プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

2009/05/15 (Fri) 23:12
自殺が過去最高?当たり前だろう!

 自殺者の数がまたしても3万人突破。これで11年連続だとか。今回は不況、リストラ等のせいで30代、50代が増えたとか。原因が鬱病が多く、専門家と官民が連携して対策に取り組むとか。しかしそんなことは昔から言われ続けてきたことではなかったか?いのちの電話は30年以上前から存在した。そもそも自殺する者はいちいち相談なんかしないよ。相談したところで、返ってくる答えはみな同じだ。そもそも自殺したいと口にするだけで変人扱いする者が多いしね。自殺する人はそれほど切羽詰っているんだよ。自殺したほうが、生きているよりも楽だと思うんだよ。しかも普段からそう思っているいと、電車のホームなどで突発的に飛び込む人も多いのもわかる。「悩みを解決するのに自殺以外の方法がある」ことを学校で教えることが必要だと、能天気な教育評論家がおっしゃってましたが、それとて昔から言われてきたことだ。
 最近、3万人という数に慣れてきたせいか、さほど驚かなくなってきたのは気のせいだろうか。1年が365日だから単純に1日100人近くだ。気になるのが、いじめによる自殺がカウントされているかだ。かつてのゼロ報告を見るまでもなく、怪しいもんだ。
 長崎で、中2男子がタバコ所持で指導後に飛び降りたことについて、事故死から自殺に修正されていたようだ。結論から言えば「教師の行き過ぎた叱責」が原因を市教委が親の訴えにより認めたことになった。おそらく個室で教師に色々言われたのは用意に想像出来る。問題は、最近の子供は叱られた経験があまりないので、怒られた時に相当なショックを受けたことも容易に想像できる。しかし問題なのは、この生徒が日頃からどれほどひどかったか、この中学校がどれほど荒れていたかは一切書かれていない。このような事件が起きる度に、学校側ばかり責められるが、今回の件で他の生徒が教師の言うことを聞かなくなってしまわないだろうか。教師がいじけて厳しい生徒指導が出来なくなってしまわないだろうか。かつての近大付属高校で、補習を邪魔した女子生徒を教師が突き飛ばしたら、後頭部をぶつけて死んでしまった事件があった。神戸では校門圧死事件があった。あのような事件が起きる度に、マスコミや教育委員会は、行き過ぎた生徒指導を自重するような圧力を学校にかける。そうなったら厳しい指導など一切出来なくなり、実質、放任が始まる。学校崩壊になるのは目に見えている。だから最初は教師の叱責と飛び降り自殺が因果関係がなかったことにしたかったのだろう。教師の立場で言えば複雑な心境だ。しかし残念なのは、自殺してしまったことで、本来のタバコ所持が何故悪いのかを教えられないままになってしまった。本来教えなければいけないことが、いつも教師の行き過ぎた指導ばかりが全面に出るので、曖昧になってしまう。教育界はいつもこのことがジレンマだ。いじめとて同じだ。いじめが悪いことを教えようとしても、いじめた側が言う事を聞かない。親がすぐに文句を言う。いじめ側は何も反省すらしない。理不尽な世界だ。
スポンサーサイト

<< 議員さんの朝の駅でのビラ配り…内容はいまいち | ホーム | 福岡3児死亡飲酒事件で「危険運転致死傷罪」懲役20年 >>

コメント

以前から強く思っていたことであり、コメントにも何度か書かせてもらったことですが、子供が自殺をすると「学校が悪い、教師が悪い、大人が悪い」とバッシングの嵐になるのにもかかわらず、大人の自殺は、「自殺する方が悪い、自殺をするのは弱いからだ、自殺をする原因を作ったのは本人」と放置されてしまいます。
少し前、いじめの講演会を聞きに行きましたが、講師の先生がこの矛盾点を突いていました。
「子供は、学校や大人社会が囲って守るべきものであると考えられているのに対し、大人社会は常に自己責任の下、行動すべきと考えられている。従って、自己責任が常に付きまとう大人社会でいじめが起きても、いじめられる方が悪い、と突き放されてしまう。」
この言葉が強く印象に残りました。
企業では、社内いじめがはびこっています。これは大人社会でのできことであり、いじめられる側に原因があるとされ、放置されます。マスコミも企業のいじめバッシングをすれば、スポンサー絡みから金銭的なダメージを受けるだけでなく、リストラなどもしにくくなり、経団連からクレームがつきます。
それに対し、学校でのいじめは、たたきやすい公務員であり、金銭的な絡みもなく、スムーズです。それに世間は公務員をたたくことを当たり前と考えており、世間も味方してくれます。
こうした社会の矛盾がなくならない限り、自殺者はもっと増えていくと思います。

>大人社会は常に自己責任の下、行動すべきと考えられている。従って、自己責任が常に付きまとう大人社会でいじめが起きても、いじめられる方が悪い、と突き放されてしまう

 確かにそうですね。子供と大人が同じことをしても、子供は指導で終わり、大人は逮捕ですからね。リストラやいじめも大人の世界では自己責任ですか。人の人生を一体何だと思っているのでしょうかね。最近、共産主義も悪くないと思ってきたのは私だけでしょうか。とにかくアメリカに押し付けられた資本主義、民主主義、自由主義の負の遺産は、ここ何年かで顕著になってきました。元々仏教国の日本が戦争に負けて、アメリカのやり方を押し付けられ、それに乗っかってしまったのでしょう。安保闘争に参加した学生の気持ちがわかるような気もします。しかしアメリカはキリスト教に基づいた国です。日本はそれがありません。仏教思想を信じる大人が自由奔放な若者をいぶかしく思うのもよくわかります。自己責任と言っても、日本は子供を甘やかすことばかりしているので、大人になっても子供の時と同じようなことをしてしまう若者が増えています。責任という言葉の意味すらわからない若者だらけです。子供の頃、悪さをしても、軽い口頭注意で終わったり、親が子供をかばってしまうような今の教育現状では、今後もモラルのかけらもない人間だらけになっていくでしょう。
 そもそも子供と大人の違いってなんでしょうか。年齢でしょうか。20歳を過ぎれば成人扱いなのでしょうが、元を正せば同じ人間ですよね。何かおかしいと思いますが。「三つ子の魂100まで」ですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP