プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/13 (Sat) 17:26
真面目で部活動に熱心だった男子高校生が、女がらみで殺人!- やはり少子化が問題!

 大阪の富田林市で私立高校1年大久保光貴さん(15)が殺害された事件で、殺人などの容疑で逮捕された少年が通う府立高校の校長が13日、同校で記者会見した。校長は、少年の人柄について「性格はおとなしめで、部活動に熱心だった」と語った。 校長は少年について「大学進学を希望し、勉強もきちんとやっていた」とし、学校側は問題のある生徒と認識していなかったと説明。大久保さんについて「言葉が出ない。ご冥福をお祈りする」と謝罪した。
 校長によると、大久保さんが遺体で見つかった12日に担任教師が少年と会った際には、普段よりも口数が多いと感じられたという。校長は15日、事件について全校生徒に対して説明する予定という。
 2年の時に少年と同じクラスだったという男子生徒(18)は「バレー部でもレギュラーだったと思う」と話し、事件に驚きを隠せない様子。12日の午前中、少年を校内で見掛けたが、普段と変わらない様子だったという。

  犯人は、とんでもない不良か、はたまた普段は目立たない真面目な生徒か、両方予想したが、後者であったとは意外だった。しかし最近はこのような犯人が多い。校長のコメントも似ている。真面目な人間ほど、思い込みが激しく、自分だけの正義に突っ走ってしまうのだろうか。この生徒は、殺された生徒の彼女から悩み相談を受けているうちに、少年に殺意を抱いたのだろう。しかもバットを用意するとは計画的だ。目をつぶらせるために「心理テストをする」と言って騙したり、駅から自転車の2人乗りで河川敷まで行ったとか。被害者はまさか殺されるなんて夢にも思っていなかっただろう。
 問題なのは真面目な生徒が何故?ということだろう。少女に相談されて頭に来るまではわかる。彼女のため相手を懲らしめようという思いは、粋がった若者にはよくありがちなパターンだ。一昔前なら、呼び出して、言葉で相手を脅すくらいだろう。万一手が出たとしても、素手でタイマンをはり殺すまではいかないだろう。相手にわからせることが大切なのだ。しかし今回は「相手の存在を消そうとした」と供述しており、これも最近の若者にありがちなパタ-ンだ。いや、私だってそのような感情は起きる。が、そう感じるのと、実際に行動に移すのは全く別物だ。どうも最近の若者は、論理的思考力に欠ける。人を殺して川に放置すればどうなるか、少し考えればわかりそうなものだ。それがわからないということは、例え大学受験に合格して社会に出たとしても、使いものにならない可能性大だ。
 思うに、今後は義務教育で、犯罪行為、刑法などを教えたほうがいいと思うよ。一度逮捕され、少年院や刑務所に入ることがどれほどのことなのか、わかっていない若者が急増中だ。これも、自分の気持ちを最優先にする「ゆちり教育」の負の遺産と言わざるを得ない。自分の好きなことなんか、人生の1割にも満たない位だ。
              
スポンサーサイト

<< 子供の進路がわからない親が多すぎるー進路が決められないわけだ | ホーム | 痴漢で逮捕された男性がテレビ出演ー許せない女性の発言重視の傾向ー逆セクハラ現象 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。