プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/07/11 (Fri) 01:05
内部告発は是か非か

●内部告発は是か非か
 何か事件が発覚する度に、不正の内容に愕然とする。牛肉、鰻はもはやどこの産地なのかはわかったものではない。しかしこれらはすべて内部告発によるものだ。マスコミは勝手なものだから「隠蔽体質」を徹底的に糾弾する。しかしそれってどの企業でもやっていることだ。マスコミだって他社には言えない事はあるはずだ。内部告発したためにその会社がつぶれ、社員が路頭に迷うことだってある。船場吉兆の社員は今頃どうしているだろうか。と考えると、内部告発することと隠蔽することは一概にどちらが悪いかは言えない。
 例えば高校生は特別指導3回で進路変更、すなわち退学だ。それを知っているから3回目に喫煙あ見つかった生徒は激しく抵抗する。いくら正直に言うようにと言っても、自分の進退がかかっているから認めようとしない。認めれば即退学だ。お先真っ暗になり路頭に迷うよりは、認めないでシラをきり通すほうが利口なのだろう。人間、いつでも正直であれ、嘘をついてはいけないというのは大人の論理、強い立場の者の論理で、実際は正直者が損をする世の中だ。
スポンサーサイト

<< 北朝鮮の「いじめられない」論理 | ホーム | 寺脇研「さらばゆとり教育」を読んで >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP