プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/03/31 (Tue) 18:22
中2が大麻所持で逮捕…麻生や小沢の政治家のせいだ

 広島市中区の中学二年少年(14)=占有離脱物横領容疑で送検=が大麻取締法違反(所持)の疑いで再逮捕。また、この中学生に大麻を渡したとして、男性(35)が逮捕された。
 広島中央署の調べでは、中学生は三月十七日、中区基町の広島県警本部別館の留置施設で、防寒着のポケットに乾燥大麻約0・2グラムを所持した疑い。長谷川容疑者は三月初旬ごろ、中区の公園でこの中学生に大麻を無償で渡した疑い。
 生徒指導担当課長は「市内の中学生が大麻所持で逮捕されたケースは私の知る限り過去になく、驚いている。警察と学校を通じて確認作業を急ぐ」としている。

 つい最近、早稲田大学や慶應大学で大麻所持の学生が逮捕されたが、今度は中学生か。そのうち冗談抜きで小学生になるかもね。そりゃそうだろう。政治献金をもらっても言い訳ばかりする政治家。担任を流産させようとした中学生が口頭注意。こんな善悪の処分が甘い国では、悪さをしても何とかなると思う子どもが多くなるのもわかるような気がする。それ以外にも、体罰禁止、子どもの権利条約、少子化等で、お客様になってしまった子どもの多くは、自分が何をしても許されると思ってしまうのだろう。「大麻くらい何が悪いの?みんなやっているじゃないか」程度にしか思っていないだろう。そうでなくても法を守るよりも犯すことのほうがワクワクするのが子どもだ。今回のケースは中学生にどのような処分になるのだろうか。さすがに口頭注意だけでは済まされないだろう。タバコを吸っていても軽い口頭注意で終わってしまったツケは大きい。
 しかし何かおかしい。今まで軽い注意で、大麻や殺人になると急に刑が重くなる。これは子どもにとっては面食らったようなものだろう。ならば何故今までもっと厳しく注意してくれないんだ?と思っている子どもは多いと思うよ。
スポンサーサイト

<< いじめられっ子は、北朝鮮を見習え! | ホーム | がん生徒の受験拒否は当然かもしれない。 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP