プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/05/17 (Sat) 20:17
今度は鳩が被害に

●今度は鳩が被害に
 人間、心が荒むと弱い物や綺麗なものを破壊したくなるものだ。つい最近まで、チューリップ被害が相次いだ。植物ならまだしも、つい先日は白鳥の首がへし折られ、今度は36羽の鳩の羽が切り落とされた。面白いことに、東京近郊の埼玉で事件が多いのは何故だろうか。サツキの花が切り取られたのも川口市だ。私も近所の池でアヒルに石を投げたことがある。むしゃくしゃしていると、平和そうにしている物への嫉妬心が心を支配するのだ。残念だが、日本には弱い物をいたわる気持ちが育ちにくい。何故だかは明白だ。日常の子どもの会話を聞いていると、あまりにも友人に対して辛らつな言葉を吐く。冗談では通用しないような言葉も平気だ。それは親や教師も同様だ。人の心なんかどうでもいいような、それは今の日本の現状だろう。
 白鳥の首を折ったのは中学生だ。躾のできていない、ゆとり教育で育った子どもの結末がこれだ。鳩の羽根を切り落としたのも似たようなクソガキの仕業だろう。考えてみたら、母親の首を切り落としたり、全く面識のない人をホームに突き落とす中高生もいたっけね。その父親はマスコミによく登場し、懺悔の気持ちを表しているが、私が思うに子どもにかまいすぎだよ。親がいつまでも子ども扱いすると、子どもは友人にバカにされ、おかしなことをし始めるのさ。私がそうだったからよくわかるよ。親の子離れが出来ないのは、子どもに深刻な悪影響を与えるのさ。大人しい子どもに限って、内に秘める悶々とした気持ちは大きいのだよ。
 
スポンサーサイト

<< 角界の暴力行為について | ホーム | 金で買えないものはない? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP