プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2008/11/14 (Fri) 01:08
生徒に怪我をさせた高校職員に無罪判決!万歳!

●生徒に怪我をさせた高校職員に無罪判決!やったね!
 生徒が悪さをしたのに教師は体罰禁止のために何も出来ないおかしな世なのかで、実に画期的な判決が出た。湘南高校定時制で、食器を片付けなかった生徒を制止した際に首などをつかみ1週間の怪我をさせたというものだ。今までだったら教師の一方的な「体罰」で終わってしまうところだが、今回の裁判長は実に頼もしい。「行為は形式的には暴行に該当するが、ルールを守らない生徒への指導の一環で、正当な業務への範囲内」として無罪を言い渡した。更に「今回のようなことも処分対象になれば、指導に従おうとしない生徒が容易に教職員jを警察に告訴する風潮生みかねない」とも言い渡した。これが「正義」なのだろう。体罰禁止は学校教育法に定められているが、紋切り型に何でもあてはめるものではない。あくまで運用上やむ終えない場合は、当然今回のようなことも起こりえる。しかし現場の管理職は、ただ教職員に守らせることしか眼中にない。ひたすら「体罰をしたらは罰せられます」しか言えない。あげくのはては生徒に謝らせる管理職もいる。これでは生徒が味をしめ、それ以降、教師をわざと挑発することしかしない。ことの善悪を教える教育そのものが崩壊していく。だから学校が荒れてきたのだ。最近の若者はとんでもない悪さをするのは、悪さをしても教師に叩かれないからだ。そんな簡単なことがわからないのだろうか。
 今回の判決は実に画期的だ。ひょっとしたらこれを機会に、全国に「正義の体罰」が認められるかもしれない。もっとも骨折などの重傷を負わせてはまずいが…。そのへんの手加減を考えながらの体罰は当然必要だ。
スポンサーサイト

<< 何年経ってもいじめはなくならない | ホーム | 柳川高校で上級生による暴行は是か非か >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP