プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/08 (Sun) 00:18
土曜日の電車の風景

●土曜日の電車の風景
 土曜日の電車は実にすがすがしい。それほど混んでいないのも理由の一つだが、きちんとした身なりの高校生、特に女子高生が多いからだ。靴下の色が白いのも理由の一つだ。車内でも本を読んだり問題集を解いたりしている。土曜日に授業のある私立高校だとすぐにわかる。
 それに対して公立高校の生徒はどうだろうか。一部の部活動の練習試合に行くだろう生徒を除いたらまずお目にかからない。平日の服装は実に見るに耐えない。極端なミニスカート、紺のハイソックス、胸元を開けたシャツ、中途半端なセーター、化粧や髪型は見るに耐えない。車内では携帯やゲームをいじり、コンビニの前でたむろう。車内で化粧や飲食を平気でする。およそ勉強している姿はない。
 単純にどれほど私立と公立で差がつくだろうか。土曜日に4時間授業が月4日、年間にすると100時間以上の差がつく。更に夏期講習、午後の補習等を含むと、途方もない差になる。都立高校の一部も私立の真似をし始め、土曜補習、午後補習を始めたようだ。しかし服装が気に入らない。やはり公立高校の服装なのだ。たかが服装だろうが、一時が万事で、やはり学力にも結びつく。永田町の朝の風景はそこのところが如実だ。私立山脇学園はそこそこの私立だが服装はしっかりしている。それに引き換え、都立日比谷高校は進学重点高校だが、服装がいまいちだ。やはり都立は昔から自由な雰囲気の元でやってきているから、強制させることが苦手なのだろう。東大合格者上位高校を見てもわかるように、神奈川の浅野高校、東京千葉の渋谷学園幕張高校など、新興の私立高校はすぐに結果を出す。何が受験に重要かがわかっているからだ。
スポンサーサイト

<< 秋葉原で通り魔事件にニアミス | ホーム | 公務員いじめの数々 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。