プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/03/31 (Tue) 02:59
がん生徒の受験拒否は当然かもしれない。

 長崎日大高校が、がんを患う中三の女子生徒の受験を断ったようだ。この生徒が受験した他の2校は合格したようだ。ならば受験を断ったことをいたずらに騒ぎ立てることもないだろうが。搬送先を何軒も断られ、死亡した患者とはわけが違うだろう。最近、何かとこのような健常者でない人の扱いに過敏になりすぎてやしないだろうか。企業も何人か身体障害者を受け入れなければならないようだが、何か違和感を感じる。世の中、子どもと女を過保護にしすぎてきた。更に、学習障害、多動性症候群、アスペルガーに高機能自閉症も学校内では差別してはいけないとか。しかしその結果、学校は授業が落ち着いて出来なくなってきているではないか。今までは授業中騒いだら、一発ひっぱたけばすぐに大人しくなったものだ。私は多動性症候群なんて障害だとは認めないよ。世間が無理やり障害にしてしまっただけだろう。それに学習障害って何だ?ただの低学力だろうが。だれだって苦手科目はあるだろうよ。ならば繰り替えし反復し克服すれば良いではないか。そもそもそんなものを障害にしてしまったら、勉強しなくて良い逃げ道を与えるだけだろう。
 話を戻そう。最近の学校、特に高校は身障者を受け入れると教育委員会から評価されるようだ。だから校長は喜ぶ。しかし実態は混乱を増すだけだ。クラスに1人、いや、学校に1人いるだけでVIP扱いだ。エレベーターは自由に使え、その生徒のいる学年は階が下のほうに固定される。何故そこまでするのかはなはだ疑問だが。更には担任の負担だ。教室移動のたびに担任は付き添いだ。休み時間も制限される。何故そこまでやらなければならないのだろうか。
 私の勤務していた高校で、一度に3人もの身体障害者を入学させてしまったことがあった。十分に職員会議で議論もせずにだ。その担任団の中に、いかにも人権擁護が得意の社会のおばさん教師がいましてね。校長とあらかじめ話をつけて、勝手に入学を許可しまったのです。それまでは、1年生は4階、2年生は3階、3年生は2階になっていたが、その3人のせいでその学年は1年時から3年時までずっと2階だ。しかもその学年は6人中、生徒への抑えの効かない女性教師が3人もいた。だからほとんど授業崩壊状態。いかにも身体障害者にかこつけて、自分たちの指導力のなさの言い訳にしていたようだ。修学旅行なんか特にひどかった。3人が別々のクラスになったのはいいのだが、担任はほとんどその身障者たちにつきっきりで、他の生徒は副担任に任せきり。それでは何にもならないだろうよ。自己満足にもほどがある。このように、身障者を受け入れる場合は、それなりの力量のある担任団、身障者ばかりに気をとられない担任団でないと無理だということだ。ちなみにそのおばさんのクラスから1年時にある女子生徒が知らないうちに退学した。そして卒業式の日に子どもを連れて来た。要するに妊娠したから退学にしただけのことだ。日頃口うるさく人権やセクハラ問題を声高にし、いかにも身体障害者教育にも理解を示している教師に限って、このようなことを平気でする。しかし管理職はこんないい加減な教師のほうが自分たちのポイントを上げるためには必要なのだろう。
 特別支援教育と名前はかっこいいが、昔の養護学級のことである。行政は、そのような身障者にも個々に応じて手厚く指導するように通達してきたが、そんなことばかりに力をいれるから、肝心なことがいい加減になってしまうのだ。教師の言うことを聞かない傍若無人な不良生徒、ゆとり教育で勉強しなくなった生徒はどうするつもりなのだろうか。何かピントがぼけていやしないか?だからいじめが蔓延しているんだ。いじめに関してこそ、「いじめられっこ支援教室」を設置すればいいと思うが。
スポンサーサイト

<< 中2が大麻所持で逮捕…麻生や小沢の政治家のせいだ | ホーム | ブログで選抜球児、相手校の中傷書き込みで、高野連が学校注意! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP