プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/09/28 (Sun) 18:39
ボランティア活動も場所を選べ!

●ボランティア活動も場所を選べ!
 長井さんがミャンマーで殺されてから1年が経った。銃撃の際、持ち去られたテープはいまだに返されていない。そりゃそうだろう。むざむざ証拠になるような物を返すわけがない。スーチーさんが何年も軟禁されているような国だ。はっきり言って、まともな国ではない。以前もイラク、アフガンなどで観光客がのこのこと入国して殺されたことがあった。つい最近もエチオピアで拉致され、ソマリアに移されたようだ。ソマリアなどは無政府状態だ。このような国では、人が殺されても国が隠蔽してしまうので未解決のままになることが多い。平和ボケしている日本人には理解できないだろう。そもそも平和ボケしてしまうと、危険であることを察知する能力が育っていない。かつてアメリカで隣人に射殺された高校生がいたが、同様だ。アメリカでは自衛のために銃を所持している家庭が多いことが全くわかっていなかったようだ。「人を疑うな」などと日本の教育ではよく言われているが、これは間違いだ。「人を見たら泥棒だと思え」のほうが正しいかもしれない。いや、人を見たら、善人か悪人かを見極める力を養ったほうがいいのかもしれない。
 今、行ったら命の保証がない国は結構ある。北朝鮮、ミャンマー、イラク、アフガン、アフリカの多く、中南米の多くなど。いくら正義感でボランティアで海外に行っても、命を落としたら何にもならない。とりあえず、最低限安全が保たれる国を選ばなければ…。お父さん、お母さんに申し訳ない。
スポンサーサイト

<< 死を美化するドラマや映画は問題だ! | ホーム | 中山国土交通大臣の発言擁護 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。