プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/21 (Tue) 00:29
日本はまだまだいい国のようだ…。外人の目から見た日本。

 今の日本は外人から見たらどう映るのだろうか。ちょんまげ、侍、天皇の国、刺身、相撲…。外人が東京に来てまず見たいものベスト3が、皇居、浅草、秋葉原だそうだ。秋葉原は電気もそうだが、最近ではオタク文化でも有名になった。皇居は、やはり長年の天皇制が興味をそそるようだ。日本人から見た英国王室がどう見えるかと同じだろう。そもそも戦争を始めたり、国政をすべて牛耳っていたのが天皇だと思っているようです。独裁者でもなく、首相でもなく、不思議な存在に見えるようです。おりしも東京オリンピック招致の大切な時期。改めて東京や日本をを見直してみると、改めて考えさせられます。海外何カ国か見てきましたが、日本は海外へ行く観光客は多いのですが、逆がそれほどでもないのです。円高、物価高もそうですが、本当は観光地としては面白い国だと思いますよ。観光になくてはならない食事、自然、文化、人間など、すべて世界でもトップクラスなのです。要するに、今まで産業や経済ばかりに力を入れてきて、観光に力を入れてこなかったということですよ。 
 東京の街中を女の子が1人で歩いているのが、実はとても不思議に映るらしいですよ。海外ではレイプや誘拐は日常茶飯事ですからね。日本の治安は悪くなったといわれていますが、まだまだ超安全な国らしいですよ。新宿のホームレスが新聞や雑誌を読んでいるのを見て驚く外人もいます。「日本はホームレスも字が読めるのか?なら何故働かないの?」。確かに日本の識字率や教育水準の高さはいまだに高水準のようだ。が、それはゆとり教育以前の問題だ。多くのホームレスは年配者だ。うむを言わせず勉強させられた世代だ。今の勉強しなくなった子どもとはわけがちがう。
 日本の食事は最近特に注目を浴びている。繊細で低カロリー。世界3大料理と言われている国もおいしいが、日本料理のきめ細かさにはかなわない。おせち料理なんか芸術作品だ。うどん、そば、寿司は今や世界各国にある。タイ料理は辛いし、トルコ料理はグチャグチャしたオリーブ系の味だし、イタメシは所詮パスタとピザ。フランス料理は見栄えばかりでよくわからん。スペイン料理はパエリアにラザニアだ。少し腹にもつ。そうそう、日本料理は胃に優しいのだ。
 日本古来の建物、神社仏閣には、外人は特に興味を持つ。千駄木、根津、谷中、浅草をリュックをしょって歩いている外人は最近多い。西洋人にとって東洋建築は異質に見えるようだ。東京はそれ以外には高層ビルが目立つが、それらにはあまり興味を示さない。鎌倉、京都、奈良に行く外人が多い。彼ら、外人のバックパッカーは徹底している。1円でも安い宿に停まろうとして、ガイドブック片手に探しまくる。時々ヒッチハイクしている者もいる。外人は、日本以外の国を旅行するときも同様だ。
 先日、浅草で、外人の道案内のボランティアをしていたら、イギリス人の女性が財布を落としたらしく、大騒ぎしていた。仕方なく交番に連絡したら、何とその財布が届いていたのだ。しかも現金もカードもそのままだ。そのイギリス人は、海外ではまず財布を落として戻ってくることなど有り得ないそうだ。しかもその女性は、レストランで食事をし、店員の応対が良かったので、テーブルの上に500円チップを置いてきたつもりだったが、「お客さん、忘れ物だよ」と店員がおいかけてきて驚いたそうだ。

 外人の目から見ると、日本は一見とても素晴らしい国のように映るようだ。実際、そうなのかも知れない。マスコミが暗いニュースや殺伐とした記事ばかりを衝撃的に見せつけるので、日本人にとって祖国日本はひどい国のように映っているようだ。しかし、外国の建築物にイタズラ書きした短大生がわざわざ謝罪に行ったら、現地の人が逆に感激したことがあった。ひょっとして日本はまだまだ良い国なのかもしれませんね。自殺者3万人以上、いじめによる自殺報告が毎年ゼロとしか報告されない、年金を横領する役人…。しかしこれらは最近になって発覚したことだ。ということは、公表しないままのほうがいいのかもしれないですね。見たくもないものをみせられると、気持ちが殺伐としてしまいますからね。知らぬが仏なのかもしれません。
スポンサーサイト

<< 私と同年代の社長になった方の談話… | ホーム | 警察の冤罪、教師の生活指導は似ているかも… >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。