プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/11/03 (Mon) 23:11
田母神空爆長が論文で更迭ーまたかよ

●田母神空爆長が論文で更迭ーまたかよ
 「日本ははめられた」「侵略国家扱いは濡れ衣」「反論できなければ北と同じ」。なるほど、これは真実だと思う。しかし今の日本は、真実より立場が優先される。教育関係者が「体罰は必要だ」「子供に人権や権利など早い」と発言したらどうなるだろうか。校長が「今の教育委員会はおかしい」と言ったらどうなるだろうか。かつて退職した校長が朝日新聞に持論を投稿し、採用された。それが教育委員会の目に留まり、その元校長は、過去に歴任した高校の卒業式に参加できなくなった。定年前の三鷹高校の校長も同様に教育委員会の管理的な政策に勇気を持って反対した。
 臭いものには蓋。これが日本の組織なのだろう。会社も公務員も政治かも全く同じだ。組織のトップが間違った判断をしても、部下は何も言えない。組織を円滑に動かすには時にはそれも必要だろうが、あまりにも的外れで常識から外れたことばかりしていたらどうなるだろうか。やがて膿は搾り出される時が来ることになる。しかしその時はすでに遅い。年金問題も同様だ。絶対に部下は気づいていたはずだ。そのことをマスコミ等に内部告発すると、今度はいじめが待っている。警察内部の悪事を告発した方は、未だに窓際族だ。それが日本の組織なのだろうか。だからじめもなくならないのだろう。
 話を戻して、日本の侵略国家に関する真偽についてだが、論より証拠で、東南アジアに行って、現地の戦争体験者に聞いてみたらいい。例えばフィリピン。かつてスペイン、アメリカ、日本の植民地になった。ある老人の話。「スペインはひどかった。アメリカもひどかった。しかし日本はもっとひどかった」。いくら正当化された戦争でも、被害者にとったらたまったものではない。中国や北朝鮮での反日感情を煽る教育はどうかと思うが、それだけ日本がひどいことをしたという怨念だろう。南京大虐殺は数が多すぎるということだが、似たようなことをしたことに変わりはない。
 問題なのは、戦後63年経っているのに、日本は未だに近隣諸国との関係が良好でないということだ。ドイツやイタリアはとっくに片付いている。靖国問題などはその典型だろう。敢えて近隣諸国を刺激することは避けたほうがいいと思うが…。その反面、外交面で、日本は頭を下げてばかりだ。毅然とした態度が未だに見られない。戦後、アメリカの言いなり。近隣諸国からは「戦争責任」をと言われると尻込みする始末。おかげで日本は近隣諸国から簡単に入国出来、今や犯罪し放題。世田谷一家殺人事件などは彼らの仕業だ。拉致問題も一向に進まない。そんな状況を熟字たる思いで見ていたのが田母神氏だろう。防衛省の中枢に長年いたわけだから、日本の現状、将来に相当危惧を感じていたのだろう。まさに「身を挺して」の論文だったのだろう。そんな彼を私は支持しますよ。何もせずに指を加えて、現状に甘んじているのは、必ずしも健全なことだとは思いませんから。
 最後に、日本が今のような能天気な平和ボケした国家であるの、良いも悪いもマッカーサーのあかげだ。日教組を作ったのも彼だと言われている。ある意味、アメリカに負けてよかったのかもしれない。魂は抜き取られてしまったが。
スポンサーサイト

<< テレビに出ますよ。 | ホーム | お笑い番組はいじめを増徴させている! >>

コメント

しかもこっちがお金もらったしwww

暇だったからなんとなくやってみたら、マジでキレーな奥さんがきて「妊娠してるから中にだしていいよ」だってよwww
しかもお礼に20萬もろたwww 壁紙に潮かかりまくって水墨画みたいなってたしwwwwwwwwwwww

http://7QTN.poteto56.net/XB4pR.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP