プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/08/03 (Sun) 19:00
三浦和義さん、いい加減にしなよ!

●三浦和義さん、いい加減にしなよ!
 三浦元社長:「監視カメラ映像流用は名誉棄損」と提訴
 07年3月に神奈川県平塚市内のコンビニエンスストアで万引きしたとして窃盗罪に問われた元会社社長、三浦和義被告(60)が19日「監視カメラ映像を不特定多数に流され、名誉を傷付けられた」として、監視システム開発・販売会社「ジェイエヌシー」(東京都新宿区)と、報道機関に映像を提供したコンビニに計1650万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。
 訴えによると、同社はカメラ映像を放映したテレビ番組を編集して、自社製品の販売促進用DVDを作成。営業先に配ったり、ホームページで閲覧できるようにした。コンビニに対しては「本来の目的とは関係ない行為だ」としている。
 三浦元社長は万引きを否認しているが、ロス銃撃事件で逮捕されサイパンに拘置されているため、横浜地裁小田原支部の公判は中断。代理人の弘中惇一郎弁護士によると元社長は「早く(訴訟を)スタートしてほしい。金もうけの道具にされるのは許し難い」と話している。
 ジェイエヌシーは「万引きしても罪の意識がない人が非常に増えている。正義の灯は絶やすわけにいかないので徹底的に争う」とコメントした。

 三浦和義氏には非常に興味を持っていた。彼こそ表と裏の顔、外向きと内向きが異なる人間も珍しい。そして最近多くなってきた、犯罪者でありながら目立ちたがり屋の元祖だったとも言える。昭和59年当時、疑惑の銃弾で世間の注目を浴びていて時はまるで有名人気取り。時流に乗って「不透明な時」というタイトルの本まで出版し、ベストセラーとなった。当時、アメリカで死体で発見された白石千鶴子さんとのベッドシーンが赤裸々に書かれてあり、人間性を疑うほどであった。が、実際会ってみると実に人懐こく、弁舌さわやかで話が面白い。実は私は出所後の彼のHPに書き込んだことがきっかけでメルトモになったほどだ。しかも彼の講演会に招待され、事件当時の話を色々聞かされた。内心は「こいつは犯人だろうな」と思ってもあまりにも友好的に接してくるので、ついつい相手のペースになってしまう。詐欺師に多いパターンだ。彼はこの手口で何人の女と関係を持ったのかと思うと、稀代のペテンに会った軌跡に感謝したりもした。知り合いのマスコミの方も同様の感想だ。ただし彼は三浦氏は自分が今までに会った中で二番目に話がうまかったとか。では一番は誰か?実はオウムの上佑氏だそうだ。なるほどと思った。「あー言えば上佑」と言われただけあって、彼の雄弁さもなかなかのものだった。
 そんな三浦氏であるが、せっかく10年以上の刑期を終え、晴れて出所し、元妻と再婚までしたのだが、やはり癖は直らないのだろうか。本屋やコンビニで万引きを繰り返してしまった。挙句の果てが、ロス市警を挑発したため、逆にブログでサイパン入りを確認され、逮捕されてしまった。彼には人間の郷がわかっていない。ロス市警で彼に煮え湯を飲まされたジミー佐古田氏らの怨念を軽く見たようだ。 人間の恨みは一生消えるものではない。機会があればいつも復讐を狙っている。人間のルサンチマンがわかっていなかった。調子に乗ると必ず叩かれる。それが人間だ。ホリエモン、村上ファンド、亀田兄弟を見れば解かると思うが…。そういえば、三浦氏は数年前、「風雲児」という映画を製作したが、その後その映画はどうなったのだろうか。確か鈴木宗男も出演していたとか。
スポンサーサイト

<< 6億円横領したバカ親 | ホーム | 増え続けるナイフによる殺傷事件 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


名誉毀損 損害賠償

恋の特ダネ... マジギレ寸前5秒前だょ!! 夢が正夢になる日はそー遠くはないかもしれん! うわあー! まじむかつく!! 名誉棄損で訴えてやりたい... あたしにそれほどの能があれば... くそっ... でも許さないからな! あたしはそんなやつ絶対許さない! まじで ...(続


 BLOG TOP