プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/05/14 (Thu) 00:26
プーチン来日に都内は大騒ぎ

 いやはや、首都高があちこちで通行止め。永田町、霞ヶ関に通じる道はあちことで封鎖、規制。右翼の街宣車もここぞとばかり大音量で抗議活動だ。シンガポールの首相も来日中だ。海外のVIPが来る度に幹線道路は迷惑千万だ。そもそもロシアと日本の歴史は古いが、戦前から口汚い日本人りロシア兵のことを「ロ助め!」と呼び、軽蔑していた。私もロシア人にはあまり良い印象はない。個々の人間はともかく、長年の共産主義政権のせいで、人の心が疲弊しているのだ。共産主義やそもそも人間の本能に逆行するものだ。一生懸命やってもやらなくても給料は変わらない。だから他人や客へのサービス精神がまるでない。モスクワ空港や駅はおよそ首都とは思えないような汚さだ。しかし国力はある。最近は石油や天然ガスのおかげで超大国になりつつある。共産主義体制を名残を残しつつ資本主義を取り入れるとどうなるか。中国同様、格差が生じる。しかし共産圏に人権のかけらもない。あまり住みたくない国であることに違いない。
 そもそもロシアと日本の歴史は、略奪、協定、裏切り、大量殺戮の歴史だ。最もひどかったのが、第二次世界大戦での裏切りだろう。敗戦が濃厚になった日本が最後の講和を願って、協定を結んでいたロシアは、日本を裏切り、連合国の一員として、戦後の日本を分割する策略を練っていたのだ。アメリカがいなければ、日本は北方領土はおろか、北海道も奪われ、朝鮮同様、南北に分断させられていたのかもしれない。実に悪質でふざけた国だ。日露戦争、ノモンハン事件などでは、お互い多くの国民が血を流した。戦後は冷戦のせいで、ロシアと日本は敵対国に近い存在だった。衝撃的だったのが、昭和58年の大韓航空機撃墜事件だ。韓国の旅客機なのに、格安で日本人も多く利用していた。私も撃墜された日の前日に同じ大韓航空機でアメリカからソウル経由で日本に帰ってきたので、人事ではなかった。ロシア(当時ソ連)の、人命を何とも思わない冷血ぶりには、心底戦慄を覚えたものだった。
 問題は北方領土だ。戦後64年、日ロ交渉はほとんどがそのことに費やされた。最近では二島返還論も持ち上げられtいるほどだ。まるで北朝鮮の拉致問題と同じようなものだ。日本はとられたものを返してもらえないような情けない国だ。
スポンサーサイト

<< 海外に比べれば日本はまだましかも… | ホーム | 新型インフルエンザの教育界への影響 >>

コメント

次のようなイベントをやっております。
もしよろしければご参加ください。

4.28 パール判事の日本無罪論購入イベント2
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1241496768/

現在amazon25位です。

『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫) 560円
http://www.amazon.co.jp/dp/4094025065

非常に有名な本です。

右寄りの方は「基礎知識」として、
左寄りの方は「敵を知る」ために、
ぜひ御一読ください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP