プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/07/05 (Sat) 07:24
世界遺産の落書処分 - 女性・子どもに甘く、男性に厳しく

●世界遺産の落書処分 - 女性・子どもに甘く、男性に厳しく
 どんな処分か気になっていたが、今の日本の世相を反映しているような、実に不条理な結果となった。イタリア当局は、落書きで解任などありえないと驚いていた。と同時に、日本の厳しい対応にはある意味感激していた。欧米から見たら日本はまだまだチョンマゲ、腹切りの国に映るのだろうか。
・岐阜女子短大の6人 - 厳重注意  ・京都産業大学の3人 - 2週間の謹慎
・常盤大高校の野球部監督 - 解任

 いくら日本が女に甘くなってきたからと言って、この差は何なのか?厳重注意など痛くも痒くもない。学長室に呼ばれて軽い口頭注意で終わるだろう。就職面接の時などにはおそらく履歴書には何も記載されていないだろう。短大は最近定員に満たない学校が多く、かなり成績が低くても簡単に入学させてしまう。入学したと思ったら翌年すぐに就職面接だ。だからこそ厳しくしなければいけないと思うが…。高校時代、教師の言うことなど聞かず「うざい、きもい」などと教師をバカにし、成績もそこそこで毎日遊んでばかり。遅刻欠席もし放題。危なくなれば担任から電話がかかってくる。特に将来の展望などない。赤点が少しあっても簡単に入れてしまうのが今の短大だ。ひどい短大になると、推薦入試の最低ラインも設けない短大もある。普通は、3年間の評定平均3.3以上」などと表記されるのだが…。一言で言えば「誰でも入れる」のが短大だ。今回の落書きした短大生もおそらくそのタイプではないだろうか。教室で縦横無尽にやりたい放題してきたから、社会常識が全くない。自分たちの前で盾となって人生のイロハを教えるべき教師をバカにしてきて、親には甘やかされてきたので、世の中に恐いものがないのだ。おまけに、今の世の中、「セクハラだ」と言えば男は怖気づき、「体罰だ」
と言えば教師は何も出来ない。まるで首相並の待遇だ。そんな甘やかされてきた環境なら、世界遺産のいたずら書きなど何とも思わないだろう。今頃「みんなやっているのに、何で私たちだけが処分されるんだ?」と親と一緒に学長に文句を言っているのではないだろうか。
 京都産業大学の3人は2週間の謹慎ですか。いい休暇になったようですね(笑)。彼らには悪いが、あまり偏差値の高くない大学だ。古くは「あのねのね」が芸能界デニューして始めてその存在に気づいた方も多いと思う。高校では喫煙1回目が4~5日。2回目が1週間~10日。それよりは長いこと胃はなるが、本人たちもあまり悪いと思っていないだろう。ゆとり教育、生徒の権利条約等で散々甘やかされてきた世代だからね。世の中、自分中心でまわっていると勘違いしているだろうね。
 可愛そうなのは解任された監督だ。いつも割りの悪いのは成人男性だ。女や子どもが悪さをしても厳重注意、謹慎で済むのに、何故解任までなってしまうのだろうか。奥さんも子どももいるだろうし、解任はリストラのことだ。クビのことだ。中年の教師が職を辞すことになったらこの先どうやって生きていけというのだろうか。あまりにも成人男性に厳しすぎやしないだろうか。最近は何か問題になると、問題が大きくなったことに対しての責任を「辞職」という形でとらされる成人男性が多い。今まで積み上げてきたことが一瞬で崩れ去る。この野球監督も、小さい頃から野球漬だっただろう。そんな中で勝ち抜いてきて野球部監督となり、地位も名誉も手にした。そんな人間の尊厳を、たったそれだけのことでクビですか。絶対におかしいよ。せいぜい、年収1割カット程度でいいと思うがね。
スポンサーサイト

<< ドラマ「モンスターペアレント」の感想 | ホーム | タクシーの規制緩和はゆとり教育と同じ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


平泉、世界遺産“落選” ユネスコ決定 日本初の登録延期

 カナダのケベックで開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は6日(日本時間7日午前)、日本政府が推薦した「平泉の文化遺産」(岩手県)について、世界遺産(文化遺産)としての価値の証明が不十分として、「登録延期」とすることを決めた。事...


 BLOG TOP