プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/07/23 (Wed) 18:06
また八王子で無差別殺人

●また八王子で無差別殺人
 また無差別殺人だ。最近、同様の事件が多いせいか、秋葉原の通り魔事件がはるか昔のような気がする。キーワードはまたしても、「派遣社員」「冷めた親子関係」「叱られてむしゃくしゃしていた」「彼女いない」「だれでもいいから殺したかった」「明るくない性格」「被害者は前途洋洋の女性」「そんなことをするとは思わなかった」。
 それにしてもテレビのコメンテーターはいつもこのような事件が起きるたびに首をかしげているが、原因ははっきりしている。「親子関係や仕事がうまくいかないからと言って何故無差別殺人につながるだろうか?」では何も解決しない。人間にとって。親子関係は人間関係の基本であり、それがうまく機能しないと、お互い関係しあって生きている人間関係の感覚がわからず、一種の自閉症状態になる。するとどうしてもよからぬことを考えてしまう。人と関わっていると絶対に考えないようなことも独りで考えを巡らせるととんでもないことを瞑想し、それがやがて現実になってします。常識がないと言われても、常識は人と関わってこそ体で覚えることなのだ。仕事がうまくいっていないというのは最もまずい。何故なら日本人はワーカーホリックと言われるほど仕事に集中する国民だ。それがうまくいかないということは、自分の魂を腐らせることになり、自虐的になってしまう。それやがて他人に憎悪を抱くようになるのも自然なのだ。でなければ自殺しているだろう。人間関係、仕事。これは最低限の生きていくうえでの最低限のよりどころだ。有識者は人間関係も仕事も収入も問題はない。いや、恵まれてすぎているとさえ言える。だから有識者の発言はあまる参考にならない。教育評論家の尾木直樹氏も最近引っ張りだこだ。元教師だけあって多少は現場のことを知っているが、あまりインパクトのある発言ではない。当たり障りのないことばかり言っているような気がする。
スポンサーサイト

<< またブロフが原因の殺人事件 | ホーム | 子供は親のレールに敷くべきか? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP