プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/10 (Sun) 19:00
オリンピック当日に戦争勃発!

●オリンピック当日に戦争勃発!「
 何とも大げさな開会式、その後の日本選手団はサッカー、バレーボール、柔道と悲惨な結果に終わった。が、何と開会式の8日にグルジアで戦争が勃発。6日、9日は日本では原爆追悼式。ウイグル自治区ではテロが起き、日本人記者が中国警官に暴行を受けた。平和と狂気が共存しているおかしな現象だ。更にウイグルのテログループは中国に宣戦布告だ。早速、郵便局に爆弾が投げ込まれた。オリンピックがこれほどぴりぴりして行われたことがあっただろうか。元を正せば。中国によるチベット、ウイグル地区への弾圧だ。そんな国が平和の祭典なんて、何て偽善だ!と訴えたかったのだろう。元共産圏の人権弾圧は常軌を逸する。かつて毛沢東、スターリン、ポルポトが何万人殺しただろうか。北朝鮮で有名な政治犯収容所は共産圏では当たり前だ。共産とは元々皆平等に富を分け与えるもののはずなのに、弾圧、逮捕、殺害が耐えない。結局党の幹部がおいしい思いをするだけだ。だから思想を統一しようとするし、少しでも反体制の意見を言うものは弾圧する。まるで東京都の教育委員会と同じだ。しかしそのような無理をした弾圧は人間の恨み、怨念を増幅させ、結局崩壊している。それは歴史を見ても明らかだ。今中国はその端境期だ。革命には何万人もの死者を伴う。
 思い出さされるのは昭和55年のモスクワオリンピックの西側のボイコット。日本もアメリカの尻馬に乗って不参加。おかげで何人もの選手が涙した。柔道の山下、女子バレーの横山、広瀬、江上、マラソンの瀬古など、4年後のロス五輪まで待つこととなってしまった。その恨みと言うか、ロス五輪では東側がボイコットだ。更に昭和58年には大韓航空機撃墜事件が起きた。冷戦と言う、イデオロギーの違いだけで人間は何ともおろかな行為を繰り返す。教育界も組合対管理職の意味のない争いが長く続き、肝心の生徒の学力やモラルは低下し、教育界はモンスターペアレント、切れる若者など、学校現場が一丸となって対処できず、混乱の度を増した。すべて自分たちのエゴだけを追い求めた結果だろう。 
 昭和47年のミュンヘンオリンピックも悲惨だった。イスラエルの選手団がアラブのテロリストに拉致され、最後は空港で銃撃戦で全員死亡した。当時の西ドイツの対応も賛否両論だったが、日本だったら「超法規的措置」で犯人の言いなりになっただろう。国際問題がオリンピックまで巻き込んでしまった実に悲しい事件だった。後にイスラエルのモサドがミュンヘンオリンピックの犯人を追い詰め殺害する映画、「ミュンヘン」が公開されたが、イスラエル人の執念深さには恐れ入った。ナチスの戦犯も南アメリカまで探しに行き、見事逮捕した。今の日本人にはそんな愛国心などない。中国餃子事件で
中国側が国内で殺虫剤が混入されたことを認めても、福田首相は涼しい顔だ。いかにも波風立てたくないのがミエミエ。これだから日本はなめられるんだ!とっとと北朝鮮に行って拉致被害者を連れ戻して来いよな!そもそも北朝鮮のような国が何故オリンピックに出場するんだ?何故グルジア戦争を始めたロシアのプーチンが開幕式に出席しているんだ?平和の祭典とは名ばかりになってきた。
スポンサーサイト

<< 身近にいた英語の天才の後輩 | ホーム | 6億円横領したバカ親 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。