プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/06/29 (Sun) 19:26
産地・賞味期限偽装は正義か悪か?

●産地・賞味期限偽装は正義か悪か?
 飛騨牛の後は中国産鰻を一色産鰻と偽造ですか。シャブシャブ食い放題の肉も客の食べ残しを回していたとか。少し前は、吉兆、ミートホープ、不二家など。ここまで来ると、偽造していない所が珍しいと思ってしまうほどですな。もっとも多少の賞味期限を過ぎた物を食べたところで人間の胃はそんな弱いものではない。ある意味、日本人が過敏すぎる。吉兆の女将が言っていたが、食べ残しでなく手をつけていないものを回したと言っていたが、全くその通りですな。あまりにも過敏すぎる。シャブシャブの食い放題でも、徐々に肉の質が悪くなっていくことは常識だ。そうでもしないと利益があがるものではない。かつて焼肉の食い放題の店が、体育会系の大学生に席巻され、つぶれていったことがある。多少の偽造はいいと思うがね。
 問題はそんなことではない。内部告発が相次ぐ昨今の会社内の社長の求心力のなさだ。内部告発は正義かもしれないが、果たしてそれがベストなのだろうか。一旦マスコミで叩かれた食品会社はまず再起不能だ。伊勢丹や高島屋の中に吉兆が入っているが、ほとんど客が入っていない。不二家も同様だ。口にする物を扱う会社は信用第一だから、ほとど廃業と同じだ。ならば残された従業員はどうなるだろうか。中には一家の大黒柱もいる。この先どうしろと言うのだろうか。
 最近思うのだが、何でも正直に言うことが良いことかと思うことがある。陸上で金メダルを何個も獲得したマリオンジョーンズは正直に薬物使用を認めたために有罪になってしまった。牢屋に入ったようだ。それに引き換え、野球のバリーボンズなどは疑惑を否定し、何事もなかったかのように試合に出ている。今の世の中、認めてしまったらその場で人生が終わってしまうことが多い。正直に言ったから許す、のでなく「自供した」と受け取られ、それこそ司法の思うままだ。
 学校でもそうだ。高校では特別指導3度で自主退学を勧める。主に喫煙で前科がつくものが多いが、その喫煙だって本人が認めなければ処分は出来ない。退学も自主退学なら本人が拒否すれば退学できない。何でも教師の言うとおり、正直に話し退学してしまったら本人の将来はほぼ壊滅だ。おそらく定時制にいくかプータロウーになるか。すくなくとも私が見てきた中途退学者は悲惨なその後だ。ならば嘘を突き通すのも「生きる力」かもしれない。かつてアメリカのアメフトのスーパースターが元妻とその交際相手を殺害したとして逮捕されたが、裁判で無罪になってしまった。最後まで彼は無実を主張して無罪を勝ち取った。三浦和義氏もそうだ。自分の人生は自分で守れということだろう。最後は親も教師も欺く必要があるのだろうか。 

スポンサーサイト

<< 大げさなG8都内警備 | ホーム | 鳩山法務大臣を死神扱いした朝日新聞のアホさかげん >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「当初から神港魚類に相談」=ウナギ偽装、魚秀が親会社報告

 水産会社「魚秀」(大阪市)と水産物卸会社「神港魚類」(神戸市)による中国産ウナギの産地偽装問題で、魚秀の中谷彰宏社長が農水省の立ち入り調査直後の6月中旬、「当初から神港魚類の担当者と相談した上でやった」と親会社に産地偽装の報告をしていたことが30日、分


 BLOG TOP