プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/21 (Sun) 22:23
今度は子供殺しが流行?

●今度は子供殺しが流行?
 千葉で5歳の女子が路上で全裸で発見。また模倣犯だろう。つい先日も男子児童が、母親がトイレに行っている最中に首を絞められて殺された。いずれもまだ幼い児童だ。今年は「誰でも良かった」「人を殺したかった」「自殺したかった」などと理不尽な理由で無差別殺人が流行ったと思ったら、また幼児殺人が復活した。このような事件はしばらく連鎖してしまう。しかも最近は未解決のままの事件が目立つ。2年前の宇都宮の女児殺人は、犯人はまだ見つかっていない。今回の犯人もおそらく発見は困難を極めるだろう。
 「何故こんなことをするか理解に苦しむ」と、評論家や有識者は口を揃えるが、わからない者には永久にわからないだろう。今の日本、あまりにも勝者と敗者がはっきりしすぎている。しかし敗者は敗者のままでは終わらない。必ず社会に復讐する。女性に縁のないオタク男が増えている。平成元年の宮崎勤事件は世間を震撼させたが、今では彼のようなタイプの男は潜在的にかなりの数だろう。敗者にモラルや常識を求めても無駄だ。「衣食足りて礼節を知る」と言われるが、今では「世間に認められなければ犯罪もする」時代だ。マザーテレサの言葉にもあるように「世の中で最も貧しいことは、人から頼りにされないこと」とある。派遣社員、リストラ、オタク、結婚できない…。こんな環境では健全な精神など培われないだろう。
 今の政治を見ても、消費者庁、再チャレンジ、自殺担当など、形だけの大臣はいるが、具体的に何かをする姿勢が全く見られない。ただ、今の状況を評論家のように述べているだけだ。これではいつまでたっても同様な事件が増えるだけだ。そもそもこれだけ首相が変わるような国では一つの政策をじっくり実現出来ないだろうね。総裁選ばかりクローズアップされているが、誰にがやっても変わらないだろう。ベクトルが国民に向いていないからね。
スポンサーサイト

<< 朝青龍に見る「おごれる者は…」 | ホーム | 事故米と責任問題 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。