プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2007/04/07 (Sat) 21:44
明日は都知事選

 明日は都知事選です。が、投票所に行くのはあまり気が乗りません。石原氏で当確でしょうが、少々マンネリ化してきました。あまり長期に渡るとボロが出てくるもので、三男の優遇問題、豪華視察旅行など、よく告発されてきました。小笠原の空港誘致の際も視察に来たと思ったら海に潜ってばかりいたそうですよ。そろそろ引き際かもしれませんね。後4年、何をしてくれるのかと思えば、あまり期待は出来ません。
 歌舞伎町をクリーンにし、都立高校の一部を復活させたのはいいのですが、福祉、年金では遅れをとりました。いつぞやのカジノ発言、三国人発言など、若干問題発言もありましたが、概ねよくやったほうでしょう。お忍びで困難高校を視察に来てその実態を憂いていらしゃった発言は感銘を受けました。オリンピックは是非実現してほしいものです。無駄遣いと言う方もいますが、自分の住んでいる所でオリンピックが行なわれるのはやはりわくわくします。前の東京オリンピックなどはほとんど記憶にありませんし、やればやったで盛り上がるものです。愛知万博、長野オリンピックもそこそこ成功しました。大国は二回三回とオリンピックを実施していますよ。お台場は前の青島都知事が都市博を中止したせいで空き地が余っています。土地は問題ないと思います。築地の豊洲移転は一長一短ですね。築地の建物は老朽化しており、直すとなればアスベスト問題が生じてきます。銀座に近く、場所は最高ですよ。豊洲はやや遠くなります。有害物質が出たそうですが、専門家に言わせれば、調査して有害物質の出ない場所などないようです。
 それにしてもそれ以外の候補者に魅力を感じないのは私だけでしょうか?浅野氏は何故立候補したのかいまだに不明です。周りから言われたからしょうがないからといった姿勢がミエミエです。マニフェストも、国民の意見を聞いてから判断するといった消極的なもので、そうじゃないでしょ!と言いたくもまります。女性票を取り込めないのも何か理由があるのでしょうね。彼からは都政を期待できるオーラは感じられません。黒川氏、中松氏は論外。吉田氏はいいおじさん止まりでしょう。
 教育に関してはあまり力を入れていない様子も伺えます。石原氏に対して「国歌国歌強制反対」と言っているだけで、大した主体性も伺えません。気になるのは、最近の対立候補は、ただ反対の政策を表明すればいいと思っていることです。オリンピック誘致といえば反対と言うしね。青島氏の時と同じですよ。賛成する箇所があってもいいと思うのですが。
 もしも私が都知事選に立候補するなら以下のようなマニフェストにしますよ。
1.18歳以下、門限20:00。アルバイト禁止。携帯電話所持禁止。部活動、勉強以外はしないこととする。
2.テレビは2時間以内とする。宿題を終えるまではテレビを見てはいけない。
3.親は学校に文句を言ってはならない。教師の言うことは絶対であることを肝に銘じさせる。教育委員会は親の訴えを真に受けないこと。
4.体罰は認める。ただし怪我をさせないこと。
5.いじめた生徒には特に体罰を効果的に使い、痛みで教えることとする。
6.ADHD、LDの生徒とて普通の子と違う指導はしない。授業妨害をしたら、体罰で黙らせるか、教室から追い出し、他の真面目な生徒の保護を最優先とする。
7.親は子どもが言うことを聞かないときは体罰をしても良い。ただし虐待は禁止。
8.親は子どもが高校を卒業するまでは離婚してはならない。ただし離婚したくなった時は、「離婚しない相談所」へ行き、カウンセリングを受けること。
9.詰め込み、受験勉強は日本古来の勉強方法であることを再認識させ、いい大学、いい会社へ行くよう、切磋琢磨し、勝ち抜き競争するための闘争心を養うことは是とする。
10.ゆとり教育の全面廃止。学校は週6日に戻す。総合学習、奉仕活動、情報教育は廃止。英語のオーラルコミュニケーションも廃止しグラマーに戻す。
11.小学校を卒業したら親元を離れた集団生活を2ヶ月体験させる。徴兵制とは異なるが、集団生活の中で、規範意識、常識、人との付き合い方、先輩後輩の対処の仕方、友人の付き合い方、異性との接し方を徹底的に養う。
12.子どもが出来た家庭では共稼ぎを禁止。ただし夫の給料を5万円上げる。
13.普通高校の履修科目は極力減らし、選択科目を増やす。早い時期から理系か文系かを自覚させる。
14.職業の年収、生涯賃金を公表し、その会社に入るにはどの大学に行けばいいのかを早い時期に公表する。
15.国の宗教を決め、週1回授業に組み込む。キリスト教がいいと思うが、実家が他宗教の場合は学校内で選択できるようにする。道徳などという中途半端な科目を必修化するなら宗教のほうがいい。
 以上はブレーンストーミングであり、そんなの実際にありえない内容ばかりであることは十分わかっていますよ。しかし核心はついていると思いますよ。戸塚ヨットスクールも上記の11を意識したと思いますよ。がたがた言うガキは海に突き落とし、自分で這い上がってくることによって生きる力を養う。発想は良いと思いますが、少しやりすぎてしまいましたね。殺してはいけませんよ。
スポンサーサイト

<< 明日から新学期 | ホーム | 本日のニュースより >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


戸塚ヨットスクールは1977年設立の当初、一般児童・青少年向けのヨットスクールとして発足したと、支援団体の戸塚校長プロフィールには紹介されている。全寮制で訓練生は同スクール宿舎に寝泊りすることを前提としている。スパルタ教育|スパルタ式と呼ばれる独自の指導を行


 BLOG TOP