プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/18 (Mon) 20:13
新型インフルエンザは神の仕業?

 いやはや、大変なことになってきましたね。神戸、大阪の学校は相次いで休校、観光地は客が来ず、サッカーは観客なしで試合をするとか。いくら何でもやりすぎかと思う気もするが、これは神のいたずらか、人類に対する警告か。そう思うようになることもある。そもそも天変地異や流行は、原因も何も人間の力ではどうしようもない。せいぜい後処理に奔走し、新しいワクチンの開発など、予防することが精一杯だ。古くは1918年のスペイン風邪が有名だ。当時、何千万人もの人々が亡くなった。あれとて何のまえぶれもなく、あっと言う間に世界中に広がった。1918年と言えば、第一次世界大戦が終わった年だ。神が戦争のようなばかげたことをする人間を戒めたのだろうか。今回も似ているような気がする。リーマンショックのように金次第で世界があたふたするような世界を見て、人間に戒めを与えているのではないか。そう考えると、過去の大災害は、神の戒めともいえる。3年前のニューオリンズのハリケーンは、イラク問題を引き起こしたブッシュへの戒めか。
スポンサーサイト

<< 人間、いつも真面目に誠実に生きていればいいことがあるさー信じられない逆玉の輿の実例 | ホーム | 団塊の世代の後は、正義の世代? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。