プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/07/21 (Mon) 20:00
最近のお笑いは頭を叩きすぎ!

●最近のお笑いは頭を叩きすぎ!
 最近はお笑い番組が多い。「レッドカーペット」「エンタの神様」など週に何度も同じ顔、同じネタを目にする。個人的に気に入っているのが、カウカウ、狩野英孝、小島よしお、永井祐一郎などだ。が、中にはすぐに頭をたたくコンビが多いような気がする。タカ&トシ、ハイキングウオーキング、高田コーポレーションなど、そんなに叩いたら見ているほうがぞっとするような場面もある。昔はドリフターズが同様なことで顰蹙をかっていたが、時代が変わっても同じことの繰り返しなのだ。昔も子供はテレビのものまねで頭を平気で叩くことをしていた。それがいじめにつながっていることは言うまでもない。
●八墓村のモデルは村人皆殺し
 1938年のこと、岡山方面で、村人30人を皆殺しにした青年がいた。原因はいじめによるハブだ。これは蛇の生殺しのようなものだ。生きている心地もしない。やがて孤独感が憎しみに変わり、殺意をもよおすことさえある。マザーテレサの言葉に、「世の中で最も悲しいことは人に頼りにされないことである」。最近はあえてこの人が嫌がることを平気でする。クラス1人を全員でハブる。
 昔、小学校でいじめに逢っていた子供が、何年か経ってからクラス会を主催し、ビールの生に毒を盛ろうとして事前に発覚した事件があった。私は彼に同情するよ。心の傷は一生消えないし、復讐の気持ちも正直なものだ。もっともいじめた連中は何もなかったようにそ知らぬ顔で集まったようだが。
スポンサーサイト

<< 英語は小学校からでも遅いくらい! | ホーム | 若者に欠落するソーシャルボンド >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


私書箱

池袋の私書箱の紹介です。身分証不要でプライバシーも安全


 BLOG TOP