プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/05 (Thu) 20:14
本日のニュースより

●小学校でいじめられた生徒が集団欠席
 「教室でけがをさせられたのに、学校は何もしてくれなかった」とのことで、保護者が区に損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。区教育委員気は再発防止を約束し、保護者は訴えを取り下げた。2人に加え、5人が問題解決するまでは登校しない構えだったが、6日からのしんがっっきには登校するようだ。それにしてもやられた2人のいじめの内容がひどい。わざとぶつかってきて左足にギブス状態。もう一人は机の間に体をはさまれたとか。加害者は「遊びだから」と言いながら殴ったようで、担任も「じゃれあっているだけ」と言って対応してくれなかったようだ。これでは今までと何ら変わりがない。校長は「詳しく調べ二度と起こらないようににしていきたい」だって。いじめがあったことを認識する力がこの学校には全くないようだ。少なくともギブスをしてくる原因を聞けば、イジメがあったこといぐらい誰でもわかりそうなものだが。しかしこれが義務教育の限界だろう。高校なら謹慎か退学に出来るのだから。毎度お馴染みの尾木直樹氏が理想論を言ってました。「今後いじめた生徒の出席停止を求める声がエスカレートすることが懸念される」だって。いじめた奴なんか痛みで覚えさせるしかないではないか。最もいいのが、いじめられた生徒と同じ痛みを味あわせるのがいいのです。しかし教師の体罰はダメでしょ。ここがネックだからいじめは永久になくならないよ。「目には目を」は聖書に言われていた言葉ではなかったですか?
 いじめっ子は何故いじめを続けるのか?簡単ですよ。いじめても何のお咎めもないですからね。教師は庇う。親も庇う。これではいじめはなくならないよね。
 それにしてもこれだけいじめが問題化しているのに、何故「教師による体罰容認」という簡単な答えを誰も言わないのかな?言うことを聞かない生徒は、口で言うだけでは絶対に聞かないですよ。政府のお偉方は自分が進学校にいたからそのことがわからないのですよ。狼に育てられた子どもは狼のように四足で歩くのと同様に、放任された子ども、過保護な子どもは狼少年と同じですよ。自分の本能のまま、やりたい時にやりたいことをする、単なる躾の出来ていないわがままな子どもになってしまうだけです。こんな簡単ことに何故みなさん気づかないのでしょうか?
●乙武先生が教壇に
 今朝のテレビで放送されていました。正直、手足のない彼の肢体から繰り出される熱意には感激した。あれなら子どもはついてくるよ。彼の言動は、野球で言えば9回裏ツーアウト満塁ツースリー状態です。いつもテンパっている状態です。明日地球が滅びるとすれば自分に何が出来るか。まさにそんな状態です。生徒と一緒にドッジボールをする姿、黒板に書く姿、そんな彼を見て勇気付けられない人間などいないでしょう。しかし彼が荒れた教室でいじめを発見したらどうするだろうか。是非見てみたいものです。
 義家氏もマスコミに出てばかりいないで教壇に立てっちゅうの。何か最近鼻につくよな。
●女金八先生のエンカウンター授業
 先日のNHK「プロフェッショナル」で、女金八と呼ばれている中学校の先生の教育実践が放送されていた。荒れた中学で苦しい体験をされているだけあって、説得力があった。エンカウンターとは「出会い」を意味し、大人でも新人研修、能力開発で取り入れられている。アイコンタクト、握手、抱擁など、スキンシップをかなり積極的に取り入れている。またグループごとに一人の話をお互い共有し、フィードバックしたり、かなり親密な人間関係が出来る。
 しかし私はそれを学校で出来るかどうかは?であった。エンカウンターを使うには、急には無理です。担任が日頃から生徒と深い信頼関係を築いておかなければ、ただの新興宗教になってしまうからです。ライフスペース、オウムなどもその手法を取り入れているからです。実は私も少しかじったくちです。それを高校で応用しようとしたのですが、見事に失敗した苦い経験があるのです。ただし信頼関係のある生徒には効果的でした。クラス全体では相当なエネルギーを必要とするのです。
 それを女金八先生は見事にやってのけました。まだまだ試行錯誤中ですが、彼女の教育に対する真摯な姿勢は更に新たな手法を導きだすことでしょう。生徒全員が輪になって手をつなぐ。お互い言いたいことを心から言い合える。お互いがお互いを信じあえ、自分の存在感を認識する。そうすればいじめはなくなる、と彼女ははっきり言っていました。
 話は変わりますが、東大和市で8人の女性と暮らしている男性が逮捕されましたが、女性は実家には帰らないそうですね。居心地がいいそうです。昔、同じく千石イエスなる教祖が多くの女性と共同生活をしていました。同じく居心地がこかったのでしょう。教育界も生徒にとって居心地の良い空間を提供しなければいけません。それはやはり担任の力量によるのでしょう。女金八先生、頑張って下さい。私も頑張ります。
スポンサーサイト

<< 本日のニュースより | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

 「イジメ撲滅」のご案内

失礼します。
      Googleにて拝見 
    
 「イジメ撲滅」のご案内
       ご笑覧ください。
     http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/    

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。