明るく生きようとする映画が封切になった。今までやれなかったことを思う存分楽しむというものだ。スカイダイビングにドライブetc.ま、それもありかと思うが、日本国内では余命数ヶ月を宣告された渡辺さんという方が、自分の余命を学校訪問し、生きることの大切さを訴える活動を続けていた。先日亡くなったが、その中で印象的なことばがある。「いじめで自殺するくらいの、そんな軽い命なら私に下さい」。これはこたえましたね。いじめくらいで自殺するな!本当は私もそう言いたいのですが、それはあくまで今まで精一杯生きてきて、家庭も仕事も友人関係も上手くいってきた人の言葉だろう。今、いじめで困っている人にはどのようにこの言葉が響くだろうか。生き延びても明るい未来が望めない人が山ほどいる。渡辺さんは個人でクリーニング店を経営してきた。家族もいる。では会社員で50前後でリストラされた人に生きる希望などあるだろうか。いじめでクラス全員が敵の子どもに明日があるだろうか。それでも生きろと言うのなら、生きる方法を教えてあげればいいのだが、そのようなシステムはなかなか存在しない。「親や兄弟が心配するから…」も今では拘束力があまりない。関係が薄ければ、親が何も出来なければどうしようもない。
スポンサーサイト

<< 出会いカフェ | ホーム | イエメンで日本人観光客誘拐 >>

コメント

資本コストと30代,40代の転職

資本コストとは、企業が調達した借入金や資本金などの資本全体にかかる資本調達費用のことをいう http://pageant.photobycolin.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP