プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/22 (Tue) 23:53
子供は親のレールに敷くべきか?

●子供は親のレールに敷くべきか?
 本日放送の「モンスターペアレント」は考えさせられう内容だった。医者の息子に医者になるように勉強を強要する父親。ただし子供は勉強が好きではなくミュージシャン希望。その際、教師はどちらの側に立つべきか?おそらく奈良で医者の息子が父親のスパルタ式の勉強のさせ方に反発し、家に火を殺し、母親と妹を殺した事件があったが、それをモデルにしたのだろう。親が医者だからと言って、子どもも医者にさせようとする親の気持ちはわかるが、親の気持ちと子供の気持ちが一致していれば問題ない。あるいは子供の学力が医学部に受かるだけのものならばいいと思うが…。現状は必ずしもそうとも言えない。親の期待に答えようとして、好きでもない医者を目指して嫌々勉強している子供を数多く見てきた。親はよく言う。「今はわからなくても将来勝ち組になった時、親に感謝するよ」。ならば今現在、そのことをわかりやすく子供に説明すればいいと思うが…。子供にとっては「今」しかないのだ。大人になってわかると言うのは、親の勝手な思い込みだ。
 知り合いの父親が、子供を全寮制の男子高校に入れてしまった。朝から晩まで勉強漬けだ。それも子供の同意を得ないまま、無理やり入れてしまった。案の定、子供は途中で寮を脱走し、退学してしまった。親が子供に提案するのは必要だ。ただし本人の意に反して強制的にするのは子供にとって敵意を抱かせるだけだ。子供と向き合ってきちんと説得できなければ親として失格だ。私の親もそうだったからよくわかる。医者の息子だからと言って医者に向いているとは限らない。親の職業をついでもらいたいのはよくわかる。ならば働いているところを見せればいいではないか。子供にとって最も身近な体験学習になる。そんな父親の姿勢を見れば、自然と子供は親の職業を継ぐよ。
スポンサーサイト

<< また八王子で無差別殺人 | ホーム | 詰め込みは必要だが… >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。