プロフィール

クレメンス

Author:クレメンス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/19 (Fri) 20:11
子供の進路がわからない親が多すぎるー進路が決められないわけだ

 子供が高校生でそろそろ進路を決めなければいけない時期に来ているのに、多くの親が自分の子供が進路を決めあぐねているとよく聞く。自分の子供が何に向いているかわからないし、自分の子供が相談もしない。これって放任???子供が自分でやりたいことを見つけ出せると思っているのだろうか。そんな子供は100人中1人か2人だね。多くは親の影響が強い。だから親は自分の姿や仕事のことをもっと子供に話さなければいけない。多くの親は「親が何を言っても言うことを聞かない」と言って諦めてしまう。そこで親子の会話の断裂だ。最近、特にこのタイプの親が多い。これが発展すると、子供がタバコを吸おうが外泊しようが、もう操縦不能になってしまう。このタイプの親に限って、子供は学校で悪さをする。親を呼び出しても人事のようだ。まるで自分に責任がないという感じだ。
 話を進路に戻そう。政治家は二世が多いのは何故だろうか。それは親を見ているからだ。簡単なことだ。貴ノ花の子供は貴乃花。家がそのまま相撲部屋。イチローの親は毎日バッティッグセンターに連れて行った。多くの有名人はほとんどこのタイプだ。大学教授、会社の重役も、親の影響が強い。問題なのは、父親の仕事を誇りに思えない子供だ。私の親も、普通のサラリーマンで、まるで子供に影響しないタイプだ。それでも「勉強しろ」「仕事は自分で探せ」「大学は行け」~。これでは子供は何のために勉強していいかわからず、何になっていいのかもわからない。そのような親だと、子供は理系か文系かもわからず、最後まで進路に苦しむ。困難高校に来る生徒の親の多くがこのタイプだ。私なんか勉強するように言われたが、最近の親はそれさえも言わない。それも「ゆとり教育」の悪影響だろう。子供は無理して勉強させないような風潮になってしまったので、親も子供に無理やり勉強させないようになってしまった。それどころか、学校に行きたくないと言えば学校を休ませてしまう。勉強もさせない、学校も行かなくても良い。これで親と言えるのだろうか。
 子供は、親の背中を見て育つ。ガミガミ言った内容より、さりげないしぐさや行動のほうを真似してしまうものだ。品のない親、口だけの親は最悪だ。そんな親でも、進路指導はしっかり子供に説明させなければならない。
スポンサーサイト

<< 100舛計算ピンチー詰め込みはやり方に工夫しないと… | ホーム | 真面目で部活動に熱心だった男子高校生が、女がらみで殺人!- やはり少子化が問題! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。