プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/03/14 (Sat) 12:39
カルデロンさん一家の行く末は?今こそ児童の権利条約ではないのか!

 旅券偽造が発覚し、国外退去を迫られたカルデロンさん一家は、両親だけ帰国することになり、一家揃っての在留特別許可は認められなくなった。それとて法務大臣がマスコミの論調に合わせて譲歩したものだろう。世論を気にしてすぐに信念を曲げる政治家もどうかと思うがね。最初は全員強制退去だった。
 偶然だが、私は長年地元の、このような入国者をサポートするNPO活動に参加してきたが、今回の判決には怒りを感じる。いくら密入国したとは言え、日本で生活の基盤を構築し、子どもも日本人として生活している外国人は多い。つい先日も、フィリピン人の家族に会った。母親が日本がほとんどだめで、娘の小学校の授業参観でも先生が何を言っているのか、親が何を話しているのかがさっぱりわかならいそうだ。娘は小学校4年だが、日本語は完璧で、英語を勉強し始めている。そんな家族がもし国外退去になったらと思うと胸が痛む。
 多くの方は「法律を破ったから自業自得だ」などと紋切り型の処分を強調するが果たしてそうであろうか。法律は人間の規範意識を守る上で必要なものであろうが、問題なのは、誰がいつ作った法律なのか、ということだ。明治時代に出来たものもある。時代と共に改めなければいけないものがそのままになっている法律がかなりある。例えば、時効がそうではないか。殺人の時効が何故15年なのか、全く理解に苦しむ。昔に制定された法律が明治、大正、昭和、平成になってもいまだに有効だと言うのか?日本人は法律を守ろうとする意識は強いが、この法律は時代遅れで改良すべきだという運動はなかなか起こさない。ようやく飲酒運転による殺人が、危険運転致死罪になった。それとて改良するにに何年かかっただろうか。そうそう、飲酒運転直後に警察の前でペットボトルの水を平気で飲みアルコールの測定値を下げる者がいるが、それっておかしくないか。警察もその行為を止めるわけでもなく、水を飲んだ後の値を記録する。ばかげた話だ。水を飲んだ時点で「証拠隠滅」ではないのか?そんな奴には最高の数字を記録してやればいいんだ。そんな警察の対応をよく見ているから、最近の高校生は、タバコを吸っているところを教師に見つかっても「俺は吸っていない。落ちていたタバコを拾いあげただけだ」と平気で開き直る。これが法治国家なのだろうか。要するに、法律なんて解釈の仕方でいくらでも抜け道があるというものだ。しかも本当の悪党にはもっと毅然とした対応をしなければいけないのに、今回のカルデロンさん一家のようなケースには紋切り型にしようとする。何かおかしくないですか?
 法務大臣は「希望を最大限考慮した」と言っているが、中学1年という多感な時期に、親子が引き離され、親戚と一緒に暮らすことがどれほど困難なことかわかっているのだろうか。私は平成6年に日本で批准された「子どもの権利条約」に大いに関わってきた。中高生で海外のボランティアに関わってきた子どもたちと一緒に議員宿舎まで行き、当時の柿沢政務次官に直談判したこともある。理由はただ一つだ。どんな親であろうと、どんな国で生まれようと、子どもは最低限の食事、住居、学習環境を提供しなければならない、とある。いくら両親が不正で日本に来たとしても、子どもには何の罪もない。国会で批准された条約を反故にするつもりなのか。フィリピンがどんな国かわかっているのだろうか。物乞いや売春婦で溢れかえっている国だ。そんな国へ中1の女子が行ったらどんなことになるのか。ゴミ拾いか体を売るか、いずれにせよ絶対に娘は強制退去さあせてはならない。
スポンサーサイト

<< 法務大臣は、フィリピンがどんな国だかわかっているのか? | ホーム | 59歳で飲酒運転で60歳で懲戒免職!厳しすぎやしないか? >>

コメント

最初にあげられている母子ですが、同情を求められても入国・滞在の経緯や父親の問題等の詳細がわかりませんので、共感できません。またこれとカルデロン夫婦の件にどれだけの類似性があるのでしょうか。

現行法に問題があるというのなら、根拠を挙げて下さい。ただ昔に作られたから時代にあわないというのは理由になりません。

ビオラ・ノリコ・カルデロンに強制退去は摘要されていません。彼女は自由意志で日本に残りました。
「こどもの権利条約」では親が送還された場合はこの限りにあらずというのが日本政府の見解ですが、それはまちがっているとお考えでしょうか。
また、フィリピン政府のこの件へのコメントはどのようにお考えですか。

 その家族も正規の方法ではないよです。問題なのは、その子どもには関係のないことだということです。いくら子どもは日本に残れても、一中学生がいきなり両親と離れ離れになってしまうのですよ。どれほどショックでしょうか。私が言いたいのはそれだけ。日本の見解だのフィリピン政府のコメントなんか興味ありません。所詮他人事ですから。両親と子どもが今まで通り一緒に日本で暮らせるようになるのが理想ですから。偽造旅券も、時効制度にすればいいのにね。10年間ばれなかったら時効。
 私が気になるのは、今回は誰かがチクッたから発覚したということだ。小さな幸せを、一部の「正義の暴力」が台無しにしてしまったということだ。最近、このような内部告発、余計なお世話なチクリが増えているような気がする。世の中、ギスギスしてきた証拠だ。
 青森では、定年まであと1ヶ月の職員が、3年前の飲酒運転での事故を上司に報告しなかったために3000万円近くの退職金がパー。これも誰かのチクリのようだ。私が言いたいのは、人が隠したいことを暴露して、その人が不幸になるのを見て楽しむようなことはやめろってことだ、誰だって人に言えない、隠しておきたいことが1つや2つあるだろうよ。黙って見逃してやっても良いではないか。

現行法に問題があるなら根拠をあげろって?おかしな現行法が多いってことだよ。例えば時効がそうだ。日本人のほとんどが時効制度がおかしいと思っているでしょう。根拠も何も、おかしいものはおかしいでしょ。人を殺して15年間逃げ延びれば無罪?どう考えてもおかしいでしょう。遺族はどう思うのだろうか。日本の法律は犯罪者に甘く、遺族や被害者に辛い。昔からそうだ。
 「体罰禁止」もそうだ。昔は教師が生徒に体罰しても何も問題はなかった。口で説得したってわからない子どもは多くいる。痛みで教えないとわからないことだってあるだろう。ほとんどの日本人はそう思っているのに、何故か最近煩くなってきた。そもそも管理や体罰を否定したから生意気な子どもが増え、教育界が混乱してきたではないか。勉強だって宿題を忘れたら先生に叩かれるら仕方なくやったものだ。そうやって嫌なことでも我慢してすることで、かつての日本人は我慢強く、教育力もあったのだ。今ではWBCのように韓国にお株を奮われているではないか。
 まだある。法定伝染病だ。赤痢が1週間、コレラが2週間、発覚したら病院に強制的に隔離だ。しかも、抗生物質を飲めば1日で完治しても隔離だ。だから直っても出してもらえないのだ。こんなバカなことがあるか!そもそも明治時代に出来た「法定」伝染病だ。
 要するに、日本にはおかしな法律や時代に合わない法律が多く存在するということ。そもそも法律は、人に害を与える人間を罰するためのものだろう。人を泣かせる法律はないほうがいい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP