プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/22 (Mon) 01:07
朝青龍に見る「おごれる者は…」

●朝青龍に見る「おごれる者は…」
 中日8日目で早くも3敗か。かつての動きは影を潜め、体も軽く、悔しさも見せない。昨年の出場停止が響いたのか、遊んでばかりいたつけがきたか、年6場所連続優勝した面影はない。そりゃそうだろう。あれだけ世の中をなめたような言動をしていれば、神様だって許さないよ。ボクシングの亀田、ITのホリエモン、村上氏もそうだ。あまり調子に乗ると必ず逆のベクトルが向くというものだ。そうそう、星野監督も同様だ。今では誰もフォローしない。
 よく母親に言われた。あまり目立たず、着実にやれと。何故だかわからなかったが、世の中、目立つと必ず足を引っ張る奴が現れるのものだ。そりゃそうだろう。人間の感情の中には、嫉妬、怒り、攻撃、いじめなど様々な感情で一杯だ。市長や大統領も暗殺される。長生きしたければ目立つなということだろうか。ガンディー、キング牧師、ケネディーなど、平和活動している者さえ暗殺されてしまうのだ。しかし長生きが果たして幸せなのだろうか。太く短い人生もいいと思うが…。
 それはともかく、今現在おごれる者は、ロシアの薬物力士たちだろう。何度も検査で要請なのに、弁護士だの裁判だの、文部科学大臣ではないが「恥を知れ!」そのものだ。元々、旧ソ連、中国の人々に、日本の国技の精神などわかるはずもない。彼らが相撲をやめたくないのは収入が多いからだ。幕内でも最低100万円だ。彼らの母国ではありえない額だ。ここで辞めてしまっては身の破滅だ。そんなことくらいなら恥も外聞もなく嘘を突き通そうとするのもうなずける。しかしそんなものを許したら正義などなくなってしまう。まさか日本の司法制度がいくら緩いからと言って、彼らの言い分は聞かないだろう。それにしても、こんなふざけた奴らの弁護を引き受ける弁護士がよくいたものだ。彼も「恥を知れ」である。元々弁護士は弱気を助ける仕事ではなかったのか?最近は悪党の弁護をして金をふんだくる拝金主義的な弁護士が増えていやしないか。死刑廃止弁護士もそうだが、日本の将来を考え、子供にしめしがつくような判決を出してほしいものだ。
スポンサーサイト

<< 福岡の男児殺害、やはり母親だったか。 | ホーム | 今度は子供殺しが流行? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。